ソニーのサービスに不正サインイン試行、9万件以上のアカウントが一致 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

ソニーのサービスに不正サインイン試行、9万件以上のアカウントが一致

本日ソニー・コンピュータエンタテインメントは、PlayStation Network、Sony Entertainment Network、Sony Online Entertainmentの各サービスにおいて、ユーザーアカウントへの第三者“なりすまし”による不正なサインインの試行が判明したと発表しました。

ニュース 最新ニュース
本日ソニー・コンピュータエンタテインメントは、PlayStation Network、Sony Entertainment Network、Sony Online Entertainmentの各サービスにおいて、ユーザーアカウントへの第三者“なりすまし”による大規模な不正サインイン試行が判明したと発表しました。

この不正なサインイン試行は米国太平洋夏時間10月7日から10日にかけて行われ、全体の0.1%以下に当たる約93,000件が現在有効なアカウントと一致していることが分かったため、ソニーはそれらアカウントを一時的に停止し、該当ユーザーにパスワード変更を求めるEメールを送っていると報告。

不正ログインの犯人は、他社のサービスで使われているユーザーID/パスワード情報を流用している可能性があるとのこと。しかしこれらの行為はあくまで“なりすまし”であり、データサーバーへの不正侵入は確認されておらず、クレジットカード情報の漏えいもないと伝えています。(ソース: SCE: プレスリリース, PlayStation.Blog)


【関連記事】
《Rio Tani》

ニュース アクセスランキング

  1. 国内ゲームレーティング機構CEROが5月6日まで休止―政府の新型コロナ緊急事態宣言受け

    国内ゲームレーティング機構CEROが5月6日まで休止―政府の新型コロナ緊急事態宣言受け

  2. 「家にいよう、命を守ろう」英国政府と協力のゲーム会社が新型コロナ拡散防止メッセージを周知

    「家にいよう、命を守ろう」英国政府と協力のゲーム会社が新型コロナ拡散防止メッセージを周知

  3. 『オーバーウォッチ』公認生放送の最中に不適切チャットを残したプロリーグ選手に1000ドルの罰金

    『オーバーウォッチ』公認生放送の最中に不適切チャットを残したプロリーグ選手に1000ドルの罰金

  4. 『DayZ』オリジナル版制作者とスタンドアロン版ディレクターが未発表の大規模サバイバルゲームを制作中

  5. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  6. 『セインツロウ ザ・サード』のPC/PS4/Xbox One向けリマスター版が海外発表!

  7. 「ゲーセンミカド」新型コロナウイルスによる売上減少を受けてクラウドファンディングの近日開始を発表

  8. ソニーの次世代PS5の詳細が報じられるーレイトレーシング対応やインストールの仕様変更などが明らかに

  9. 独特な世界観とビジュアルが目を引く新作RPG『DISCO ELYSIUM』―はみ出し刑事が事件解決に挑む

  10. 更に伸びゆくSteam同時接続……最大2,400万人を突破、メーカーによる無料ゲーム配布も続く【UPDATE】

アクセスランキングをもっと見る

page top