海外ファンがUE3製『ファイナルファンタジーVII』リメイクを開発中、ただし非公認 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

海外ファンがUE3製『ファイナルファンタジーVII』リメイクを開発中、ただし非公認

PC Windows


フル3Dグラフィックで描かれた初代PlayStationの名作であり、シリーズ内でも未だに高い人気を誇る作品『ファイナルファンタジーVII』。『ダージュ オブ ケルベロス』などのスピンオフ作品が作られている一方で、意外にもリメイク作品は携帯電話向けアプリへの移植に留まっている本作ですが、海外ファン有志が「ならば自分で」とUnreal Engine 3製『ファイナルファンタジーVII』リメイクの開発に乗り出した模様です。

その名も『FINAL FANTASY VII REMAKE』は、Unreal Development Kitを使用して製作されており、開発はSTUDIO PAINTなるチームが担当。リメイク版はオリジナルに忠実な3Dワールド版として開発が進められているそうで、既に公式サイト上ではプレイ映像やスクリーンショット、メイキングオフ、さらにPC向けのショートデモまで用意されています。

ただしこちらのリメイク作品、過去に製作中止となったファンメイドリメイク『Chrono Trigger Resurrection』と同様に、スクウェア・エニックスの公認は受けていないとのこと。公式サイトの端々から原作への敬意は感じられるものの、非常に先行き不安なプロジェクトとなっているようです。






(ソース: VG247)


※UPDATE(2011/12/5 12:50): 本文の一部を修正しました。コメント7番さんご指摘ありがとうございます。

【関連記事】
スクエニ北瀬氏が『FF7』リメイクに言及「少し違った内容にアレンジしたい」
『LBP2』の『ファイナルファンタジーVII』コスチューム、国内でも配信決定
『LBP2』に待望の『ファイナルファンタジーVII』コスチュームが配信
『FFVII』『FFVIII』が数ヶ月以上前にSteamへアップロード?ただし購入は不可
Egg Toss You Carry…FF7『片翼の天使』の空耳歌詞(英語ver.)
《tobiuo》

PC アクセスランキング

  1. テンセントが『PUBG』の中国独占運営権を獲得、中国当局からの規制にも対応ー海外メディア

    テンセントが『PUBG』の中国独占運営権を獲得、中国当局からの規制にも対応ー海外メディア

  2. 『PUBG』新武器「DP-28」と「AUG A3」が公開!2次テストサーバーで使用可能

    『PUBG』新武器「DP-28」と「AUG A3」が公開!2次テストサーバーで使用可能

  3. 『STAR WARS バトルフロント II』米国ハワイ州でも規制の動きか

    『STAR WARS バトルフロント II』米国ハワイ州でも規制の動きか

  4. 初代『Mafia』のSteam版が販売再開!―ライセンス楽曲は削除に

  5. 『グウェント』ストーリーキャンペーン配信延期―パブリックベータ開発ロードマップも発表

  6. 『ワールド オブ ファイナルファンタジー』Steam版配信開始!―『FF』キャラたちが可愛くなって大冒険

  7. クリッカー系RPG『Clicker Heroes 2』F2P廃止へ―「我々は課金中毒のプレイヤーから収益を得るのを望んでいない」

  8. Steamユーザーレビュー表示順決定方法が変更―レビュー評価割合非表示/大量評価者の重み削減

  9. 惑星開拓シム『RimWorld』がベータ版突入―「正式版前の最後の主要コンテンツ拡張」

  10. 『LoL』新チャンピオン「超常の遊び ゾーイ」実装、神出鬼没の悪戯ガール!

アクセスランキングをもっと見る

page top