魂斗羅DS!『Contra 4』伝説のアクションシューティングがDSを舞台に新作登場 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

魂斗羅DS!『Contra 4』伝説のアクションシューティングがDSを舞台に新作登場

携帯ゲーム DS

[size=x-small]Contra 3こと、魂斗羅スピリッツ海外版パッケージ[/size]


もはや笑うしかない破天荒な演出に爽快な武器と、見た目に反してあっさり死んでしまうマッチョな主人公、それが俺達コントラ!2Dスクローラー全盛期のゲーマーには懐かしい、コナミのハードコアアクションがDSで復活するみたい。新しい2画面ぶち抜きに生まれ変わり、またバリバリの2Dアクションを見せてくれるかも!

このシリーズは、アーケード移植から始まりSFCとMD版が海外を中心にコアな人気を博した後も、[url=http://www.konami.jp/gs/game/neocontra/history_03.html]海外では[/url]PS1時代に2回、その後PS2で国内開発のさらに2回ほど復活してたりするのですが、意外にも今度こそは一応本編?まだ仮題扱いなものの、ストーリー的にも直接の続編として(海外)SNES版以来のナンバリングタイトルとなっています。



大迫力のアクションシリーズは、ユニークな2画面グラフィックと新しいゲームプレイ要素、そして協力プレイの大乱闘で20回目の記念日を祝います。

シリーズが20年前に確立した2D横スクロールを洗練させ、Cotra 4はプレイヤーがハイテンションに撃って、跳んで、避けるピュアなアクションゲームをお届けします。

新たな2画面表示によって、そのアクションはNintendo DSの上下画面に渡り、360度から襲い来る広大なフィールドで戦闘する体験をプレイヤーにもたらします。ゲームの核となる、この2画面を利用したアクションはまた、空高く襲い来る敵の弱点を探して撃ちまくる、巨大なボス戦をも可能にするのです。


[size=x-small]15年前に発売され海外でも大人気になった、そのSNES/SFC版。これ、当時は大迫力に見えたもの…[/size]


まだプレスリリースが出たばかりで、画像などは今後のお楽しみみたいなのですが、今作のポイントは、2Dのまま進化したDSならではの2画面ぶちぬきアクション(ソニックみたいの?)に加えて、なんとグラップリングフックによるワイヤーアクションが本格登場。そういえば、ありそうでなかった感じかも。

最後にちょっと気になる開発元は、Konami本家ではなく[url=http://en.wikipedia.org/wiki/WayForward_Technologies]WayForward Technologies[/url]というカルフォルニアのデベロッパー。カジュアルゲームを中心に、DSソフトも何本か手がけているみたい。今のところキャラクターライセンスものや教育ソフトが大半で、あまりこれといった作品はなかったりもしますが、ハードコアファンからDSの新規ユーザーまで取り込める最新作の誕生となりますかどうか。今回のプレスリリースでは、今年2007年の発売予定となっています。
[size=x-small](ソース: [url=http://www.joystiq.com/2007/06/20/contra-4-announced-for-nintendo-ds-available-2007/]Joystiq: "Contra 4 announced for Nintendo DS, available 2007"[/url])[/size]

【関連記事】
木曜日早朝『コントラ』がXbox Live Arcadeにて配信開始
本当にDS!?『Brothers In Arms: War Stories』トレイラー&スクリーンショット
2Dソニック健在!?Wi-Fi対応『Sonic Rush Adventure』が正式発表に
『Castlevania: The Dracula X Chronicles』最新プレイムービー

80年代のコナミキャラクター、元ネタ映画との比較写真集!
80年代シューティングが、アクションゲームに乱入!禁断のクロスオーバー動画
前川トレジャー社長インタビュー!噂のシューティングゲームの詳細が?
2Dゲームの変わらない魅力…『Prince of Persia』Jordan Mechnerのデザイン論
《Miu》

携帯ゲーム アクセスランキング

  1. 3DS『メイド イン ワリオ ゴージャス』8月2日発売! お馴染みのキャラも登場

    3DS『メイド イン ワリオ ゴージャス』8月2日発売! お馴染みのキャラも登場

  2. 全然違ウ!海外版カバーアート『不思議のダンジョン 風来のシレンDS』

    全然違ウ!海外版カバーアート『不思議のダンジョン 風来のシレンDS』

  3. 5年の歳月を費やした超大作…?自作ゲームの発売を求め、任天堂に決死の自宅ストライキ

    5年の歳月を費やした超大作…?自作ゲームの発売を求め、任天堂に決死の自宅ストライキ

  4. 難航していたPS Vita版『The Banner Saga』開発にSCEAが協力―2016年に続報を

  5. 「ゲームに登場するスゴい忠犬」独自発表 − 海外ゲーマー VS Game*Spark

  6. コンパイル創業者の新作パズル『にょきにょき』は『ぷよぷよ』の問題点の解決策から生まれた

  7. PS Vitaでも「あと1ターン」が止められない恐怖!『シヴィライゼーション レボリューション2+』プレイレポ

  8. 海外レビューハイスコア 『PATAPON』(パタポン)

アクセスランキングをもっと見る

page top