『最もウザいゲームの相棒キャラクター』TOP12 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『最もウザいゲームの相棒キャラクター』TOP12

ゲーム文化 カルチャー

企画ネタでおなじみUKゲームサイトGamesRadarにて、“The 12 most annoying sidekicks EVER”と題し、古今東西のゲームに登場するウザくて仕方ない相棒やお供キャラクターが12人ランキングで紹介されています。プレイヤーを苛立たせ、時には道中を困難にしてしまうこともある12人の困ったキャラクター達を順番に見てみましょう。

* * * * * * *


12位: ローマン・ベリック
(Grand Theft Auto IV)



11位: シェリー・バーキン
(バイオハザード2)



10位: 熱狂的なファン
(The Elder Scrolls IV: Oblivion)



9位: ナターリア・シミョノヴァ
(Goldeneye 007)



8位: スリッピー・トード&ペッピー・ヘア
(スターフォックス)



7位: 赤ちゃんマリオ
(スーパーマリオ ヨッシーアイランド)



6位: テイルス
(ソニックシリーズ)



5位: エマ・エメリッヒ・ダンジガー
(メタルギアソリッド2)



4位: Zeke
(InFamous)



3位: Eric Sparrow
(Tony Hawk’s Underground)



2位: ナビィ
(ゼルダの伝説 時のオカリナ)



1位:
(ダックハント)



* * * * * * *


ソースの記事では、これらのキャラクターのどの辺りがウザいのか、彼らがもしいなくなるとゲームがどう変わるかといった解説まであるので興味のある方はチェックしてみましょう。もっとウザいお供キャラを知ってるぜ!という方はコメント欄にてどうぞ。(ソース&イメージ: GamesRadar: The 12 most annoying sidekicks EVER)


【関連記事】
2009*年末企画 『最もおバカな記事』TOP15
2009*年末企画 『特集&ランキングネタ』TOP10
『ポルノみたいに聞こえるゲームのタイトル名』TOP10
発売10周年記念!海外サイトが選ぶ『ドリームキャスト古今の名作』TOP7
『ゲーマーが恋人に向かって言いそうな最悪のセリフ』8選
『食べたらおいしそうなゲームキャラクター』8選
《Rio Tani》

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 日本人も参加可能な『グウェント』gamescomトーナメント開催決定!―賞金総額25,000ドル

    日本人も参加可能な『グウェント』gamescomトーナメント開催決定!―賞金総額25,000ドル

  2. スピルバーグ新作「レディ・プレーヤー・ワン」国内公開決定!VR世界描く

    スピルバーグ新作「レディ・プレーヤー・ワン」国内公開決定!VR世界描く

  3. 『PUBG』が『メタルスラッグ』風2Dゲームだったら?フライパン大活躍!

    『PUBG』が『メタルスラッグ』風2Dゲームだったら?フライパン大活躍!

  4. 『フォーオナー』「剣聖」1/4大型リアルスタチュー登場!初回限定50体

  5. サイケデリックホラー『Layers of Fear』が正式リリース!―恐怖を煽る新トレイラーも

  6. e-Sports団体ESLが選手の永久BAN処置を一部解除―「当時の選手教育が行き渡っていなかったため」

  7. 【コラム】『ペルソナ5』の海外高評価と“ジャンルとしての”JRPG

  8. 日本代表、「オーバーウォッチ ワールドカップ 2017」プレイオフで豪州に敗れる

  9. 名作STG『ギャラガ』アニメ化が海外で進行中

  10. ファンメイド『Half-Life』実写映像作品「The Freeman Chronicles」Steam配信開始

アクセスランキングをもっと見る

page top