バイアスロン競技大会でチートツールの使用が発覚。チートを使用した仏選手は即刻退場 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

バイアスロン競技大会でチートツールの使用が発覚。チートを使用した仏選手は即刻退場

ニュース 最新ニュース



* * * * * * *


※画像はイメージです


先日ノルウェーで開催されたバイアスロン競技大会において、フランス人選手Lolo Fapiri氏のチートツール使用が発覚、即刻退場となる出来事が起こりました。チートツール使用による失格者は本大会史上初となります。

地元メディアKos Joi Uni(KJU)の情報によればFapiri氏は他の選手に30分以上のタイム差をつけ、射撃パートでもライフルを構えてから約0.8秒で満射という尋常ではない成績を叩き出したため、不審に思った審判団が調査を開始。程なくしてオートエイムとスピードハックの使用が確認され、即刻退場という処分が下されたとの事。

今回チート使用により退場処分となったFapiri氏はKJUのインタビューで以下のように語っています。
「ほんの出来心だったんだ。昨年からの不調で気が滅入ってしまって……この大会で優勝すれば自信を取り戻せるかと思ったんだ。今となってはチートに手を出してしまった事を後悔している。本当に…本当に…」

その後Fapiri氏が泣き崩れてしまいインタビューは続行不能に。なんでもインタビューの直前に今後全てのバイアスロン競技大会への参加禁止が伝えられ、Fapiri氏は事実上の永久追放となってしまったんだとか。

ちょっと可愛そうな気もしますが、いくら調子が悪くてもチートの使用は許されるものではありません。真剣に競技に取り組んでいる人たちに対しても失礼なので、読者の皆さんはチートツールには手を出さないで頂きたいですね。

ちなみに今大会ではアンチチートツールが導入されていましたが、Fapiri氏が使用したチートツールは検出できなかったそうです。一部報道によれあばアンチチートツールが旧式のものであることや、大会側の監視体制の杜撰さなどが指摘されています。

ただアンチチートツールがいくら対策を講じても、更にそれを回避するチートツールが出現したりとまさにいたちごっこ。最終的には各選手のモラルに任せるしかなさそうです……。全てがクリーンな状態での大会開催が望まれますね。

(ソース: A.F.D)

【関連記事】
「プレイヤーはCheaterの称号を得た」不正実績獲得でゲーマースコアリセット
新しいValve Anti-Cheatが約1万のアカウントをBAN



《RIKUSYO》

ニュース アクセスランキング

  1. 400人バトルロイヤルも可能な新作シューターの初映像が2月にお披露目!

    400人バトルロイヤルも可能な新作シューターの初映像が2月にお披露目!

  2. ゲームクリエイター・中裕司氏がスクエニに入社―これまで通りゲーム開発に従事

    ゲームクリエイター・中裕司氏がスクエニに入社―これまで通りゲーム開発に従事

  3. 海外版『魂斗羅』など多数のゲームパッケージイラストを手がけたBob Wakelin氏が死去

    海外版『魂斗羅』など多数のゲームパッケージイラストを手がけたBob Wakelin氏が死去

  4. 噂: 『Dead by Daylight』に「Saw」のジグソウ参戦か―意味深な予告映像

  5. 火星オープンワールドサバイバル『Memories of Mars』発表!―2018年春に早期アクセス予定

  6. 閉じ込められた男を救う2Dアドベンチャー『STAY』発表!―ゲームはリアルタイムで進む…

  7. ユービーアイがサーバーメンテナンス実施ー1月22日14時から8時間程度

  8. PC版『レインボーシックス シージ』海外イベントで日韓対決実現!「eiNs」が挑む

  9. 『PUBG』中国のリージョンロック求める署名運動が発起―既に約4,000人が参加

  10. EVGAとも提携!『PC Building Simulator』最新トレイラー

アクセスランキングをもっと見る

page top