Activision: Sledgehammerの新作『Call of Duty』はファンを拡大する | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Activision: Sledgehammerの新作『Call of Duty』はファンを拡大する

Dead Spaceの開発者をEAからヘッドハントして設立されたActivisionの新スタジオSledgehammer Games。先日、新作Call of Dutyを開発していると発表された同スタジオですが、Activisionの幹部がその内容に自信を伺わせています。

ニュース 最新ニュース
Dead Spaceの開発指揮者をEAからヘッドハントして設立されたActivisionの新スタジオSledgehammer Games。先日、アクションアドベンチャージャンルの新作Call of Dutyを開発していると発表された同スタジオですが、Activisionの幹部がその内容に自信を伺わせています。

Activision COOのThomas TippiがLA Timesに語ったところによれば、Sledgehammer Gamesの新作Call of Dutyは、シリーズのファン層をさらに拡大する革新的な内容で、Modern WarfareのInfinity WardやWorld at WarのTreyarchと並ぶ三本柱の一つとも言える存在になるようです。

また同氏は、スタッフの脱退が相次いでいるInfinity Wardの現況についてもコメント。スタジオにはまだ100名近いスタッフが在籍しており、主要メンバーが去ったのは残されたスタッフにとって新たな機会になると強調。Activision内部からリソースを提供し、外部からも人材を採用すると話しています。(ソース: Eurogamer, VG247)


【関連記事】
Activision、新作『Call of Duty』やInfinity Ward内の人事異動を発表
「Infinity Wardはもう死んでいる」−インサイダー情報
アナリスト: スタッフが抜けてもInfinity Wardはヒット作を生み出せる
これはヤバイ…Infinity Ward退社メンバーがよく分かるリスト
Activisionが『Dead Space』を指揮したEAのベテランスタッフをヘッドハント
噂: Infinity Wardは『Modern Warfare 3』を作らない… 次回作はMMOに?
《Rio Tani》

ニュース アクセスランキング

  1. 『原神』PC版アンチチートプログラムの仕様変更を発表―「あらゆるプレイヤーの個人情報や利益に損する行為をいたしません」と相次ぐ疑惑の声に回答【UPDATE】

    『原神』PC版アンチチートプログラムの仕様変更を発表―「あらゆるプレイヤーの個人情報や利益に損する行為をいたしません」と相次ぐ疑惑の声に回答【UPDATE】

  2. 「Google Play」ガイドライン改定を計画―アプリ内課金がGoogleの決済サービスを経由するよう徹底させる狙い

    「Google Play」ガイドライン改定を計画―アプリ内課金がGoogleの決済サービスを経由するよう徹底させる狙い

  3. 『ウィッチャー3 ワイルドハント』次世代機版の開発が発表! 有償のアップグレードプログラムも明らかに

    『ウィッチャー3 ワイルドハント』次世代機版の開発が発表! 有償のアップグレードプログラムも明らかに

  4. 2DメカACT『ハードコア・メカ』とアニメ「天元突破グレンラガン」のコラボが決定!

  5. 『トロピコ』シリーズなど手掛けるKalypso Mediaが2020年秋に日本法人を設立!自社パブリッシングを目的に日本市場にも注力

  6. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  7. 『バイオハザード ヴィレッジ』はPS4/Xbox One版も研究中! 新映像では“本作で目指すサバイバルホラー”が明らかに―25周年記念アートも公開【TGS放送まとめ】

  8. 『フォートナイト』のEpic Gamesほか、Spotifyらが「反Apple」アプリ配信ストア規制導入団体の設立へ

  9. AppleがEpic Gamesの訴訟を『フォートナイト』の人気低迷による“炎上商法”だと主張―Epicはデータを挙げて反論

  10. かわいいチビロボが孤独に世界を旅するパズルADV『Scrap Garden』Steamで期間限定無料配布中

アクセスランキングをもっと見る

page top