海外レビューひとまとめ 『Earth Defense Force: Insect Armageddon』 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

海外レビューひとまとめ 『Earth Defense Force: Insect Armageddon』

海外では7月1日、国内では7月7日に発売されたEarth Defense Force: Insect Armageddon(アースディフェンスフォース: インセクトアルマゲドン)の海外レビューひとまとめです。

家庭用ゲーム Xbox360


Machinima: 8.5/10
私は死ぬほどEDFが好きだ。本作は一メートルトンのバカげた楽しみを提供している。

Destructoid: 8/10
15のキャンペーンミッションは少ないかもしれない。しかしステージは前作よりも非常に長く、大部分の場面で30分以上の時間を要する。
(中略)
12フィートもあるアリをロケットでふっ飛ばし、回転しながら地平線に飛んで行くアリを見るのが好きならば、本作は買いだろう。

Game Informer: 8/10
Insect Armageddonには、前作の何が起こっているのか分からないひたむきさは無く、若干の時代遅れなコンセプトを引き継いでいるが、類似した走って撃つタイプのガンアクションゲームを完全に捉えている。

GameSpot: 7/10
Earth Defense Force: Insect Armageddonは、たくさんの爆発や破壊があるが、物事を進めるのに十分なバラエティは無い。
長所: ファンタスティックな協力アクション。アンロックできるたくさんの武器。4種類の兵士クラス。とても楽しい建物の破壊。短所: 退屈なシングルプレイ。乏しいビジュアルとゲームプレイバラエティ。

VideoGamer: 6.5/10
戦略性の深さや、環境のバラエティ、何かを模倣した物語を探しているのなら、それらはここで見つからないでしょう。しかしこの上なく容赦のない撃ちまくりの射撃場に行きたい気分なら、あなたはここでさらに激しい体験が出来るでしょう。

Gametrailer: 5.5/10


Joystiq: 4/10
あらゆるレベルは広範囲で、都市の景観はほぼ完全に破壊できる。しかし、ゲームを通してその目標は殆ど変化する事はない。“ここへ行け”“昆虫を倒せ”“穴を吹き飛ばせ”これは、このTPSのゲームプレイにおける語彙のほぼ全てだ。


* * * * * * *


海外では7月1日、国内では7月7日に発売されたEarth Defense Force: Insect Armageddon(アースディフェンスフォース: インセクトアルマゲドン)の海外レビューひとまとめです。国内で発売された地球防衛軍シリーズの外伝的作品にあたる本作、開発はEat Lead: The Return of Matt Hazardなどを手掛けたVicious Cycle Softwareが担当しています。



キャンペーンは最大3人、サバイバルモードは最大6人のシリーズ初となるオンライン協力プレイをフィーチャー。海外サイトでもその点に評価が集まっています。現在のメタスコアは70をキープし、上が8.5のMachinima、下がJoystiqの4スコアとなっています。良くも悪くもシンプルという点が批評のポイントとなり、分かりやすい操作性が支持されるも、ミッションの単調さなどが評価を下げる要因に。海外では価格が39.99ドルと低めに設定されており、その点をレビュースコアに加味しているサイトも見受けられました。(ソース: Metacritic(Xbox 360))


UPDATE(11/7/13 12:50):記事内の誤表記を訂正しました。コメント欄でのご指摘ありがとうございます。
【関連記事】
今週発売の新作ゲーム: 『inFAMOUS 2』『L.A.ノワール』『EARTH DEFENSE FORCE:INSECT ARMAGEDDON』他
迫力の破壊要素を紹介する『Earth Defense Force』最新トレイラー
『Earth Defense Force: Insect Armageddon』の最新ウォークスルームービーが公開
E3映像もお届け!『Earth Defense Force: Insect Armageddon』の開発が完了
『EARTH DEFENSE FORCE:INSECT ARMAGEDDON』国内公式サイトオープン
《Round.D》
【注目の記事】[PR]

特集

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 『FF7R』には幻のティファパートが存在した!開発秘話で明かされた、実際に遊べるまで開発されていた内容と未収録の理由とは?

    『FF7R』には幻のティファパートが存在した!開発秘話で明かされた、実際に遊べるまで開発されていた内容と未収録の理由とは?

  2. ローグライクダンジョン探索・防衛RPG『ダンジョン オブ ザ エンドレス』日本語版、スイッチ向けに発売決定!

    ローグライクダンジョン探索・防衛RPG『ダンジョン オブ ザ エンドレス』日本語版、スイッチ向けに発売決定!

  3. 旧作相当の内容込みで基本プレイ無料化!新章『メガトン級ムサシX』PS4/スイッチ2022年秋配信

    旧作相当の内容込みで基本プレイ無料化!新章『メガトン級ムサシX』PS4/スイッチ2022年秋配信

  4. 「PS5」の販売情報まとめ【7月1日】─「TSUTAYA」が抽選受付を開始、来週5日まで

  5. サバイバルホラー『Tormented Souls』日本語完全ローカライズのスイッチ版7月28日発売

  6. PS5のボイスチャット録音機能に関する詳細な説明が公開―嫌がらせ行為への対策のため【UPDATE】

  7. 『スマブラSP』セフィロスは12月23日から!「セフィロス チャレンジ」クリアで正式配信前に使用可能、追加Miiファイターは「ティファ」「ジーノ」等5体

  8. 任天堂、定額制の「Nintendo Switch」修理保証サービス開始!自然故障から破損まで幅広く保証

  9. コアゲーマー御用達、未開惑星サバイバルSLG『RimWorld』コンソール版発表!夏のアイスのように時間が溶けていく…【UPDATE】

  10. 『スカイリム AE』待望のスイッチ版登場か?台湾のレイティング機関のリストにて見つかる

アクセスランキングをもっと見る

page top