ドイツ乱射事件の犯人、犯行前日に『Far Cry 2』をプレイ。ゲームとの関連性が議論に | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

ドイツ乱射事件の犯人、犯行前日に『Far Cry 2』をプレイ。ゲームとの関連性が議論に

学校の生徒や教師などを巻き添えに15人もの死者を出した、ドイツの銃乱射事件。Times Onlineでは、犯人が暴力表現のあるゲームをプレイしていた事実を受けて、ゲームと犯行動機の関連性が議論されています。

ニュース 最新ニュース


学校の生徒や教師などを巻き添えに15人もの死者を出した、ドイツの銃乱射事件。17歳の少年が犯行に及んだのは、近所の女の子にふられてしまったのが動機の一つと言われているようですが、Times Onlineでは、犯人が暴力表現のあるゲームをプレイしていた事実を受けて、ビデオゲームと犯行動機の関連性が議論されています。

新たに警察が発表した情報によると、当初からCounter-Strikeが得意だったなどと言われていた犯人の少年は、事件前日の夜、フランスの開発会社Ubisoftが発売したFPSゲームのFar Cry 2を、約二時間程度プレイしていたとのこと。車を奪ってあちこち移動しながら銃で敵を倒していくFar Cry 2のゲーム内容は、犯人が現実に行った乱射事件と複数の類似点があるとTimes Onlineは指摘しています。



これについて、ウェスト・ポイント心理学教授のDave Grossman氏は、「次から次へとターゲットを変え淡々と人々に狙いを定めて発砲していることから、彼らが(ゲームの)影響を受けているのがわかるでしょう。」とビデオゲームと乱射事件の関連性に賛同。

一方、欧州評議会の社会学者であるWalter Hollstein氏は、「ゲームが若者を殺人鬼に変えるなどと思い込むのはナンセンス」と、この意見に強く反対。無力感、怒り、自己コントロールの喪失といった複数の要素が組み合わさるのが原因であり、ゲーム自体が誰かを殺人鬼にするようなことは決してないと分析しています。

また、ソースの記事のコメント欄でも、ゲームとの関連性を否定する以下のようなコメントが複数投稿されています。
“だったらスーパーマリオみたいなゲームしか作らなければいい。そうなったら、今度は赤いコートを着たバカどもが現れて、お金が全部が転がり落ちるまで壁に頭をガンガンぶつけ出すだろう。真面目な話、ビデオゲームは問題じゃない。まず銃をその辺に置いておくのをやめるところから始めろ。”

(ソース&イメージ: Times Online: Mass killer ‘rejected’ by girl at party via Maxconsole)

【関連記事】
本日の一本 『フランスの街中を爆走する、リアルマリオカートおじさん』
アパートで銃撃音→SWATが突撃→実はPS3のゲームで遊んでいただけ−デンマーク
18歳の少年が『Grand Theft Auto IV』を真似てタクシージャック−タイ
「威嚇的だ」と住民から苦情、バス停に貼られた『Killzone 2』の広告が全て撤去−カナダ
「ブタ企業」呼ばわりした暴力規制団体の女性に、Electronic Artsが謝罪を要求
キビシッ〜! 『Left 4 Dead』ドイツ版ボックスアートの一部が修正される
リアルなドラッグ描写に待った『Fallout 3』オーストラリアで発売禁止の処分
海外レビューハイスコア 『Far Cry 2』
攻略方法はプレイヤーの自由! 『Far Cry 2』最新フィーチャー映像
『Far Cry 2』ミュージックビデオ風の素晴らしい最新トレイラー
ハンググライダーが気持ち良さそう! 『Far Cry 2』たっぷり5分のゲームプレイ動画
《Rio Tani》
【注目の記事】[PR]

ニュース アクセスランキング

  1. 『サイバーパンク2077』続編制作発表!『ウィッチャー』複数開発計画概要含むCDPRの今後の作品展開が明らかに【UPDATE】

    『サイバーパンク2077』続編制作発表!『ウィッチャー』複数開発計画概要含むCDPRの今後の作品展開が明らかに【UPDATE】

  2. 『DEATHLOOP』をお得にゲットできる!PCゲーム定期便「Humble Choice」10月度ラインナップ公開

    『DEATHLOOP』をお得にゲットできる!PCゲーム定期便「Humble Choice」10月度ラインナップ公開

  3. アトラスがサ終した『真・女神転生』MMOを復活させたファンを提訴…「取り返しのつかない損害を与えている」と主張

    アトラスがサ終した『真・女神転生』MMOを復活させたファンを提訴…「取り返しのつかない損害を与えている」と主張

  4. 『ニード・フォー・スピード』シリーズ最新作が10月7日午前0時にお披露目!

  5. Prime会員なら『Fallout 76』が無料!「Prime Gaming」10月度の6タイトルが配布開始

  6. 『FFタクティクス』のような『ゼルダ』が計画されていた…『メトロイドプライム』開発スタジオ元スタッフが語るボツ作品

  7. 体が闘争を求め始めた…!フロムの次作が『アーマード・コア』シリーズになるかもしれないと海外で話題に?

  8. 海外との価値観の差?国内では普通に売ってる『CHAOS;HEAD NOAH』、販売認められずSteam発売中止に

  9. ゲーム制作にも革命を起こすか?高性能画像生成AI『Stable Diffusion』が無料でリリース

  10. ユービーアイの『Beyond Good and Evil 2』ついに開発期間が最も長いゲームに…14年間かかった『Duke Nukem Forever』抜く

アクセスランキングをもっと見る

page top