Michael Pachter:“PS VITA”はひどい名前。野菜風味の栄養ドリンクみたいだ | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Michael Pachter:“PS VITA”はひどい名前。野菜風味の栄養ドリンクみたいだ

ソニーの携帯機、NGP(Next Generation Portable)の正式名称ではないかとして、立ちどころに広まった“ PS VITA (PlayStation Vita)”。その情報を補強するような報道もされていますが、おなじみ海外ゲーム業界のアナリスト、Michael Pachter氏が、この名前にかみつ

携帯ゲーム PSP
ソニーの携帯機、NGP(Next Generation Portable)の正式名称ではないかとして、立ちどころに広まった“PS VITA(PlayStation Vita)”。いくつかのサイトでその情報を補強するような報道もされていますが、おなじみ海外ゲーム業界のアナリスト、Michael Pachter氏が、この名前にかみついた模様。以下Twitterより。
“ネーミングがひどければひどいほど、そのデバイスが成功するんじゃないか、なんて思い始めている。PSVitaは私が聞いた中でもかなりひどい名前のひとつだ。”

“これは“Vee - ta ”と発音するんだよな。ほんと、最高にひどい名前だ。野菜フレーバーの栄養ドリンクみたいな響きだ。”

“私がロースクールにいたとき、Volunteer Income Tax Assistance プログラムの下、老人向けの所得申告の手伝いをしていた。略して、VITA。”

“私はイタリア映画の“La Vita E Bella and La Dolce Vita”のことを思い出した。ただどういうわけか、同じ感情は呼び起こされないのだ。”

またこぼれ話としてこんなつぶやきも。

“任天堂は2006年4月1日に、私に“Wii”という名前を伝えてきた。彼らはこう言ったよ。“これはジョークではありません。”とね。2011年、ソニーからの連絡はまだ来ていないが……。”

それじゃあベストな名前は何なのよ、という問いに応えるように、こんなつぶやきも。
実際のところ、私は"Dreamcast "が好きだ。"Xbox " は "Wii "よりもひどいと思うよ。

果たして“PS VITA”は真実なのか? そして、Michael Pachter氏にソニーから連絡が来るのか……? ヴィータ&パクターの今後に注目です。(ソース: PSLS: Pachter: PS Vita “The Dumbest Name Ever”)


【関連記事】




《Kako》

携帯ゲーム アクセスランキング

  1. 『世界樹の迷宮X』職業紹介映像「アーモロードの冒険者たち」が公開!公式サイトでは「シノビ」「ファーマー」の詳細も掲載中

    『世界樹の迷宮X』職業紹介映像「アーモロードの冒険者たち」が公開!公式サイトでは「シノビ」「ファーマー」の詳細も掲載中

  2. 『毛糸のカービィ プラス』公式サイト&紹介映像公開!新要素が収録された体験版の配信もスタート

    『毛糸のカービィ プラス』公式サイト&紹介映像公開!新要素が収録された体験版の配信もスタート

  3. 「PS Vita」国内向け出荷は2019年内に完了…現時点で「新型携帯ゲーム機の発表予定」は無し【TGS2018】

    「PS Vita」国内向け出荷は2019年内に完了…現時点で「新型携帯ゲーム機の発表予定」は無し【TGS2018】

  4. 『ウォーリーを探せ!』がニンテンドーDSでゲーム化。ESRBに情報掲載

  5. PS Vitaでも「あと1ターン」が止められない恐怖!『シヴィライゼーション レボリューション2+』プレイレポ

  6. 任天堂から発売の海外版『ドラゴンクエストIX』、発売日とボックスアート決定

  7. 海外レビューハイスコア 『Shin Megami Tensei: Devil Survivor』(女神異聞録デビルサバイバー)

  8. マイト&マジックがDSに登場!Ubisoft、『Might & Magic Clash of Heroes』を発表

  9. 約20人が『ドラクエXI』に並んだゲオ駒沢大学店―20年勤める店長は感慨深げ

アクセスランキングをもっと見る

1
page top