宮本氏: 3DS『スーパーマリオ』はマリオギャラクシーとマリオ64をミックス | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

宮本氏: 3DS『スーパーマリオ』はマリオギャラクシーとマリオ64をミックス

先日のインタビューで年内発売が目標であることが明らかにされたニンテンドー3DS専用のスーパーマリオ最新作(仮称)。未だ謎に包まれている本作のディテールについて、海外サイトEdgeは宮本茂氏へとインタビューを行いました。

携帯ゲーム DS
先日のインタビューで年内発売が目標であることが明らかにされたニンテンドー3DS専用のスーパーマリオ最新作(仮称)。未だ謎に包まれている本作のディテールについて、海外サイトEdgeは宮本茂氏にインタビューを行いました。

インタビューで宮本茂氏は、本作がスーパーマリオギャラクシースーパーマリオ64をミックスさせたような完全オリジナルタイトルになると発言。さらに3DSの立体視機能を使用した場面として、“空中に浮かぶ床”は2Dでは距離感が掴みづらいが、3Dではそれが簡単になると一例を挙げています。また前回のインタビューと同様に、今回も年内のリリースが目標であることが強調されました。


なお“しっぽマリオ”を連想してしまうあのロゴの尻尾について、宮本氏はインタビューの最後に“君が気付いたロゴの尻尾……何と思うかな。多分あのキャラクターが使えるようになると思っているだろうね”と意味深な発言。まだまだ謎の多い新作マリオですが、今年のE3 2011ではプレイアブルな状態での出展が予定されているとのことです。続報に期待しましょう。
(ソース:Edge)


【関連記事】




《tobiuo》
【注目の記事】[PR]

携帯ゲーム アクセスランキング

  1. 海外レビュー灰スコア 『Godzilla: Unleashed Double Smash』

    海外レビュー灰スコア 『Godzilla: Unleashed Double Smash』

  2. 児童ポルノ法違反の恐れ?『DOA Dimensions』がスウェーデンで発売中止

    児童ポルノ法違反の恐れ?『DOA Dimensions』がスウェーデンで発売中止

  3. ニンテンドー3DS『DEAD OR ALIVE Dimensions』の国内公式サイト正式オープン

    ニンテンドー3DS『DEAD OR ALIVE Dimensions』の国内公式サイト正式オープン

  4. ぬるぬる&セクシーな探索型ACT『シャンティ -海賊の呪い-』プレイレポ―美しいドット絵とメタなジョークが魅力

  5. 堀井雄二氏: 海外レビュアーはターンベースRPGに対し否定的

  6. 『Advance Wars: Days of Ruin』ゲームプレイ動画2本

  7. 『God of War: Chains of Olympus』開発者によるウォークスルー

  8. 【拡散希望】PS StoreでPSPゲームを購入するサービスは7月2日に終了しません―その理由をわかりやすく図解【UPDATE】

  9. 『Dementium』のRenegade Kidが2014年に『Moon』の権利を回復

アクセスランキングをもっと見る

page top