Sledgehammer: 『Modern Warfare 3』の開発には多くのプレッシャーを感じた | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Sledgehammer: 『Modern Warfare 3』の開発には多くのプレッシャーを感じた

PC Windows


2011年11月8日に北米で発売となり海外レビューも一斉に解禁となった『Call of Duty: Modern Warfare 3』ですが、Infinity Wardと共に本作の開発に携わっていたSledgehammer Gamesの共同創立者、Michael Condrey氏はIndustryGamersのインタビューにて「『Modern Warfare 3』には多くのプレッシャーを感じた」と語りました。

Condrey氏は3,000万人を超えるファンの要求に答えなければならない事を理解しつつもこれが一生に一度のチャンスだと考え、約2年に渡る至難をチームと共に乗り越えました。彼はこの経験を“硬い鋼は高温の火で鍛造する”と表現しています。

なおゼネラルマネージャーのGlen Schofield氏も「私達は挑戦する事が好きであり、プレッシャーを求めています。そしてそのプレッシャーは私達を奮い立たせてくれるのです」と語り、Sledgehammerのチャレンジ精神をアピールしています。

Sledgehammerにとって『Call of Duty: Modern Warfare 3』の開発への参加は大きな経験となったのではないでしょうか。今後はこの経験を糧に更なるステップアップが期待さます。
(ソース&イメージ: VG247)


【関連記事】
海外レビュー速報: 『Call of Duty: Modern Warfare 3』
初レビューも!『Modern Warfare 3』が世界各国で盛大なローンチ
Now Playing!『Call of Duty: Modern Warfare 3』マルチプレイ対戦の実況プレイ
n00bの成長を描く『CoD: Modern Warfare 3』最新実写トレイラー!他
Sledgehammerが手がける『Call of Duty』スピンオフ作品が開発中止の可能性
Sledgehammerの『Call of Duty』スピンオフは開発保留、MW3に100%集中
《RIKUSYO》

PC アクセスランキング

  1. テンセントが『PUBG』の中国独占運営権を獲得、中国当局からの規制にも対応ー海外メディア

    テンセントが『PUBG』の中国独占運営権を獲得、中国当局からの規制にも対応ー海外メディア

  2. 『PUBG』新武器「DP-28」と「AUG A3」が公開!2次テストサーバーで使用可能

    『PUBG』新武器「DP-28」と「AUG A3」が公開!2次テストサーバーで使用可能

  3. 『STAR WARS バトルフロント II』米国ハワイ州でも規制の動きか

    『STAR WARS バトルフロント II』米国ハワイ州でも規制の動きか

  4. 初代『Mafia』のSteam版が販売再開!―ライセンス楽曲は削除に

  5. 『グウェント』ストーリーキャンペーン配信延期―パブリックベータ開発ロードマップも発表

  6. 『ワールド オブ ファイナルファンタジー』Steam版配信開始!―『FF』キャラたちが可愛くなって大冒険

  7. クリッカー系RPG『Clicker Heroes 2』F2P廃止へ―「我々は課金中毒のプレイヤーから収益を得るのを望んでいない」

  8. Steamユーザーレビュー表示順決定方法が変更―レビュー評価割合非表示/大量評価者の重み削減

  9. 惑星開拓シム『RimWorld』がベータ版突入―「正式版前の最後の主要コンテンツ拡張」

  10. 『LoL』新チャンピオン「超常の遊び ゾーイ」実装、神出鬼没の悪戯ガール!

アクセスランキングをもっと見る

page top