ダンクショットならぬブルショット?EAの『NBA Live 08』画像に修正疑惑 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

ダンクショットならぬブルショット?EAの『NBA Live 08』画像に修正疑惑

家庭用ゲーム PlayStation 2

[size=x-small]ウォッカとビーフブイヨンのカクテルをBULL SHOTと言うそうです[/size]


みなさんは、"[b]Bullshot[/b]"という言葉を知っていますか?テレビゲームの宣伝の際、見栄えを良くする為に修正を施されたスクリーンショットのことをブルショット、というそう。今回槍玉に上がったのは、Electronic ArtsのNBA Live 08。EAといえば、ありとあらゆるスポーツの公式ライセンスを取得、バスケットボールだけでなく、サッカーや、アメフト、アイスホッケーにクリケットまで、たくさんのスポーツを手がけており、最近発売された[url=http://www.gdex.co.jp/?mode=search&pattern=list&kword=madden+nfl+08&kcatid=&x=0&y=0]Madden NFL 08[/url]でも、その質の高さを見せています。


ブルショットは、ゲームをよりよく見せるために、Photoshopなどを用いて画面(=スクリーンショット)からシャギーを無くし、より質感(ツヤや光沢)を高めます。NBA Live 08の最近のスクリーンショットでは、ツメの甘さからか、修正したものが指摘されています。それが以下の画像。

[url=http://image.com.com/gamespot/images/2007/224/939306_20070813_screen006.jpg][/url]左端にいる赤いユニフォームの選手が半分消えている


[url=http://image.com.com/gamespot/images/2007/221/939306_20070810_screen001.jpg][/url]ボールが超リアル。質感がすごい


もちろんEAが「これはブルショットです」と言うはずもなく、確定はできませんが、photoshopのエアーブラシを使って失敗したかのような、半分消えている選手を見ると疑いたくもなります。その選手のホラーめいたおそろしさもさることながら、スクリーンショットを100%信用できないこともちょっとコワい話だったり……。「額面どおりにスクリーンショットを受け入れないで下さい。それは単に宣伝の為の誤ったスクリーンショット、すなわちブルショットであるかもしれません」とJoystiqでは警告しています。
[size=x-small](ソース: [url=http://www.joystiq.com/2007/08/15/ea-shows-clearest-bullshot-in-a-long-time/]Joystiq: EA shows clearest 'bullshot' in a long time[/url]) (イメージ: [url=http://www.flickr.com/photo_zoom.gne?id=1043233101&size=o]Flickr[/url])[/size]

【関連記事】
この秋はバスケが熱い!『NBA』タイトルスクリーンショット
『ウイニングイレブン』最新作にスタジアムエディット…なフェイク画像?
本物は一体どうなる?『GTA4』のフェイクスクリーンショット集
なんとXbox360版『モーターストーム』のトレイラーが配信!でも・・

(C)Electronic Arts All rights Reserved




《Kako》

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 【特集】『PUBG』の起源と、目指す先―BlueholeのChanghan Kim氏インタビュー

    【特集】『PUBG』の起源と、目指す先―BlueholeのChanghan Kim氏インタビュー

  2. PS4『Days Gone』はプレイヤーの行動によって展開が変化―数々の詳細が明らかに

    PS4『Days Gone』はプレイヤーの行動によって展開が変化―数々の詳細が明らかに

  3. 『ドラゴンボール ファイターズ』に「トランクス」が参戦決定!

    『ドラゴンボール ファイターズ』に「トランクス」が参戦決定!

  4. PS4『コール オブ デューティ モダン・ウォーフェアリマスタード』国内発売日決定!【UPDATE】

  5. 『ゼルダの伝説 BotW』追加DLCの装備「ミドナの冠」を紹介! ミドナの意外な原点も判明

  6. 『ドラクエXI』堀井雄二×鳥山明×すぎやまこういちの“史上初座談会”が実現─制作の裏話を赤裸々に語る

  7. 90年代の青春が蘇る…「スーファミ風ニンテンドースイッチ」を海外ゲーマーが制作

  8. 【攻略特集】『オーバーウォッチ』全21ヒーロー解説まとめ!

  9. 『モンスターハンター:ワールド』オンラインプレイに必要な課金は? 水中狩猟はあるの? 公開生放送のQ&Aを紹介

  10. 『メトロイドプライム4』発売日や対応機種は?現時点での情報まとめ

アクセスランキングをもっと見る

page top