海外レビューハイスコア 『キャサリン』 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

海外レビューハイスコア 『キャサリン』

家庭用ゲーム Xbox360


1UP: 10.0/10
安パイで保守的、ミリオンセラーでない何かを創ることに対して、開発者の怖れが増大していく時代に、これほどユニークな作品をつくり発売するというアトラスの意欲は、本当に賞賛に値する。何よりこれはたんに風変わりなゲームではなく、すごくイイ出来でもある。

IGN: 9.0/10
一部のゲーマーが、アニメ風のグラフィックとゲームの難易度の高さに興ざめしているのは確かですが、本当に違う何かを探している人にはぜひプレイしてほしいです。これはたんにパズルファンやアニメ好きのためのゲームではありません。これは市場の他のどんな作品とも異なる、本当にゲームが好きな人のためのゲームです。

GameSpot: 8.5/10
夢中にさせてくれて、強烈で、あなたがこれまでにプレイしたどんなものとも違う、それがキャサリンだ。
GOOD: 魅力的でパーソナルな物語。邪道で挑戦的なパズル。善悪の概念を意図的に回避した変わった道徳システム。物語とゲームプレイを強化する一定の緊張感。ファンタスティックなSEと音楽。
BAD: 追加モードのアンロック条件がキツ過ぎる。ときおり起こる視点と操作のトラブルが難易度を上げている。

GamePro: 8.0/10
キャサリンは成人ゲーマー向けにつくられたゲームであり、また成人についてのゲームでもある。物語というよりはむしろ、ひとつクリアすればその夜はもう終いにしたくなる挑戦的なパズルによる、ショートでタイトなデザインによって。これまでプレイしてきたゲームとは違う、大人向けの類いだ。
長所: 適度な長さ。アドベンチャー部分の素敵なタッチ。よくできたダイアローグとボイスアクト。
短所: 強烈な難易度の上昇は興ざめ。

Game Informer: 7.0/10
邪道なパズルの全てを征服した私を待っていたものは、最悪のエンディングのひとつだった。たぶんヴィンセントの選択は私の個性と一致したが、バッドエンディングを迎えてがっかりなのは、より良いエンディングをみるために、12〜15時間のゲームを再度やらなくてはいけないという事実だった。魅力的ないくつかの長所もあるが、入れ込んだだけの見返りは決して与えられない。




PlayStation3、Xbox 360で発売されたアトラスの『キャサリン(Catherine)』が、日本から遅れること約5ヶ月、ついに北米でも発売されました。日本でもそのオリジナリティの高さは目立っていましたが、海外のサイトレビューではそれがさらに顕著に。「今までプレイしたどんなゲームとも違う」といった意味の一文を、どんなレビューでも見ることができます。

ただやはり、日本のユーザーレビューでも指摘されていた難易度の高さや、ちょっとした操作性の悪さ、理不尽さみたいな点はマイナスに。その点でどのくらいウンザリするかで評価が変わるのは、サイトレビューも変わらないようです。


海外で発売の“Love Is Over”限定版も、キャサリンの“Weird”な印象を増幅している気が。こういった作品が一定の評価をされることで、今後も「安パイでないゲーム」を創ることができる市場であってほしいものですね。(ソース: metacritic)


【関連記事】




《Kako》

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 『ゼノブレイド2』「俺は、君のために楽園に行く!」─独特な世界観やバトルシステム、探索要素などを映像で紹介

    『ゼノブレイド2』「俺は、君のために楽園に行く!」─独特な世界観やバトルシステム、探索要素などを映像で紹介

  2. 『STAR WARS バトルフロント II』一時的に課金要素が削除―「ゲームをアンフェアにするのは我々の意図ではない」

    『STAR WARS バトルフロント II』一時的に課金要素が削除―「ゲームをアンフェアにするのは我々の意図ではない」

  3. 『モンハン:ワールド』動画で観るモンスターの生態―「モンスターハンター:ワールド図鑑」第1弾公開

    『モンハン:ワールド』動画で観るモンスターの生態―「モンスターハンター:ワールド図鑑」第1弾公開

  4. 『ゴッド・オブ・ウォー』、『Ghost of Tsushima』などPS4用新作ソフトウェア映像5本が公開に!

  5. Xbox Oneパッケージ版『Minecraft: スーパー プラス パック』の発売が延期に

  6. 『レインボーシックス シージ』GROM新オペレーター“Zofia”吹替え紹介トレイラー

  7. 『ゴーストリコン ワイルドランズ』PvPモード向け新アップデート“インターフェアランス”配信!―今後のロードマップも

  8. PS4侍オープンワールド『Ghost of Tsushima』時代やゲームシステムは?現時点の情報まとめ

  9. Wii版『ドラゴンクエストX』のサービスが終了―多くのプレイヤーから感謝の言葉が届く

  10. 『STAR WARS バトルフロント II』キャラアンロックのクレジットを75%減少―大きな議論受け

アクセスランキングをもっと見る

page top