全然違ウ!海外版カバーアート『ダウンタウン熱血物語』 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

全然違ウ!海外版カバーアート『ダウンタウン熱血物語』

家庭用ゲーム Xbox360

ファミコンなどのレトロゲームを中心に、国内版と海外版でパッケージ画像がぜんぜん違うものをご紹介するこの不定期連載も今回で四回目。前回のドギモを抜くロックマンに続いて本日ご紹介するのは、元祖(たぶん…)ヤンキーゲームキャラ、くにお君の[b]ダウンタウン熱血物語[/b]。

まずはなつかしい国内版カバーアートを見てみましょう。




そしてそして、問題の海外版はこちら…



ふぁ、ファイナルファイト!?見事にリアル系に変貌したくにお君とりき。学ランは一体どこへ…。その名もRiver City Ransom。じつは二人の名前も、アレックス(Alex)とライアン(Ryan)に改名されちゃっています。

日本では1989年にファミコンで発売された本作が大変な人気を呼び、これ以外にもドッジボールやアイスホッケー、運動会から時代劇まで、様々なスピンオフ作品が発売されて親しまれましたが、アメリカではこの一発目がもうひとつ振るわず続編が発売されることはなかったそうです。

一方で同じテクノスから発売されたダブルドラゴンはむしろ日本よりも海外での人気が高く、まもなくXbox Liveアーケードでも配信されるため古くからのファンに期待されているようです。[size=x-small](イメージ: [url=http://en.wikipedia.org/wiki/Image:River_City_Ransom-front.jpg]Wikipedia[/url])[/size]

【関連記事】
見事に再現されたゲームキャラクターのクロスステッチ
クールでハイクオリティな8bitゲームアート集
もしもゲーム機がアヒルだったら・・・。おかしすぎるファンアート

『全然違ウ!海外版カバーアート』一覧
《Rio Tani》

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 『Halo』シリーズのXbox 360向け4作品がXbox One下位互換機能に一挙対応!

    『Halo』シリーズのXbox 360向け4作品がXbox One下位互換機能に一挙対応!

  2. 【TGS2017】VRとマイクを使った新感覚ホラー『Stifled』…“声”が鍵となるシステムとは【UPDATE】

    【TGS2017】VRとマイクを使った新感覚ホラー『Stifled』…“声”が鍵となるシステムとは【UPDATE】

  3. 【TGS2017】『スチームワールド ディグ 2』日本語版発表!『SteamWorld Heist』も日本語化進行中

    【TGS2017】『スチームワールド ディグ 2』日本語版発表!『SteamWorld Heist』も日本語化進行中

  4. 『モンスターハンター:ワールド』加工屋/オトモアイルー含むハンター必見の最新情報!

  5. 期待作『レッド・デッド・リデンプション 2』の新情報が近日公開か!―Rockstarが気になる予告

  6. ニンテンドースイッチ本体にファミコン版『ゴルフ』が隠されていることが判明!―故・岩田聡氏の命日にのみ起動可能

  7. 本格レースシム『Project CARS 2』がPS4/Steamで国内向けに発売

  8. 『Call of Duty: WWII』発売日や武器の詳細は?現時点の情報まとめ

  9. 【9/19更新】『モンスターハンター:ワールド』新要素や発売日は?現時点の情報まとめ

  10. 【TGS2017】『アサシンクリード オリジンズ』日本初公開の「Xbox One X」にてハンズオン―本当に美しい、驚きの4K風景!

アクセスランキングをもっと見る

page top