PS Vitaスペックダウンの噂について開発スタジオのCEOが言及 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

PS Vitaスペックダウンの噂について開発スタジオのCEOが言及

今年5月、PS Vitaの3G回線非搭載モデルのメインメモリなどがスペックダウンされたとの噂が浮上していましたが、海外サイトDevelopのインタビューにてNovarama StudioのCEOがこの噂について言及しています。

携帯ゲーム PSP
今年5月、PlayStation Vitaの3G回線非搭載モデルのメインメモリなどがスペックダウンされたとのが浮上していましたが、海外サイトDevelopのインタビューにて、現在PS Vita向けに『Reality Fighters』を開発しているNovarama StudioのCEO Dani Sanchez-Crespo氏がこの噂について言及しています。

Developが同氏に対し、もし噂の様にスペックダウンが行われた場合プロジェクトに影響が出るかと質問したところ、Snachez-Crespo氏は「いえ、影響は無いでしょう。制限がある中で働く事は開発者達にとって実際良い事です。全体的にVitaにおいて、私達はまだまだGPUパワーとCPUパワー、そしてRAMに余裕を持っています」と発言。スペックダウンを否定しない回答をしていることから、インタビューを行ったDevelopを含め、噂は本当だった可能性が高いとの見方が強まっているようです。

またSanchez-Crespo氏は、PSPでは32MBだったRAMがPS Vitaでは約10倍になる事や、高い処理能力を持ちながらバッテリーの寿命は素晴らしいものとなっている事もインタビュー中にて明言。ただし今回のスペック情報も公式な発表によるものでは無い為、SCEからの正式な情報開示が待たれます。
(ソース: Develop via Eurogamer , Exmainer.com , Shack News)

※UPDATE: 日本のソニー関係者がDevelopに後に伝えたところによると、PlayStation VitaのRAMが減少したという事実はないとのことです。同サイトは、512MBというメモリの容量が公式に発表された数値ではないため、最終的な製品版のメモリが256MBになった場合でも、正確にはスペックダウンに当たらないとの認識も示しています。

【関連記事】
噂: NGPの3G回線非搭載モデルがスペックダウン
総合格闘技ゲーム『Supremacy MMA』のPS Vita版が発表、トレイラーも公開
PS Vitaへの影響は?任天堂の3DS値下げをアナリストが分析
SCEJ、PlayStation Vitaのコミュニティサイトをオープン
『モンハン』新作も? カプコン、PS Vita用に少なくとも4タイトルを準備
背面タッチパネルやジャイロセンサーの使用シーンも!PS Vita最新トレイラー
《tobiuo》
【注目の記事】[PR]

携帯ゲーム アクセスランキング

  1. 『MH4G』全世界累計で400万本を出荷、欧米でもミリオンセールス

    『MH4G』全世界累計で400万本を出荷、欧米でもミリオンセールス

  2. 【E3 2014】任天堂、新IP『コードネーム: S.T.E.A.M.』3DSで発表!インテリジェントによるアクションSLG

    【E3 2014】任天堂、新IP『コードネーム: S.T.E.A.M.』3DSで発表!インテリジェントによるアクションSLG

  3. 発表済みDLC収録・インフラ対戦対応!――PS Vita『インジャスティス:神々の激突』12月19日発売決定

    発表済みDLC収録・インフラ対戦対応!――PS Vita『インジャスティス:神々の激突』12月19日発売決定

  4. PS Vita/PSP『GOD EATER 2』の初回封入特典とVita本体同梱版、そして特装版の詳細が明らかに

アクセスランキングをもっと見る

page top