スクエニ北瀬氏が『FF7』リメイクに言及「少し違った内容にアレンジしたい」 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

スクエニ北瀬氏が『FF7』リメイクに言及「少し違った内容にアレンジしたい」

スクウェア・エニックスのプロデューサー北瀬佳範氏が、これまでも度々話題になりながら未だ実現していない『ファイナルファンタジーVII(FF7)』リメイクの可能性や方向性に再び言及しました。

ニュース 最新ニュース
スクウェア・エニックスのプロデューサー北瀬佳範氏が、これまでも度々話題になりながら未だ実現していない『ファイナルファンタジーVII(FF7)』のリメイクに再び言及しました。

海外誌Official Xbonx Magazineのインタビューでリメイクや続編のあり方について問われた北瀬氏は、「もし自分が『FF7』のリメイクをプロデュースすることになったら、全く同じものを作るのは反復になるため、ある部分は削除して新要素や新システムなどを追加したい衝動に駆られる」などと発言。

あくまで『FF7』と同じゲームを目指しながらも、少し違った内容に再アレンジすることにとても興味があると同氏。一方でそうした改変はオリジナルを慕うファンを失望させてしまう可能性もあるため、例えマイナス的要素であっても一切手を加えずそのまま残した方が良いかもしれず、取捨選択の判断は非常に難しいものになると説明しています。

もし『ファイナルファンタジーVII』のリメイクが実現するなら、多くの人々の記憶に強く残る作品だけに、その内容は議論を呼ぶことになりそう。尚、今年のTGSではPS3とPS Vita向けに『ファイナルファンタジーX』のHDリメイクが発表されています。(ソース: OXM)


【関連記事】
スクウェア・エニックスが『FF7』リメイクに言及、海外ユーザーの反応は…
もしFF7が10年早くつくられていたら…『ファイナルファンタジーVII』デメイク版ムービー
本日の一枚『ゲームに最も忠実なクラウドのコスプレ』
スクエニ北瀬氏: 『ファイナルファンタジーVII』のリメイクに興味がある
スクエニ北瀬氏: 海外メーカーの開発ペースを見習う必要がある
スクエニ、PS Vita向けローンチタイトル2本とHD版『ファイナルファンタジーX』を発表
《Rio Tani》

ニュース アクセスランキング

  1. Steamにて「2020年ハロウィンセール」がスタート! ホラー系ゲームが最大90%オフ

    Steamにて「2020年ハロウィンセール」がスタート! ホラー系ゲームが最大90%オフ

  2. 『原神』スペシャルサンクストレイラーを公開―10月30日には「迫る客星Ver.1.1予告番組」も放送予定

    『原神』スペシャルサンクストレイラーを公開―10月30日には「迫る客星Ver.1.1予告番組」も放送予定

  3. Epic Gamesストアにて映画原作のサイコホラー『Blair Witch』オリジナルメンバーも登場する『Ghostbusters:The Video Game Remastered』期間限定無料配信開始

    Epic Gamesストアにて映画原作のサイコホラー『Blair Witch』オリジナルメンバーも登場する『Ghostbusters:The Video Game Remastered』期間限定無料配信開始

  4. ハロウィンからウィンターまで今後のSteam大型セールの実施日程が報告

  5. 「PlayStation Store」リニューアル開始!スッキリとした新デザインに

  6. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  7. マイクロソフトのファーストパーティ作品はPCでもリリースされる―Xboxのフィル・スペンサーが明言

  8. プラチナゲームズ自社IP第1弾『プロジェクト G.G.』鋼の巨人と怪獣のティーザー公開―東京開発スタジオ本格稼働へ

  9. 本格ゾンビサバイバル『Unturned』が遂に正式リリース!―早期アクセス開始から3年

  10. 『原神』売上約100億円突破か―海外アナリスト談

アクセスランキングをもっと見る

page top