次世代機10大パブリッシャー対決!意外な結果の海外レビュー評価ランキング | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

次世代機10大パブリッシャー対決!意外な結果の海外レビュー評価ランキング

家庭用ゲーム Xbox360


[size=x-small]海外では長くパッケージに用いられた高品質の証、ニンテンドー公式ライセンスロゴ[url=http://en.wikipedia.org/wiki/Nintendo_Seal_of_Quality]Seal of Quality[/url][/size]


次世代と呼ばれたゲーム機もそれぞれ発売から1年半以上が経って、さすがにそろそろ現役世代かも。これまでに発売された多くのソフトでは、果たしてどのメーカーが世界で一番評判が良かったのか……。

多くの話題を集めた次世代ゲームたちもここらで一度、通信簿。最近では、SteamやXbox Liveアーケードの評価に使われるなんて話もある、多くの海外サイトからレビューを集めて集計した、おなじみ[url=http://www.metacritic.com/games/]Metacritc[/url]の平均スコアを利用して、アメリカのリサーチ会社[url=http://www.eedar.com/]Electronic Entertainment Design and Research[/url]が、世界を代表する10社のメガパブリッシャーを調査しています。



* * * * * * * * *



[size=x-small]グラフでは下に行くほど高得点。少々見づらいので、以下のブランド名のリンクから、Metacriticを直接検索してみました[/size]



[size=large]1位: [/size][size=large][url=http://www.metacritic.com/search/process?ty=3&ts=Nintendo&tfs=game_publisher&x=24&y=13&sb=5&game_platform=wii&release_date_s=&release_date_e=&metascore_s=&metascore_e=]Nintendo[/url][/size] 全ソフトの平均評価76点(最高97〜最低45)

海外でもWiiの高評価ベスト10の内5本を占め、今回も1位に輝いたのはやっぱり任天堂。ただ少数精鋭のためか、発売したソフト全体では意外にばらつきがあったみたい。一体下の方は何だったのか見ると、なぜか海外での販売を担当したらしい日本の初期ソフトEscape from Bug Island(ネクロネシア)が37点、Donkey Kong: Barrel Blast(ドンキーコング たるジェットレース)の46点等が痛かった模様。


[size=large]2位: [/size][size=large][url=http://www.metacritic.com/search/process?ty=3&ts=Microsoft&tfs=game_publisher&x=36&y=8&sb=5&game_platform=xbox360&release_date_s=&release_date_e=&metascore_s=&metascore_e=]Microsoft[/url][/size] 全ソフトの平均評価75点(最高94〜最低38)

続いて2位になったのはGears of WarやHaloはもちろん、Mass EffectからViva Pinataまで、海外では意外に幅広いジャンルが上位に入るMicrosoft。逆に、足を引っ張ったのは、これまた日本製タイトルの海外販売Vampire Rainの38点、Fuzion Frenzy 2やTenchu Z(天誅 千乱)などなど……。


[size=large]3位: [/size][size=large][url=http://www.metacritic.com/search/process?ty=3&ts=2k+OR+rockstar&tfs=game_publisher&x=25&y=14&sb=5&game_platform=PS3&game_platform=wii&game_platform=xbox360&release_date_s=&release_date_e=&metascore_s=&metascore_e=]Take-Two[/url][/size] 全ソフトの平均評価75点(最高96〜最低39)


そして3位に入ったのは、ただいま色々話題のTake-Two Interactive。パブリッシャーとしては2K Gamesや2K Sportsなどと、Rockstar Gamesブランドのトータルに。先月、過去世代との比較でも、あの時のオカリナなどを抜いて各サイトから[url=http://www.gamerankings.com/itemrankings/simpleratings.asp]史上最高[/url]の評価を獲得したGTA4は、新しすぎてどうやら対象外。それでも、上位には評判のBioshockやOblivionにスポーツゲームが並び、幅広いラインナップ。

[size=large]4位: [/size][size=large][url=http://www.metacritic.com/search/process?ty=3&ts=Electronic+Arts&tfs=game_publisher&x=0&y=0&sb=5&game_platform=PS3&game_platform=wii&game_platform=xbox360&release_date_s=&release_date_e=&metascore_s=&metascore_e=]Electronic Arts[/url][/size] 全ソフトの平均評価74点(最高96〜最低51)

一方ソフト数ではやっぱりぶっちぎりだったのが、4位に入ったご存知Electronic Arts。The Orange BoxやRock Bandなどが昨年は高い評価でしたが、数が多い割りに意外と飛びぬけて酷かったソフトも少ないようで、結構安定した成績。

[size=large]5位: [/size][size=large][url=http://www.metacritic.com/search/process?ty=3&ts=Sony&tfs=game_publisher&x=0&y=0&sb=5&game_platform=PS3&game_platform=wii&game_platform=xbox360&release_date_s=&release_date_e=&metascore_s=&metascore_e=]Sony[/url][/size] 全ソフトの平均評価74点(最高88〜最低53)

5位は、ファーストパーティとして欧米で存在感を示しているSony Computer Entertainment。これまでのところRatchet & Clank Future(現在は89点)やUnchartedが最高点で、逆に足を引っ張ったのはというと、こちらはLairやGenji 2。パッケージソフトに絞ると、まだ発売されたタイトル数自体が少な目のため、2008年度の結果に期待。

[size=x-small]各社ごと最高評価と最低評価の広がりと平均点。以下、少々差が開いた第二グループの6位から10位まで一気に[/size]


