Michael Pachter: PSN障害でメーカーがソニーに被害を訴えることは可能 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Michael Pachter: PSN障害でメーカーがソニーに被害を訴えることは可能

ニュース 最新ニュース

不正アクセスによる障害発生から3週間が経過し、未だ復旧の目処が立っていないPlayStation Network。ゲームメーカーへの被害も懸念されるこの状況について、ご存知ゲーム業界アナリストMichael Pachter氏が、海外サイトArs Technicaで自身の見解を語りました。

今回の件でサードパーティーがソニーを訴えて勝訴できるか?と問われた氏は、「ソニーがネットワークを稼働させることに依存した不利益の一種をゲームメーカーが申し立てることは可能」とした上で、「おそらくソニーは“不可抗力”を主張して弁護するだろう」と指摘。サービスをダウンさせたのは、決してメーカーを困らせるためではなく、予想外の深刻なセキュリティー侵害に対策したものだったことは誰も疑わない、と分析しています。

既に一部のメーカー関係者からはネットワーク障害によって生じた被害を訴える声が出ており、ユーザーだけでなくサードパーティーやデベロッパーに向けた今後のソニーの対応にも注目が集まりそうです。(ソース: Ars Technica: Is Sony liable to third parties for PSN outage? Ars explores the damage)


【関連記事】
ソニー: PSN再開は少なくともあと数日以上を要する見込み
PSNのWelcome Backプログラムでは2本のゲームを無料提供
サービス再開スケジュールはなおも未定、PSN障害に関する最新情報
米国PSNユーザー向けに保護プログラムが提供、ストリンガー会長から謝罪も
SCE平井一夫社長がPSN障害に関する記者会見にて今後の対応を発表
PSN障害によりデベロッパーが“無収入”状態、5〜10%の売上低下も予想
《Rio Tani》

ニュース アクセスランキング

  1. スパイク・チュンソフトがGDC 2018で4本の新作タイトルを発表予定

    スパイク・チュンソフトがGDC 2018で4本の新作タイトルを発表予定

  2. 噂:『New ガンダムブレイカー』海外向けPC版登場か―ブラジル審査機関に登録表記

    噂:『New ガンダムブレイカー』海外向けPC版登場か―ブラジル審査機関に登録表記

  3. 米国1月ソフトセールスは『モンハン:ワールド』が首位、ハード販売は前年比119%増の飛躍的上昇

    米国1月ソフトセールスは『モンハン:ワールド』が首位、ハード販売は前年比119%増の飛躍的上昇

  4. 米国でサービス終了オンラインゲームを著作権法例外とする動き―ESAは反対

  5. 54時間限定「Amazonタイムセール祭り」2月28日から―『ドラゴンボール ファイターズ』+ディスプレイセットなど

  6. 米ロードアイランド州議員が暴力的なゲームの販売に特別税を追加する法案を検討ー海外報道

  7. PS4/XB1向けリマスター『Burnout Paradise Remastered』発表! 高解像度テクスチャや4Kにも対応

  8. 『ゼルダの伝説 BotW』がGOTYを獲得! 第21回「D.I.C.E. Awards」受賞作品リスト

  9. プレイヤーが山となる『Mountain』のSteam版が配信開始、幾つかのヒントも明らかに

  10. 不定形エイリアンとなって人間を襲う逆ホラーゲーム『Carrion』発表! 強烈なビジュアルが刺激的

アクセスランキングをもっと見る

page top