Activision: Sledgehammerの新作『Call of Duty』はファンを拡大する | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Activision: Sledgehammerの新作『Call of Duty』はファンを拡大する

Dead Spaceの開発者をEAからヘッドハントして設立されたActivisionの新スタジオSledgehammer Games。先日、新作Call of Dutyを開発していると発表された同スタジオですが、Activisionの幹部がその内容に自信を伺わせています。

ニュース 最新ニュース
Dead Spaceの開発指揮者をEAからヘッドハントして設立されたActivisionの新スタジオSledgehammer Games。先日、アクションアドベンチャージャンルの新作Call of Dutyを開発していると発表された同スタジオですが、Activisionの幹部がその内容に自信を伺わせています。

Activision COOのThomas TippiがLA Timesに語ったところによれば、Sledgehammer Gamesの新作Call of Dutyは、シリーズのファン層をさらに拡大する革新的な内容で、Modern WarfareのInfinity WardやWorld at WarのTreyarchと並ぶ三本柱の一つとも言える存在になるようです。

また同氏は、スタッフの脱退が相次いでいるInfinity Wardの現況についてもコメント。スタジオにはまだ100名近いスタッフが在籍しており、主要メンバーが去ったのは残されたスタッフにとって新たな機会になると強調。Activision内部からリソースを提供し、外部からも人材を採用すると話しています。(ソース: Eurogamer, VG247)


【関連記事】
Activision、新作『Call of Duty』やInfinity Ward内の人事異動を発表
「Infinity Wardはもう死んでいる」−インサイダー情報
アナリスト: スタッフが抜けてもInfinity Wardはヒット作を生み出せる
これはヤバイ…Infinity Ward退社メンバーがよく分かるリスト
Activisionが『Dead Space』を指揮したEAのベテランスタッフをヘッドハント
噂: Infinity Wardは『Modern Warfare 3』を作らない… 次回作はMMOに?
《Rio Tani》

ニュース アクセスランキング

  1. Steamが新たな試み「2019年4月の新作売上トップ20本」を掲載―大麻経営『Weedcraft Inc』など

    Steamが新たな試み「2019年4月の新作売上トップ20本」を掲載―大麻経営『Weedcraft Inc』など

  2. 『荒野行動』のNetEase、『PUBG』との和解成立について正式コメント

    『荒野行動』のNetEase、『PUBG』との和解成立について正式コメント

  3. 『サムライスピリッツ』新キャラ「鞍馬夜叉丸」紹介映像―仮面を外すことで戦い方も変化

    『サムライスピリッツ』新キャラ「鞍馬夜叉丸」紹介映像―仮面を外すことで戦い方も変化

  4. 正式発表から約5年…『Dead Island 2』は現在も開発中―THQ Nordicが言及

  5. 『サイバーパンク2077』E3でのプレイアブルデモの出展は無し―開発者によるプレイを披露へ

  6. 戦術ケモノADV『Mutant Year Zero: Road to Eden』拡張「Seed of Evil」が7月30日に発売!

  7. Steamサマーセールの実施日が判明か―非公式データベースサイトが報告

  8. 「BitSummit 7 Spirits」BitSummitアワードのノミネート作品を公開―来場者が投票できるアワードも

  9. 『鬼ノ哭ク邦』ジョブ要素「鬼ビ人」詳細判明―刀、槍などの武器とスキルで立ち回りが変わる

  10. 三国志ストラテジー『Total War: THREE KINGDOMS』発売後の計画が明らかに―DLCやMod対応について

アクセスランキングをもっと見る

1
page top