新しい舞台も!『Myst』アドベンチャーゲームの金字塔がDSに登場 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

新しい舞台も!『Myst』アドベンチャーゲームの金字塔がDSに登場

クリックのみで展開する特異な次世代アドベンチャーとして、90年代に一大センセーションを巻き起こしたMiller兄弟の代表作 Myst 。今も多くの機種に移植されている名作が今年、DSのタッチスクリーンに復活するみたい。クラシックなアドベンチャーにも相性の良い最

携帯ゲーム DS


クリックのみで展開する特異な次世代アドベンチャーとして、90年代に一大センセーションを巻き起こしたMiller兄弟の代表作Myst。今も多くの機種に移植されているアドベンチャーゲームの名作が今年、DSのタッチスクリーンに復活するみたい。クラシックなアドベンチャーにも相性の良い最近のDSを舞台に、またゲームでしか味わえないあの幻想的な体験が蘇るかも…



特徴:
・全てのソースプログラムは、Nintendo DSでの動作とゲームプレイの為に書き直されました。

・全く新しい謎が待つ"時代"。ライムエイジがDSに登場。

・新しい音楽、効果音、アニメーションが随所に追加。まるごと新しく作られた、ライムエイジのグラフィックセット。

・新たにリマスターされた、ビデオとオーディオ。

・別進行可能な複数セーブ対応。


後に1,200万本以上を売り上げることになるヒットシリーズで、オリジナルのMystが発売されたのは1993年のこと。当時CD-ROMのキラーアプリとして、キャディ(カートリッジ)式ドライブを搭載していたMacintoshや、マルチメディアの響きも懐かしい高価な別売りドライブが必要になるWindows 3.0の時代でした。

昨年日本で発売されたPSP版に続き、今や切手大のチップに収まりタッチペン操作で遊べる、手のひらサイズの新しいMyst。当時を知るアドベンチャーゲームファンにはちょっと、感慨深いかも。今回の公式発表では、ヨーロッパで今年11月の発売予定となっています。

その後のPCやコンソールではめっきり減ってしまったアドベンチャーゲームでしたが、今のDSでMystというのはちょっと面白そうな取り合わせ。これからまた、新たなファンも獲得できそうです。
[size=x-small](ソース: [url=http://kotaku.com/gaming/the-calendar-says-2007%2C-but%27%27%27/myst-coming-to-the-ds-266776.php]"Kotaku: Myst Coming to the DS"[/url])[/size] [size=x-small](スクリーンショット: [url=http://www.shacknews.com/onearticle.x/47312]ShackNews[/url])[/size]

【関連記事】
『MYST Online URU -Live-』の公式ホームページが公開
『Dreamfall: The Longest Journey』デモ版リリース。サイズは3.5GB!
“創世紀1701”をDSで。『Anno 1701: Dawn of Discovery』トレイラー
フリーのアクションパズルゲーム『N+』がNDS、PSP、XBLアーケードで登場
《Miu》

携帯ゲーム アクセスランキング

  1. 全く新しいバイオハザード?『Resident Evil PSP』はPSP向けに作られた完全新作

    全く新しいバイオハザード?『Resident Evil PSP』はPSP向けに作られた完全新作

  2. 『毛糸のカービィ プラス』発売決定―あの名作が新要素を加えて3DSに登場!

    『毛糸のカービィ プラス』発売決定―あの名作が新要素を加えて3DSに登場!

  3. 海外レビューハイスコア 『Etrian Odyssey』(世界樹の迷宮)

    海外レビューハイスコア 『Etrian Odyssey』(世界樹の迷宮)

  4. 【特集】『シャンティ』クリエイター対談 ─ ディレクターと日本人イラストレーターの出会い

  5. タッチペンで命が宿る…お絵かきアクション『Drawn to Life』ゲームプレイ動画

  6. スクエニが4年掛かりの海外ファンプロジェクトを差し止め → 一部から批判の声

  7. 【追憶ゲーマー】『ラブプラス』(2009年)―エンドレスな甘酸っぱさを、何度でも

  8. 5年の歳月を費やした超大作…?自作ゲームの発売を求め、任天堂に決死の自宅ストライキ

アクセスランキングをもっと見る

page top