[size=large]6位: [/size][size=large][url=http://www.metacritic.com/search/process?ty=3&ts=THQ&tfs=game_publisher&x=0&y=0&sb=5&game_platform=PS3&game_platform=wii&game_platform=xbox360&release_date_s=&release_date_e=&metascore_s=&metascore_e=]THQ[/url][/size] 全ソフトの平均評価67点(最高81〜最低53)


[size=large]7位: [/size][size=large][url=http://www.metacritic.com/search/process?ty=3&ts=Activision&tfs=game_publisher&x=0&y=0&sb=5&game_platform=PS3&game_platform=wii&game_platform=xbox360&release_date_s=&release_date_e=&metascore_s=&metascore_e=]Activision[/url][/size] 全ソフトの平均評価67点(最高94〜最低36)

[size=large]8位: [/size][size=large][url=http://www.metacritic.com/search/process?ty=3&ts=Sega&tfs=game_publisher&x=0&y=0&sb=5&game_platform=PS3&game_platform=wii&game_platform=xbox360&release_date_s=&release_date_e=&metascore_s=&metascore_e=]Sega[/url][/size] 全ソフトの平均評価67点(最高88〜最低34)

[size=large]9位: [/size][size=large][url=http://www.metacritic.com/search/process?ty=3&ts=Ubisoft&tfs=game_publisher&x=0&y=0&sb=5&game_platform=PS3&game_platform=wii&game_platform=xbox360&release_date_s=&release_date_e=&metascore_s=&metascore_e=]Ubisoft[/url][/size] 全ソフトの平均評価65点(最高90〜最低38)

[size=large]10位: [/size][size=large][url=http://www.metacritic.com/search/process?ty=3&ts=Midway&tfs=game_publisher&x=0&y=0&sb=5&game_platform=PS3&game_platform=wii&game_platform=xbox360&release_date_s=&release_date_e=&metascore_s=&metascore_e=]Midway[/url][/size] 全ソフトの平均評価63点(最高86〜最低37)

* * * * * * * * *


今回は各パブリッシャーから発売された、据置の次世代コンソール向けタイトルを対象に、通常のパッケージソフトの価格であるWiiの$49.99からとすることで、初めから極端に安く設定されている一部のバジェットタイトルや、主にダウンロード専用のゲームは基本的に除外されているようです。

こうしてグラフにしてみると、パブリッシャーによって当たり外れのばらつきにはある程度傾向がありますが、発売されたソフト全体を対象に平均的な出来を計ると、思ったほど実際は大きな差が出ず、今回のデータを調べた調査会社の役員も、意外な結果だったと分析されているようです。
[size=x-small](ソース: [url="http://kotaku.com/393104/the-big-publishers-metacritic-averages"]Kotaku: "The Big Publisher's Metacritic Averages"[/url], [url="http://www.gamasutra.com/php-bin/news_index.php?story=18737"]Gamasutra[/url])[/size] [size=x-small](グラフ: [url="http://www.eedar.com/"]EEDAR[/url])[/size]


 
【関連記事】
任天堂が世界のゲームデベロッパーTOP50で1位に!
我こそ欧州筆頭!?ゲームデベロッパー版ヨーロッパチャンピオンシップ・ベスト50
今はゲームの黄金時代…高評価続出の発売ラッシュに、英国BBCが今年を振り返る

落第ゲームにはレッドカード?Xbox Liveアーケードの今後はDRMポリシーも変更に
大手メーカーがずらり『2008 E3 Media and Business Summit』出展社リストが発表
1位に輝いたのはやっぱりあのゲーム!海外誌EDGEのオールタイムベストゲーム100


「レビューの評価どれくらい参考にしていますか?」投票結果発表
空前の大ヒット続出の昨年度、海外セールスチャートベスト100はこんな顔ぶれ
開発費もギネス級!『Grand Theft Auto IV』英Times紙がRockstarに潜入インタビュー

海外レビューハイスコア 『Wii Fit』
海外レビューハイスコア 『Grand Theft Auto IV』
海外レビューハイスコア 『Super Mario Galaxy』(スーパーマリオギャラクシー)

■連載: 海外レビューハイスコア

- トップに戻る -




 






《Miu》

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. PS4/PC『フィンチ家の奇妙な屋敷でおきたこと』配信開始!―不可解な死を遂げた一族の追憶を体験

    PS4/PC『フィンチ家の奇妙な屋敷でおきたこと』配信開始!―不可解な死を遂げた一族の追憶を体験

  2. PS4『仁王』のダウンロードセールが開始!―「東北の龍」を紹介する特別番組も放送決定

    PS4『仁王』のダウンロードセールが開始!―「東北の龍」を紹介する特別番組も放送決定

  3. 『Gears of War 4』約10分間のゲームプレイ映像!―回転ノコギリを射出する武器がイカス…

    『Gears of War 4』約10分間のゲームプレイ映像!―回転ノコギリを射出する武器がイカス…

  4. 1人称SFアクション『PREY』インプレ―創意工夫で生き残る感覚は、まるで“サンドボックス”

  5. クラシックスタイルを披露する『ソニックフォース』海外最新プレイ映像!

  6. 【プレイレポ】『みんなでワイワイ!スペランカー』伝説のゲームがニンテンドースイッチに登場!仲間との協力が最高に盛り上がる

  7. 4vs1マルチホラー『Dead by Daylight』の海外PS4/XB1版発売日決定!

  8. 包囲された街を爆走!ソニック新作『Sonic Forces』初プレイ映像

  9. ネタバレ注意!『デッドライジング 4』の新DLC情報が公開―フランクさんが…

  10. 戦慄ホラー『Outlast 2』ローンチトレイラー―新たな恐怖に備えよ!

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top