全然違ウ!海外版カバーアート『ダウンタウン熱血物語』 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

全然違ウ!海外版カバーアート『ダウンタウン熱血物語』

家庭用ゲーム Xbox360

ファミコンなどのレトロゲームを中心に、国内版と海外版でパッケージ画像がぜんぜん違うものをご紹介するこの不定期連載も今回で四回目。前回のドギモを抜くロックマンに続いて本日ご紹介するのは、元祖(たぶん…)ヤンキーゲームキャラ、くにお君の[b]ダウンタウン熱血物語[/b]。

まずはなつかしい国内版カバーアートを見てみましょう。




そしてそして、問題の海外版はこちら…



ふぁ、ファイナルファイト!?見事にリアル系に変貌したくにお君とりき。学ランは一体どこへ…。その名もRiver City Ransom。じつは二人の名前も、アレックス(Alex)とライアン(Ryan)に改名されちゃっています。

日本では1989年にファミコンで発売された本作が大変な人気を呼び、これ以外にもドッジボールやアイスホッケー、運動会から時代劇まで、様々なスピンオフ作品が発売されて親しまれましたが、アメリカではこの一発目がもうひとつ振るわず続編が発売されることはなかったそうです。

一方で同じテクノスから発売されたダブルドラゴンはむしろ日本よりも海外での人気が高く、まもなくXbox Liveアーケードでも配信されるため古くからのファンに期待されているようです。[size=x-small](イメージ: [url=http://en.wikipedia.org/wiki/Image:River_City_Ransom-front.jpg]Wikipedia[/url])[/size]

【関連記事】
見事に再現されたゲームキャラクターのクロスステッチ
クールでハイクオリティな8bitゲームアート集
もしもゲーム機がアヒルだったら・・・。おかしすぎるファンアート

『全然違ウ!海外版カバーアート』一覧
《Rio Tani》

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 『ドラクエXI』堀井雄二×鳥山明×すぎやまこういちの“史上初座談会”が実現─制作の裏話を赤裸々に語る

    『ドラクエXI』堀井雄二×鳥山明×すぎやまこういちの“史上初座談会”が実現─制作の裏話を赤裸々に語る

  2. 『ゼルダの伝説 BotW』追加DLCの装備「ミドナの冠」を紹介! ミドナの意外な原点も判明

    『ゼルダの伝説 BotW』追加DLCの装備「ミドナの冠」を紹介! ミドナの意外な原点も判明

  3. 【特集】『PUBG』の起源と、目指す先―BlueholeのChanghan Kim氏インタビュー

    【特集】『PUBG』の起源と、目指す先―BlueholeのChanghan Kim氏インタビュー

  4. ゲオ、「PS VR」ゲームソフト&周辺機器の購入ランキングを公開 ─ 人気No.1は『Farpoint』

  5. 『ドラゴンボール ファイターズ』に「トランクス」が参戦決定!

  6. PS4『コール オブ デューティ モダン・ウォーフェアリマスタード』国内発売日決定!【UPDATE】

  7. PS4『Days Gone』はプレイヤーの行動によって展開が変化―数々の詳細が明らかに

  8. 90年代の青春が蘇る…「スーファミ風ニンテンドースイッチ」を海外ゲーマーが制作

  9. 『モンスターハンター:ワールド』オンラインプレイに必要な課金は? 水中狩猟はあるの? 公開生放送のQ&Aを紹介

  10. 『Detroit Become Human』E3吹替トレイラー!彼が救うのはモノではなく命

アクセスランキングをもっと見る

page top