PSPにゲイブ再び…!『Syphon Filter: Logan's Shadow』トレイラー | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

PSPにゲイブ再び…!『Syphon Filter: Logan's Shadow』トレイラー

携帯ゲーム PSP



God of WarやSOCOMに続き、SCEアメリカの人気フランチャイズから今回PSP最後の目玉は、[b]Syphon Filter: Logan’s Shadow[/b]。PS1時代から続き、海外ではあのスネークやサム・フィッシャーと並ぶ潜入オヤジのゲイブ・ローガン。PSPタイトルの中でもとても評判の良かった人気作に、いよいよ続編が登場です。





[b]概要[/b]:
この秋、ゲイブ・ローガンは、PSPだけのSyphon Filter: Logan's Shadowへ劇的な帰還を遂げます。ソニーのBend Studiosで開発されたこのオリジナルタイトルは、賞賛を浴びたSyphon Filter: Dark Mirrorの続編となり、全く新しい戦闘システムや武器、そして一体誰を信用すべきかというストーリーラインへあなたを引き込みます。

[b]特徴[/b]:
・Havok物理エンジンにより実現する、キャラクターと環境の生々しいリアクション

・グレネードランチャー、接着性地雷、スモークグレネード、フラッシュバンなどの新しい武器や改良されたアイテム

・ブラインドファイアやヒューマンシールド(※動画参照)といったプレイを可能にする、新しいキャラクターアクション

・新エンジンで、難破船の捜索などの完全な水中シーンが登場。ボルトピストルやスピアーガンといった、水中兵器も登場

・バディシステムの改善

・Syphon Filterシリーズには全く新しい、ミニゲーム要素

・Batmanなどの人気コミックを手がけた作家により新たに書き起こされたストーリーと、完全新曲サウンドトラック

今回の特徴ともなっている新たな物語は、どうやらシリーズの相棒リアンが中心となって始まり、彼女が外国の二重スパイであると疑いをかけられてしまうようです。新しいミニゲーム要素と書かれているのがちょっと謎ですが、"インタラクティブモーメント"なるシステムが加わっていて、恐らくシェンムーのQTEとか最近のGod of War的なイベントアクションがあるのかも。

開発はSCEアメリカと、初代から引き続きBend Studios名義。今年秋の発売予定となっています。
[size=x-small](ソース: [url=http://kotaku.com/gaming/psp/syphon-filter-logans-shadow-261619.php]Kotaku[/url], スクリーンショット:[url=http://psp.ign.com/articles/789/789249p1.html]IGN[/url])[/size]

【関連記事】
PSPの新作SOCOMは小隊ストラテジー!『SOCOM: Tactical Strike』トレイラー
『God of War: Chains of Olympus』ゲームプレイ動画&スクリーンショット
今度こそ…さー、新展開!?PSPのオンラインストアは秋開始、ハードも新しく?

(C) Sony Computer Entertainment America. All rights reserved.
《Miu》

携帯ゲーム アクセスランキング

  1. PS Vitaへの影響は?任天堂の3DS値下げをアナリストが分析

    PS Vitaへの影響は?任天堂の3DS値下げをアナリストが分析

  2. 『ルイージマンション』が3DSでリメイク!下画面にマップ表示など、新たな機能も

    『ルイージマンション』が3DSでリメイク!下画面にマップ表示など、新たな機能も

  3. ニンテンドーDSiを透明ケースに変えてしまうクリスタルシェルMod

    ニンテンドーDSiを透明ケースに変えてしまうクリスタルシェルMod

  4. 彩京の名作シューティング『ガンバード2』がリミックス版でPSPに登場!

  5. 全然違ウ!海外版カバーアート『不思議のダンジョン 風来のシレンDS』

  6. 本日の一枚 『オリンピックの閉会式で発見!PSP本体』

  7. 海外レビューハイスコア『ゼノブレイド』(New 3DS版)

  8. PSPで発売された『ヴァルキリープロファイル -レナス-』12周年に謎のティーザー降臨、新展開か

  9. シリーズ集大成『世界樹の迷宮X』発表! 3DS向けのファイナル作品─システムや職業がクロスする完全新作

  10. 【追憶ゲーマー】『ラブプラス』(2009年)―エンドレスな甘酸っぱさを、何度でも

アクセスランキングをもっと見る

page top