Bethesdaのマーケティング部長Petse Hines氏が語る『TES V: Skyrim』 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Bethesdaのマーケティング部長Petse Hines氏が語る『TES V: Skyrim』

PC Windows


Official XBOX Magazine UKのPodcastにて行われたBethesda Softworksマーケティング部長Petse Hines氏へのインタビューがTESシリーズのファンサイトThe Skyrim Guildにてまとめられています。本記事ではその中からThe Elder Scrolls V: Skyrimに関する発言をピックアップしてご紹介します。
■メニュー/インベントリ/インターフェース

 * チームはRPGだけに焦点を当てておらず、ゲームはあらゆるジャンルを参考にしている
 
 * メニュー/インベントリ/インターフェースは異なる全てのジャンルからインスピレーションを受けている
 
■マップ/クエスト

 * ゲームはメインクエストを見失うことなく安心して探索ができるよう上手く組み立てられている
 
■リリーススケジュール

 * 会社が設定するタイムリミットはない
 
 * 発売予定日の11/11/11までにゲームを完成させることは強いられていないが、エグゼクティブプロデューサーのTodd Howard氏はその日付を不動のものとしている
 
 * Bethesdaは11/11/11の日付を逃したくない
 
 * Petse Hines氏はゲームが予定通りに発売されると伝えている
 
 * 全世界同時発売

■エンジン

 * 開発は2006年から行われている
 
 * ゲームは単に“綺麗な絵”だけではない
 
 * 可能な限りの没頭感を提供したい
 
■360/PS3/PC

 * DLCが登場すれば全てのシステム及びPCで利用可能

■DLC

 * もしSkyrimのDLCがリリースされるのならば、それはエリアやストーリーなどの追加となるだろう

■続編

 * TESは常にTamrielの中で起こる
 
 * 過去の場所を訪れず、古いゲームのリメイクは作らないだろう
 
 * 前進することのみに興味がある
 
 * Petse Hines氏「再訪する必要はない」
(ソース&イメージ: The Skyrim Guild)

【関連記事】
グラフィックはどうでもいいと言う人がいるが、それは嘘だ−Bethesda
『TES V: Skyrim』最新トレイラーからの100点を超えるスクリーンショットが掲載
『The Elder Scrolls V: Skyrim』のインゲームトレイラーが公開!
フランス版OPMに『The Elder Scrolls V: Skyrim』の最新情報が掲載
『The Elder Scrolls V: Skyrim』新たなインゲームスクリーンショットが掲載
海外サイトに『The Elder Scrolls V: Skyrim』の最新ショットが掲載
《RIKUSYO》

PC アクセスランキング

  1. 日本の田舎を巡る一人称視点ADV『NOSTALGIC TRAIN』Steam発売日決定!

    日本の田舎を巡る一人称視点ADV『NOSTALGIC TRAIN』Steam発売日決定!

  2. 『レインボーシックス シージ』ディフューザーはもう殴らない―次シーズンより解除アニメーションが刷新

    『レインボーシックス シージ』ディフューザーはもう殴らない―次シーズンより解除アニメーションが刷新

  3. 車版バトルロイヤル『notmycar』ティーザー映像! プレアルファテスト実施も発表

    車版バトルロイヤル『notmycar』ティーザー映像! プレアルファテスト実施も発表

  4. 二足歩行ロボアクション『BE-A Walker』が8月Steam配信! 奇妙で残酷な歩行シミュレータ

  5. 総計9kg以上の粘土で描かれる、クレイアニメな見下ろしサバイバルアクションADV『Disdoored』発表!

  6. 『CS:GO』が今夏より「Source 2」エンジンを採用―中国向けプレゼンで明らかに

  7. 『CoD: BO4』マルチプレイ映像が続々公開―5人制や視認できるようになったヘルスなど新要素が

  8. 完成! 夢のお家リフォームシム『House Flipper』配信開始―アポカリプスDLCも…

  9. AndroidゲームをPCで起動できる「BlueStacks 3N」正式リリース―安全性の強化も実施

  10. 『FO4』向け大型ファンMod「Fallout Miami」紹介映像!美しい景観が残る独自のロケーション

アクセスランキングをもっと見る

page top