期待のDX10対応タイトル『Crysis』、DX9 vs DX10ムービー | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

期待のDX10対応タイトル『Crysis』、DX9 vs DX10ムービー

PC Windows



DX10対応の美麗なグラフィックで注目される[b]Crysis[/b]。そのDX9とDX10環境での比較ムービーが公開されました。DX9でも最高峰のグラフィックを実現している本作ですが、DX10対応でどのあたりが変わるのでしょうか?森での戦闘シーンとハンター登場シーンが収められています。



[size=x-small]ジャングル[/size]


[size=x-small]ハンター[/size]


DX9とDX10の差はライティングやパーティクルエフェクトとされていますが、ジャングルの動画ではLight Beamが追加され、ハンターの動画では炎と煙がハンターの雄叫び?で流れています。DX10では炎でオブジェクトに多くの影が出来ていることがハッキリと分かります、パーティクルによる煙はどちらも凄いですね。

ただ、これらの動画は1年以上前にCrysisを初公開したときの古いもの(*)なので今現在どのようになっているかを判断するには参考にならなかったりします。DX9環境で動かしていた去年5月のE3でのプレイデモでも煙は流れていましたし、今後最新のバージョンで比較するスクリーンショットや動画が出なければ発売直前までDX9とDX10の差は曖昧になるかもしれません。それでも雰囲気はつかめると思うので、こんな感じなるっぽい!?と期待しておきましょう。

(*)動画の映像は去年3月、5月に催されたGDC2006とE3 2006で公開されたものと同一のもので、それとは音だけが変わっていますが、音も同一のものが後のイベントで使われています。主人公や銃を含めモデルも現在のものとは異なります。メーカーには市販されるずいぶん前からDX10対応VGAが送られていたようですが、当時の映像がXP上でエミュレート?したものなのかネイティブDX10のものだったのかは不明です。

【関連記事】
『Crysis』GDF 2007最新プレイムービー
マルチプレイはどーなってるの!?『Crysis』ディレクター詳細インタビュー
西部劇FPS『Call of Juarez』、DX10版スクリーンショット&ムービー!

Crysisの関連記事をGame*Sparkで検索!

(C) Crytek. All rights reserved.
《Micchan》

PC アクセスランキング

  1. 銃器ありの忍者アリーナバトル『Ninja Shodown』が登場!―究極の忍者として君臨せよ

    銃器ありの忍者アリーナバトル『Ninja Shodown』が登場!―究極の忍者として君臨せよ

  2. 『LEFT ALIVE』最新ショット!巨大なヴァンツァーに生身で立ち向かう

    『LEFT ALIVE』最新ショット!巨大なヴァンツァーに生身で立ち向かう

  3. 『Call of Duty: WWII』PC版オープンベータテストのプリロードが開始!

    『Call of Duty: WWII』PC版オープンベータテストのプリロードが開始!

  4. プロレスゲーム最新作『WWE 2K18』のPC版が海外発表!―コンソール版と同時発売

  5. 『PUBG』同時接続プレイヤー数が150万人を突破!歴代記録も更新中

  6. 『Fortnite』に100人バトルロイヤルPvPが追加へ!開発元は『PUBG』にも言及

  7. 「Discord」ビデオ通話&画面共有の試験運用がスタート、正式ローンチは9月以降か

  8. 『オーバーウォッチ』シンメトラ声優 VS マイティ・ソーによる腕相撲対決!

  9. 『DOAX』シリーズ新作プロジェクト開始が発表!PC向けにDMM GAMESより提供

  10. PC版『Rainbow Six Siege』期間限定で低価格版を販売―違いはアンロック方法のみ

アクセスランキングをもっと見る

page top