オーストラリアで「R18+」認定の議論が本格化、55,000のレポートを政府に提出 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

オーストラリアで「R18+」認定の議論が本格化、55,000のレポートを政府に提出

たびたび話題になるオーストラリアのレーティング関連で、最近活発になっているのが「 R18+ レーティング」認定に関する議論。先日、55,000人分の署名が政府の調査団に提出されたそうで、内務大臣は「コンピューターゲームの議論に関するオーストラリアの高い関心がう

ゲーム文化 カルチャー
たびたび話題になるオーストラリアのレーティング関連で、最近活発になっているのが「R18+」認定に関する議論。先日、多くのゲームファンによって、55,000ものレポートが政府の調査団に提出されたそうです。Brendan O'Connor内務大臣は、これに対し「コンピューターゲームの議論に関するオーストラリアの高い関心がうかがえる」とのコメントを残しています。

一方でオーストラリアのキリスト教関連団体は、「商業的な利益によって、暴力的なビデオゲームと攻撃性との関連がもみ消されようとしている」として協議プロセスに疑問を呈しており、「ゲーム産業のこの主張は、喫煙と肺がんの関連性を問題とする際の、タバコ会社の戦術を思わせる」とし、「R18+」に反対の姿勢を見せています。

ゲーム関係の団体は「大人向けに分類制度は変更が必要」としてレーティング認定を求める構え。次の協議会では、ゲームにおける大人向けの分類が持つメリットをまとめたレポートが、法務部によって準備される見通しとなっており、国レベルで、ゲームのレーティングの変更に関する議論がますます本格化していくことになるようです。(ソース: Herald Sun.AU: Enthusiasts flood computer game inquiry)


【関連記事】




《Kako》

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 実写映画「モンスターハンター」で主人公が双剣を使うのはミラ・ジョヴォヴィッチが実際にゲームで愛用しているから!

    実写映画「モンスターハンター」で主人公が双剣を使うのはミラ・ジョヴォヴィッチが実際にゲームで愛用しているから!

  2. 2019年からMSIのCEOを務めていたCharles Chiang氏が56歳で死去―建物の7階から落下との報道

    2019年からMSIのCEOを務めていたCharles Chiang氏が56歳で死去―建物の7階から落下との報道

  3. 『CoD:MW』『Warzone』にて告知なしに「OK」ジェスチャーが削除―差別的意味合いとの関連によるものか

    『CoD:MW』『Warzone』にて告知なしに「OK」ジェスチャーが削除―差別的意味合いとの関連によるものか

  4. 有名ストリーマー「Ninja」次の拠点はYouTube?テスト配信を実施

  5. 『マインクラフト』をMIDIキーボードで操作!エンディングに到達したプレイヤーが映像公開

  6. 『TDU』最新作も発表された「Nacon Connect」発表内容ひとまとめ

  7. 『ウォッチドッグス2』の無料配布も予告!「UBISOFT FORWARD」ラインナップやスケジュール公開

  8. 実写映画「モンスターハンター」9月4日に日米同時公開! 夕焼けを背に振り返る“世界初解禁”の場面写真も披露

  9. SIE広報、報じられた性表現規制のルール導入を否定―役員が確認するケースも

  10. 『Euro Truck Simulator 2』日本マップMod「Project Japan」v0.40の公開日が決定!

アクセスランキングをもっと見る

page top