“暴力ゲームは攻撃的な素行につながる”米国でラベル取り付け法案が提出 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

“暴力ゲームは攻撃的な素行につながる”米国でラベル取り付け法案が提出

ニュース 最新ニュース

近年のゲーム業界においてよく議論されるテーマの1つである“暴力ゲーム”ですが、今週月曜日、米国連邦議会の下院議員Joe Baca氏とFrank Wolf氏が暴力ゲームに特別なラベルの貼り付けを義務づける法案を提出したことがGamePoliticsにて報じられています。

現在、米国ではエンターテインメントソフトウェアレイティング委員会(ESRB)が自主的にレーティングを行なっていますが、今回のゲームラベリング法案“Violence in Video Games Labeling Act”は米国消費者製品安全委員会(CPSC)が法的にレーティングを改めるというもの。法案が成立すれば“危険: 暴力的なビデオゲームは攻撃的な振る舞いに繋がることが明らかにされています("WARNING: Exposure to violent video games has been linked to aggressive behavior.")”という、タバコ警告表示のようなラベル貼り付け義務がレーティングE(全年齢対象)でも発生することになります。

なおBaca議員は2003年と2009年にも同様の法案を提出していましたが成立はせず、今年1月に今回の3度目となる暴力ゲームラベリング法案を年内に提示することを明らかにしていました。
(ソース: GamePolitics via Blue's News)


【関連記事】
海外サイトが選ぶ『最もグロテスクな表現が含まれているゲーム』TOP25
暴力ゲームと若者の破壊衝動は無関係…テキサスA&M大学の研究チームが報告
暴力ゲームではゲーム内広告が逆効果、テキサス大学の研究チームが報告
米最高裁、暴力ゲームの子供への販売を禁止する法案を却下
家庭内暴力の疑いで警察が出動する騒動、実はKinectを遊んでいるだけだった
《ishigenn》

ニュース アクセスランキング

  1. 『Destiny 2』拡張第二弾「ウォーマインド」国内PS4版配信決定!

    『Destiny 2』拡張第二弾「ウォーマインド」国内PS4版配信決定!

  2. Xboxマーケティング部門ベテランディレクターが退職、18年にわたる活動にピリオド

    Xboxマーケティング部門ベテランディレクターが退職、18年にわたる活動にピリオド

  3. 『PUBG』バランス調整/アタッチメント改善が予告、AR一強に終止符か

    『PUBG』バランス調整/アタッチメント改善が予告、AR一強に終止符か

  4. 関連作品3本の追加収録が決定!『くにおくん ザ・ワールド』最新情報公開

  5. DMM.comが合同会社に組織変更し、DMM.comラボと合併─意思決定の迅速化と事業推進の効率化を目指す

  6. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  7. オランダ賭博当局、複数タイトルに“ルートボックス”の是正命令―運依存/換金可能なアイテム提供を問題視

  8. テンセント、『フォートナイト』中国向け提供を正式発表ー約16億円を投じて違法コピー規制、e-Sports展開を目指す

  9. HTC VIVE上位モデル「VIVE Pro」国内で正式発売ー最高のVR体験

  10. 高評価RPG『Pillars of Eternity』PS4/XB1海外発表―『Fallout: NV』開発元作品

アクセスランキングをもっと見る

page top