アナリストが新型PSPの発表を予想、ソニーは携帯機の3D対応に懐疑的 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

アナリストが新型PSPの発表を予想、ソニーは携帯機の3D対応に懐疑的

ニンテンドー3DSの発表が大きな注目を浴びていますが、海外のアナリストは、他のゲーム機にも新型が発表されると予想しているようです。一方、ソニーは携帯機の3D機能搭載には懐疑的な様子です。

家庭用ゲーム PS3
裸眼で3D映像のゲームが楽しめるニンテンドー3DS発表が大きな注目を浴びていますが、海外のアナリストは、他のゲーム機にも新型が発表されると予想しているようです。

Lazard CapitalのアナリストColin Sebastian氏がUKメディアMCVに伝えたところによれば、ソニーが新型のPSP本体をこの春にも発表すると予想しているとのこと。さらに、来年は任天堂からWiiの上位機種が発表される可能性が高いとも推測しています。

一方、ニンテンドー3DSの発表を受け、IGNのインタビューを受けたSCEAのハードウェアディレクターJohn Koller氏は、興味深い試みだとしながら「8〜9歳の若いユーザー層が3Dで遊ぶのは無理がある、任天堂がどんな年齢層へ向かっていくのか見てみたい」という趣旨の回答。携帯機ではなく、据置き機の3D対応に注力していく姿勢を改めて強調しています。(ソース: PlayStation LifeStyle: Sony Not Planning 3D for Next PSP; New PSP Soon)


【関連記事】
噂: PSP2はGeForce 8600級のグラフィックチップを搭載。2010年にも登場?
噂: UMDドライブを搭載した新バージョンのPSP-4000が開発中
噂: 初代Xboxを超える性能のPSP後継機が開発中。コードネームは“Hydra”
SCEA幹部、PSP goの価格設定や年内発売の超大型タイトルに言及
『ニンテンドー3DS』は3Dスティックや振動機能を搭載?−国内報道
任天堂、新型携帯ゲーム機『ニンテンドー3DS』を発表!
《Rio Tani》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 『ウォッチドッグス レギオン』次回タイトルアップデートで次世代機向けに60FPSのパフォーマンスモードが追加!

    『ウォッチドッグス レギオン』次回タイトルアップデートで次世代機向けに60FPSのパフォーマンスモードが追加!

  2. 『サブノーティカ』PS4版からPS5版へのアップグレード料金が不具合で100円から3,000円に―修正には数日かかる模様

    『サブノーティカ』PS4版からPS5版へのアップグレード料金が不具合で100円から3,000円に―修正には数日かかる模様

  3. 『モンハンライズ』アップデートVer.3.0の配信時期が決定! 追加エンディング・複数モンスターが5月末に実装

    『モンハンライズ』アップデートVer.3.0の配信時期が決定! 追加エンディング・複数モンスターが5月末に実装

  4. 『天穂のサクナヒメ』は“DASH村やりたい”から生まれたゲームだった!?─「ザ!鉄腕!DASH!!」21年目の稲作にゲームユーザーや開発者が反応

  5. オンライン4人対戦対応のシリーズ最新作『マリオゴルフ スーパーラッシュ』カップインまでの速度を走って競う「スピードゴルフ」など紹介映像公開

  6. 今どこで買える?販売方法は?「PS5」の販売情報まとめ【5月17日】―「ゲオ」が新たな抽選受付を開始! 本日終了する応募先や新たな抽選の予告も

  7. 今どこで買える?販売方法は?「PS5」の販売情報まとめ【5月18日】―「ゲオ」と「セブンネット」が抽選申し込みを受付中

  8. ケモノオープンワールドARPG『バイオミュータント』プラットフォーム別プレイ映像公開

  9. PSストアカード購入で“1,000円分のコード”をプレゼント!セブン−イレブン・ローソン各店でお得なキャンペーン開催中

  10. 購入前に知っておきたい「ニンテンドースイッチ ライト」オススメタイトル57本!【5/18更新】

アクセスランキングをもっと見る

page top