『Contra 4』NDS版のプレビューとゲームプレイムービー | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Contra 4』NDS版のプレビューとゲームプレイムービー

携帯ゲーム DS

Cityステージ


コナミのアクションシューティングというと様々なタイトルが挙げられますが、中でも硬派で、かつエイリアン軍団との闘いを描いた作品となるとContra(魂斗羅)が代表格になると思われます。今回、NDS版の[b]Contra 4[/b]のプレビュー記事が掲載されていましたので、ムービーと一緒にご紹介します。


ポスターの写真。うーん、カッコイイ…。


1992年に業務用としてリリースされたContraは、難易度もかなり高めであり、それだけにハードコアな内容に刺激され、ファンをどんどん獲得していきました。Contra 4は、見た目は初代のContraを基本として作られていますが、あらゆるアクションの要素を含み、Contra III(魂斗羅スピリッツ)の2年後を舞台としているそうです。

Oceanステージ。NDSにピッタリなステージかも。


ただし、NDS(Lite含む)は縦に2画面です。要するに「横方向の情報が少し不足気味」と言えます。タダでも難しいアクションシューティングだけに、ハードウェアの特性を活かした作品になっているのか多少の不安は残りますが、ムービーを見ていただくとさほどプレイの違和感はない…かも知れません。

Jungleステージ


グラフィックはSNES版(スーパーファミコン版)を踏襲しているそうで、なめらかな二重スクロールをサポート。Contra IIIの移動方法としてあった、フックも使用出来るとのこと。これを使っての移動中の攻撃も可能です。ワイヤレス通信を利用して、2人同時の協力プレイも出来るようです(4人までサポートする、というのは噂レベルでコナミからの発表は現時点で無いとのこと)。

敵を撃ちまくって、屍の山を築け?!


ステージ構成は大きく分けて、Jungle、Ocean、City、Laboratory、Tunnelsの5つ。それぞれで不気味なエイリアンが多彩な攻撃を仕掛けてきます。撃って撃って撃ちまくる爽快感が味わえるContra 4。NDSでのリリースは大変興味深いですね。発売は2007年の予定となっています。
[size=x-small](ソース: [url=http://www.1up.com/do/previewPage?cId=3160665]1UP[/url],[url=http://www.destructoid.com/contra-4-blowout-first-gameplay-videos-overly-excited-associate-editor--34009.phtml]DESTRUCTID[/url])[/size]

【関連記事】
魂斗羅DS!『Contra 4』伝説のアクションシューティングがDSを舞台に新作登場
80年代のコナミキャラクター、元ネタ映画との比較写真集!

(C)Konami All Rights Reserved.




《Taka》

携帯ゲーム アクセスランキング

  1. PC98風味のちょっと大人なADV『VA-11 HALL-A』国内発売!PC版も日本語実装

    PC98風味のちょっと大人なADV『VA-11 HALL-A』国内発売!PC版も日本語実装

  2. 『進撃の巨人 ~人類最後の翼~』巨人を駆逐するためのアクションや成長要素、様々な装備を開発できる施設などのゲーム情報が一挙解禁

    『進撃の巨人 ~人類最後の翼~』巨人を駆逐するためのアクションや成長要素、様々な装備を開発できる施設などのゲーム情報が一挙解禁

  3. 『メトロイドプライム フェデレーションフォース』賛否両論に田邊Pがメッセージ

    『メトロイドプライム フェデレーションフォース』賛否両論に田邊Pがメッセージ

  4. 3DSのハードコア2D採掘アクション『SteamWorld Dig』、ついに日本版のリリースが決定

  5. 国産テイストなPC向け近未来バーテンダーシミュ『VA-11 HALL-A』PS Vitaにも対応へ

  6. 日本語版も決定!『SteamWorld Heist』3DS版が海外12月配信へ

  7. PS Vitaでも「あと1ターン」が止められない恐怖!『シヴィライゼーション レボリューション2+』プレイレポ

アクセスランキングをもっと見る

page top