不正改造本体をXboxLiveからBAN開始、海外タグ規制も始まる | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

不正改造本体をXboxLiveからBAN開始、海外タグ規制も始まる

一部サイトや裏系雑誌などで「参考までに」掲載されている、Xbox360の不正改造。ゲームイメージを抜き出したり、裏ツールでXbox360を幅広く遊んでしまおう、というのが主旨だそうですが、いよいよマイクロソフトが排除に乗り出しました。また、海外タグ規制も開始さ

家庭用ゲーム Xbox360
一部サイトや裏系雑誌などで「参考までに」掲載されている、Xbox360の不正改造。ゲームイメージを抜き出したり、裏ツールでXbox360を幅広く遊んでしまおう、というのが主旨だそうですが、いよいよマイクロソフトが排除に乗り出しました。また、海外タグ規制も開始されています。


本体改造は、システムやダッシュボードの古いバージョンをバックアップしておき、裏ツールを使ってクラッキングし、自作プログラムや不正プログラムを実行させるのが主な目的のものです。不正プログラムはxtremeと呼ばれる、クラックファームウェアが流布されており、これを使うとディスクイメージを丸ごと抜き出してPCに保存したり、またHDDに格納してそこから起動したりすることが出来る、とのこと。こういった裏ツールは、初代Xbox時代にも氾濫しており、マイクロソフトは不正本体を排除したという過去があります。

今回のマイクロソフトの措置は、不正改造された本体はシリアルを確認以降、その本体をXboxLiveから永久に排除するとのこと。これは既に始まっており、[url=http://forums.xbox-scene.com/index.php?showtopic=603326&st=0]こちらのフォーラム[/url]でも「Liveから落とされた」などの報告がされています。

しかし、ゲーマータグアカウントは排除されず、あくまで本体のみがXboxLiveに繋げなくなるということです。改造がされていない本体を入手し、再度ゲーマータグを引き継いで登録すれば、XboxLiveにも復帰することが出来ます。この点は重要ですので、心当たりのあるユーザーは改心する必要があるかも知れません。

また、春のアップデート後に海外タグに対する規制も始まる、とお伝えしましたがこちらも既に開始されています。但し、海外タグは排除されず、筆者が試したところですとビデオマーケットからのコンテンツは無料・有料問わずダウンロードは出来ませんでした([b]あなたの地域では利用できない[/b]、という旨のエラーブレードが表示されます)。ゲーム関係ですが、今のところ無料のコンテンツはダウンロードが可能。有料のものも、恐らくダウンロード出来ると思います。これから規制が始まるかは、まだ未定といったところでしょうか。
[size=x-small](ソース: [url=http://www.gamespot.com/news/6171135.html?tag=latestnews;title;0]GameSpot[/url],[url=http://xbox.spaces.live.com/blog/cns!378FEC038C02D52C!3872.entry]Xbox360ブログ[/url])[/size]

【関連記事】
速報:春のアップデート配信開始!適用後の変化について
春のアップデート:喜ばしくないよ!多国籍タグへのリージョン規制強化!
新しいValve Anti-Cheatが約1万のアカウントをBAN

(C)Microsoft
《Taka》
【注目の記事】[PR]

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 武器や流派によって変わる多彩な戦闘―『Rise of the Ronin』メイキング映像第2章「The Fight」が公開

    武器や流派によって変わる多彩な戦闘―『Rise of the Ronin』メイキング映像第2章「The Fight」が公開

  2. 「ダリルバルデ」も参戦!“ガンプラ”ACT『ガンダムブレイカー4』アセンブル・ミッションのプレイ映像も確認できる「ガンブレ情報局」配信

    「ダリルバルデ」も参戦!“ガンプラ”ACT『ガンダムブレイカー4』アセンブル・ミッションのプレイ映像も確認できる「ガンブレ情報局」配信

  3. 主人公は選ばれた英雄じゃない、一般人として大冒険に挑むオープンワールド『Outward Definitive Edition』スイッチ版発売日決定!

    主人公は選ばれた英雄じゃない、一般人として大冒険に挑むオープンワールド『Outward Definitive Edition』スイッチ版発売日決定!

  4. 『FF7 リバース』配信ガイドライン公開―野村哲也氏から配信禁止区間がない理由の説明も

  5. 韓国での発売中止が噂された幕末オープンワールド『Rise of the Ronin』、「当初から発売計画はなかった」―海外メディアへSIE回答

  6. 「レッドXIII」はチョコボに乗れるの? 『FF7 リバース』体験版ユーザーが、驚きの騎乗姿に直面

  7. 日本のARPG金字塔シリーズ3作目が『EGGコンソール ハイドライド3 PC-8801mkIISR』としてスイッチにて発売

  8. ヴァニラウェア新作『ユニコーンオーバーロード』は、「気がつけば我が社最大のコンテンツ量」―仲間キャラは60人以上に

  9. 『Dead Island 2』Xbox版が海外でGame Pass入り―ロサンゼルス舞台のゾンビARPGが突然の発表

  10. 『FF7リバース』クラウドの声は櫻井孝宏さん続投か?新映像の“聞きなれたボイス”にファン安堵

アクセスランキングをもっと見る

page top