Playdeadの最新作は『Limbo』よりもさらに野心的でカラフルなタイトルに | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Playdeadの最新作は『Limbo』よりもさらに野心的でカラフルなタイトルに

今年8月にも新作に対する展望を語った『Limbo』でお馴染みのPlayDeadですが、イングランドのノッティンガムで開催されたGameCity6フェスティバルにて、海外サイトEurogamerに対し再び最新作の情報を伝えています。

ニュース 最新ニュース
今年8月にも新作に対する展望を語ったLimbo』でお馴染みのPlayDeadですが、イングランドのノッティンガムで開催されたGameCity6フェスティバルにて、海外サイトEurogamerに対し再び最新作の情報を伝えています。

PlaydeadのCEOであるDino Patti氏によれば、最新作は現在1年以上開発が続いており、あの野心的だった『Limbo』よりもさらに風変わりでクレイジーな出来になっているとのこと。また現時点ではゲームに収録されるのはシングルプレイヤーモードのみで、より3Dでカラフルなダウンロードタイトルになる事が予定されているようです。

なお対象機種はマルチプラットフォームとなる事が示唆されましたが、残念ながら気になるタイトル名やジャンル、発売時期についてはノーコメント。発表されてから待つ人々に心労を与えたくないため、Patti氏によればアナウンスは発売の1ヶ月前が予定されているとのこと。8月のインタビューでは、最新作が3年半の開発期間を想定しているとも伝えられていただけに、その影も形も当分は見る事が無さそうです。
(ソース: Eurogamer)


【関連記事】
『Limbo』の開発スタジオPlaydead、最新作には3年半の開発期間を想定
PS3とPC版『Limbo』の配信日が決定!国内は近日発表予定
『Limbo』がPS3とPCに移植決定、PSNでは7月にリリース予定
Mega64が影絵に挑戦!どう見てもホラーな『Limbo』実写パロディ映像
PLAYDEAD: ESRBのプラットフォーム情報は間違い、『LIMBO』はXBLAオンリー
《tobiuo》

ニュース アクセスランキング

  1. 米開発、自ら増殖する「生きたグラフィックボード」が海に流出―厳しい自然界に曝され、性能が大幅向上【UPDATE】

    米開発、自ら増殖する「生きたグラフィックボード」が海に流出―厳しい自然界に曝され、性能が大幅向上【UPDATE】

  2. Kalypso Media Groupが新スタジオClaymore Game Studiosの設立を発表―『コマンドス』最新作を開発

    Kalypso Media Groupが新スタジオClaymore Game Studiosの設立を発表―『コマンドス』最新作を開発

  3. 5年以上掃除していないゲーミングPCから新種生物が続々発見―グラボの熱で活動か【UPDATE】

    5年以上掃除していないゲーミングPCから新種生物が続々発見―グラボの熱で活動か【UPDATE】

  4. コジマプロダクションから新型コロナ感染者が出たことが判明―今後は一時的なオフィス閉鎖やテレワーク等を実施

  5. 終末世界街づくりシム『END ZONE A WORLD APART』アーリーアクセスを4月2日から開始―21XX年世界は放射能に包まれた!

  6. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  7. ベセスダ、6月イベント開催はなし「胸躍らせる多くの取り組みを今後数か月で発表」

  8. 3年前に開発中止となった狂気ホラー『Year Of The Ladybug』に新たな動き!3月25日の公式発表を開発者が予告

  9. Steamにて予約購入したゲームがリリース前であれば返金可能に、アカウントページから簡単に申請可

  10. サターンの名作『パンツァードラグーン』がVRに!シリーズ三部作のエピソードを舞台とした『パンツァードラグーンVoyage Record(仮題)』2020年発売

アクセスランキングをもっと見る

page top