開発対象はソーシャル?小島プロダクションが海外スタジオ設立も視野に | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

開発対象はソーシャル?小島プロダクションが海外スタジオ設立も視野に

数日前に報じられていた小島プロダクションの海外スタジオ設立に関する報道にさらなる続報。Gamasutraにて開発者の募集要項が掲載され、そこから海外スタジオがソーシャルゲームを開発対象としていることが明らかにされています。

ニュース 最新ニュース
先月末、小島 秀夫氏率いる小島プロダクションが最新作の開発スタッフ募集をGDC 2012にて行うことを告知。また数日後、同スタジオのプロデューサー今泉 健一郎氏が「もし適切な人に巡り会えれば、カリフォルニアにスタジオをオープンすることも計画しています」ツイートし、海外スタジオ設立も視野に入れていることを明らかにしていましたが、新たにその海外スタジオのものと見られる開発者募集要項がGamasutraに掲載されています。

募集はブランドマネージャーやコンセプトアーティスト、プログラマーなど多岐に渡るもので、募集要項には「『Metal Gear Solid』のパブリッシングを担当する会社として有名な、また日本におけるソーシャルゲーム開発ナンバー1であるコナミデジタルエンタテインメントは、成長中の米国ソーシャルゲーミングスタジオに参加する才能ある人々を探しています」との一文も。

コナミが来春からソーシャルを海外展開していくとモルガン証券が先日伝えていたように、海外に新小島プロダクションが設立されるとするならば、開発対象はソーシャルゲームとなる可能性が非常に高くなりそうです。『MGS』をテーマにしたソーシャルゲームがそう遠くない日に登場するかもしれませんね。
(ソース: Gamasutra via PlayStationLifeStyle)


【関連記事】
GDC 2012にて小島プロダクションが次期MGSのスタッフを募集
『バイオ』『シアトリズムFF』『メタルギア』など、新作3DSタイトル体験版一挙配信
今週発売の新作ゲーム『バットマン:アーカム・シティ』『ゼルダの伝説 スカイウォードソード』他
今週発売の新作ゲーム: 『CoD: Modern Warfare 3』『TES V: Skyrim』他
インタビュー映像も!『メタルギアソリッド ライジング』は2012年内に発売へ
《ishigenn》

ニュース アクセスランキング

  1. ソニーのゲーム事業含むG&NS分野大幅増収―2020年度第1四半期連結業績を発表

    ソニーのゲーム事業含むG&NS分野大幅増収―2020年度第1四半期連結業績を発表

  2. 『GTA V』売上1億3,500万本突破、EGSでの無料配布後に売上大幅アップも―テイクツーの2021年会計年度Q1決算報告で明らかに

    『GTA V』売上1億3,500万本突破、EGSでの無料配布後に売上大幅アップも―テイクツーの2021年会計年度Q1決算報告で明らかに

  3. 20年に渡って勤めXbox OneのOS開発にも携わったXboxチームのベテランマネージャーがマイクロソフトを退社

    20年に渡って勤めXbox OneのOS開発にも携わったXboxチームのベテランマネージャーがマイクロソフトを退社

  4. ユービーアイソフトが「Parsec」との長期的なパートナーシップ締結を発表

  5. 真実の愛を求める大人向けADV新作『Leisure Suit Larry - Wet Dreams Dry Twice』発表!

  6. ユービーアイソフト上級社員セクハラや暴行の告発を受け退社―『アサシンクリード』シリーズ担当

  7. 荒野のオープンワールドRPG『Kenshi』日本でのDL数が8.9万本突破し売上は約2.1億円以上に

  8. 『バイオハザード RE:3』キャンペーン全報酬アンロックDLCと『レジスタンス』コスチュームの8月配信発表

  9. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  10. ロックスターゲームスが『GTAオンライン』『レッド・デッド・オンライン』のゲーム内購入売上額の5%を新型コロナ対策に寄付

アクセスランキングをもっと見る

page top