Activision、IW元幹部の訴訟に対し声明を発表 「失望した」 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Activision、IW元幹部の訴訟に対し声明を発表 「失望した」

ニュース 最新ニュース

遂に訴訟へと発展し泥沼化の様相を見せるInfinity Ward元幹部とActivision間のトラブル。Modern Warfare 2のロイヤリティー支払い前に解雇されたと主張するVince Zampella氏とJason West氏の訴えに対し、今日Activisionが公式な声明を発表しました。

“Zampella氏とWest氏が訴訟を選んだことには失望しており、その主張にはメリットがないと信じています。これまで8年間、Activisionの株主は、彼らがInfinity Wardを設立するための資金を提供し、経済的援助、リソース、クリエイティブな独立性によって、彼らが途方もない成功を収め、個人的な富を得るのを助けてきました。(中略)Activisionは、引き続き所有するCall of Dutyフランチャイズに取り組み、何百万人ものファンのために、エキサイティングで革新的なゲームを作り続けるでしょう。”

Activisionが発表した声明は、3,600万ドルにも及ぶというロイヤリティーの支払いや、具体的な契約破棄の理由には触れられておらず、同社の正当性を主張する内容となっています。また、関連ブランドの主導権を要求していた訴状に対して、今後もCall of Dutyの制作を積極的に続けていくと全く動じない姿勢を見せています。

また別のソースになりますが、G4tvが関係者から入手したメモの内容から、Activisionが今回の件に関わる以下のような資料や証拠をInfinity Ward内部で探していたことが明らかになったそうです。

* Infinity Wardの新作プロジェクトに関わる資料。(例 Modern Warfare 3)

* Infinity WardがActivisionから独立したスタジオを設立する可能性を示す資料

* 2人の幹部がElectronic Artsなどのライバル企業とコミュニケーションしたことを示す資料

Modern Warfare 2の大きな成功の影で深刻化するパブリッシャーと開発者のトラブル。今後どのような展開を見せるのか、続報が入り次第お伝えします。(ソース: VG247, G4tv)


【関連記事】
『Modern Warfare 2』を巡りInfinity Wardの元幹部らがActivisionを訴訟
Infinity WardとActivision間でトラブル?スタジオ内で異変が…
Activision、新作『Call of Duty』やInfinity Ward内の人事異動を発表
『Modern Warfare 2』の売上高が10億ドルを記録!Activisionが発表
EAの開発者が『MW2』の空港シーンに言及。「Infinity Wardの勇気に敬意を表する」
《Rio Tani》

ニュース アクセスランキング

  1. アークシステムワークスが『LoL』のRiot Gamesを訪問

    アークシステムワークスが『LoL』のRiot Gamesを訪問

  2. 『PUBG』月間アップデートが8月初頭に延期―内部クライアント問題解決せず

    『PUBG』月間アップデートが8月初頭に延期―内部クライアント問題解決せず

  3. Steamサバイバルゲーム『Next Day: Survival』早期アクセス版が配信開始ー25%オフのセールも

    Steamサバイバルゲーム『Next Day: Survival』早期アクセス版が配信開始ー25%オフのセールも

  4. 『バイオハザード7』クリス描くDLC「Not A Hero」が配信延期

  5. 誰も死ななくていいRPG『UNDERTALE』日本語版がPS4/Vita/PC向けに発売決定!

  6. 全エピソード収録『ヒットマン』日本語版発売は8月!限定特典情報も

  7. 今さら聞けない『Minecraft』のはじめかた ― 登録から購入、起動までの導入編

  8. PS4『ARK:Survival Evolved』3つのポイント紹介―100種を超える恐竜達

  9. 最恐ホラー『P.T.』が登場から1周年を迎える―意思を受け継ぐ注目作品&パロディ映像紹介

  10. 『クロックタワー』に源流を持つ新作ホラー『Remothered』発表!―不気味なトレイラー披露

アクセスランキングをもっと見る

page top