Activisionが『Dead Space』を指揮したEAのベテランスタッフをヘッドハント | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Activisionが『Dead Space』を指揮したEAのベテランスタッフをヘッドハント

ニュース 最新ニュース



Visceral Games(元EA Redwood Shores)のゼネラルマネージャーで、Dead SpaceやDante's Infernoの開発を指揮していたGlen Schofield氏とCOOのMichael Condrey氏が、EAを退社しActivision子会社の新スタジオへ移っていたことが明らかになりました。

GameSpotが問い合わせたところ、EA、Activision共にこの事実を認め、正式にコメントを発表。それによると、Visceral Gamesのマネージャー後任にはEAのシニア副社長Nick Earl氏が抜擢。Dead Space ExtractionやDante's Infernoといった同社の新作開発をこれまで通り続けていくそうです。

一方、Activisionに引き抜かれたSchofield氏とCondrey氏は、サンフランシスコ・ベイエリアに新たに設立される新スタジオで、Activisionの既存フランチャイズを基にした新作開発を指揮するとのこと。ゲームの詳細やスタジオの名称は明らかになっていませんが、後日正式に発表されるようです。

これまで開発を指揮していたベテランスタッフの退社により、Visceralの新作であるDead Space 2やDante's Infernoにどのような影響を与えるのでしょうか。また、Activisionに移った二人が新たに開発する新作にもゲーマーからの注目が集まりそうです。(ソース: GameSpot)


【関連記事】
『Dead Space』の開発スタジオEA Redwood Shoresが“Visceral Games”に改名
Activision「PS3を値下げしないならソニーのサポートを止めるかもしれない」
EA「ホリデーシーズンに大作ゲームのリリースが集中したのは戦略的に誤り」
『Mirror's Edge』『Left 4 Dead』『Dead Space』のセールスが100万本を突破
『Prototype』がトップに君臨!6月の北米ハード&ソフトセールスランキング
EAが二大RPGスタジオのBioWareとMythicを統合、Mythicの創設者は退社に
《Rio Tani》

ニュース アクセスランキング

  1. カプコンがコーエーテクモとの特許をめぐる裁判に勝訴―争点となった特許とは

    カプコンがコーエーテクモとの特許をめぐる裁判に勝訴―争点となった特許とは

  2. 『ゴーストリコン ワイルドランズ』YEAR2大型アップデート第2弾が配信―新PvE「ゴーストモード」登場

    『ゴーストリコン ワイルドランズ』YEAR2大型アップデート第2弾が配信―新PvE「ゴーストモード」登場

  3. サメを回避して最後まで生き残る深海バトルロイヤル『King Tide』発表!『Depth』開発元新作

    サメを回避して最後まで生き残る深海バトルロイヤル『King Tide』発表!『Depth』開発元新作

  4. 『Call of Duty: Black Ops 4』豪華特典付き「Mystery Box Edition」が海外発表!

  5. 「第9地区」ニール・ブロムカンプ監督が「メカゲーム」制作を希望?SNS上でデベロッパーに公開質問

  6. 『Marvel’s Spider-Man』同梱の鮮やかなスパイディカラーが映えるPS4 Proバンドルが数量限定で国内発売決定

  7. 『フォートナイト』のフィギュアなど公式グッズがFunkoより発売決定!

  8. 『The Division 2』これまでに実施されたユービーアイ作品のβ版で最多登録者数を記録

  9. gamescom 2018にValveが出展…ただしパブリッシャー・開発者向け展示のみ

  10. サイバーパンクサイコホラー『Observer』日本語PS4版8月16日配信決定―狂気にアクセスせよ

アクセスランキングをもっと見る

page top