Activision、4億ドルの損害賠償を求めてEAを訴訟−Infinity Ward事件で | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Activision、4億ドルの損害賠償を求めてEAを訴訟−Infinity Ward事件で

社内のトラブルで幹部二人が解雇、最終的にライバルメーカーの下で新スタジオ結成という事態に発展していたInfinity Ward事件で、Activision Blizzardは、4億ドルの損害賠償を求めてElectronic Artsを起訴しました。

ニュース 最新ニュース
社内のトラブルで幹部二人が解雇、後を追うようにベテランスタッフが次々と離脱し、最終的にライバルメーカーの下で新スタジオ結成という事態に発展していたInfinity Ward事件で、Activision Blizzardは、4億ドルの損害賠償を求めてElectronic Artsを起訴しました。

Activisionがロサンゼルスの上級裁判所に提出した39ページにも及ぶ訴状の内容によると、EAは早くて2009年の7月頃から、Activisionとの契約期間が2年以上も残っているのに関わらず、Eメールや代理人を介してInfinity Wardの幹部Jason West氏とVince Zampella氏に接触。

2009年8月には、プライベートジェットを用意してサンフランシスコ近辺にあるEA CEOのJohn Riccitiello氏の自宅に二人を招待すると、秘密のミーティングを行って引き抜きを働きかけたとのこと。

Activisionはこれらの行為が不当競争や受託者義務違反に当たり、EAがInfinity Wardとの契約を意図的に妨害していたと主張。結果的にInfinity Wardスタジオの分裂やCall of Dutyフランチャイズの脱線を招き、企業に深刻な被害を及ぼしたと訴えています。

今年3月、現Respawn EntertainmentのJason West氏とVince Zampella氏は、Modern Warfare 2のロイヤリティーが支払われず不当に解雇されたとしてActivisionを訴え、Activisionも二人に対して逆訴訟を起こしていましたが、今回はEAに矛先が向けられた全面対決とも言える構図になりつつあるようです。(ソース: Yahoo! Finance: Activision targets EA in $400 million lawsuit, Joystiq)


【関連記事】
Infinity Wardの再建始まる、将来的には“グレイト”な新フランチャイズも
Infinity Ward集団離脱: 新たに2名のベテランスタッフがRespawn
Kotick社長がIW幹部の解雇についてコメント「他に選択肢がなかった」
Infinity Ward社員約40名がActivisionを訴訟、賠償額は5億ドル以上?
「Infinity Wardはもう死んでいる」−インサイダー情報
アナリスト: スタッフが抜けてもInfinity Wardはヒット作を生み出せる
EA、Infinity Ward元幹部が指揮する新スタジオの設立を発表
Activisionが元IW幹部を逆訴訟、『Modern Warfare 3』にも影響?
EAの幹部がActivisionとIWのトラブルについてコメント 「誰の得にもならない」
『Modern Warfare 2』を巡りInfinity Wardの元幹部らがActivisionを訴訟
《Rio Tani》
【注目の記事】[PR]

ニュース アクセスランキング

  1. Unityがモバイル広告企業による約2兆円の買収提案を拒否―競合他社との合併を目指す方針

    Unityがモバイル広告企業による約2兆円の買収提案を拒否―競合他社との合併を目指す方針

  2. ディズニー&マーベルのゲーム作品発表イベントが告知!新発表タイトルも―9月10日午前5時放送

    ディズニー&マーベルのゲーム作品発表イベントが告知!新発表タイトルも―9月10日午前5時放送

  3. トールキン氏原作「中つ国」新作ゲーム開発を発表―Private DivisionとWētā Workshopが提携

    トールキン氏原作「中つ国」新作ゲーム開発を発表―Private DivisionとWētā Workshopが提携

  4. 『サイバーパンク2077』『ウィッチャー3』などが対象のCD PROJEKT RED「創立20周年セール」開催中

  5. (※ネタバレあり)『Stray』重要なヒントを見逃すな!人類の遺した情報から世界の謎に迫れるか【ゲームで英語漬け#103】

  6. “NFTをサポートしない”宣言に猛反発―『マイクラ』ワールドをNFT化する企業が開発元を批判

  7. 小林裕幸氏がカプコンを退職し、NetEase Gamesへ移籍―『デビルメイクライ』『バイオ』『戦国BASARA』などでプロデューサーを務めた人物

  8. 「ソニーがGame Passへのゲーム配信を妨げている」?―ブラジルでのマイクロソフト主張の真贋は、そして『CoD』は独占にはせず【UPDATE】

  9. 『CoD:ウォーゾーン』スキンが盗作疑惑で削除―オリジナル作者は正式な謝罪と説明を求める

  10. 『GTA V』販売本数1.7億本突破をテイクツーが報告―次回作『GTA 6』への言及も

アクセスランキングをもっと見る

page top