『Botanicula』のHumble Bundle企画がスタート、好きな金額で購入可能! | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Botanicula』のHumble Bundle企画がスタート、好きな金額で購入可能!

Amanita Designの新作ポイント&クリックアドベンチャーゲーム『Botanicula』が、ユーザーが自由に金額を設定してバンドルパッケージを購入できるHumble Bundleキャンペーンを通して本日リリースされました。

PC Windows


Amanita Designの新作ポイント&クリックアドベンチャーゲーム『Botanicula』が、ユーザーが自由に金額を設定してバンドルパッケージを購入できるHumble Bundleキャンペーンを通して本日リリースされました。

バンドルの内容は、『Botanicula』の他にスタジオの過去作である『Machinarium』と『Samorost 2』を収録。最低でも0.01ドル(1セント)以上の好きな金額で購入可能となっており、5ドル以上で購入すればSteamキーが、平均購入金額以上(現在は8.72ドル)なら追加のパズルゲーム『Windosill』とショートフィルム『Kooky』、そしてAmanita Designのサウンドトラックが手に入ります。

Humble Bundleの売り上げは、ゲームデベロッパーと熱帯雨林などを保護する英国チャリティー団体World Land Trustに分配される仕組みで、金額の配分をスライダーで調整することも可能。

『Botanicula』のHumble Bundleキャンペーンは今日から約2週間実施予定。ゲームを元々購入予定だった方、インディーデベロッパーやチャリティーをサポートしたい方は是非参加してみては如何でしょうか。(ソース: Humble Bundle via Joystiq)


【関連記事】
木の実が森を救うADV『Botanicula』が今月配信決定!最新映像も公開
『Machinarium』のAmanita Designが新作『Botanicula』を正式発表
Mojangのゲーム開発チャリティー企画が完了、寄付金は45万ドル以上!
『Minecraft』のMojangが今週末に新作ゲーム開発を60時間耐久でライブ中継
海外メーカーがJRPGのローカライズを目指すKickstarterを実施
『Fable』のクリエイター5人によるインディーズスタジオが“奇妙なゲーム”を開発中
《Rio Tani》
【注目の記事】[PR]

PC アクセスランキング

  1. 2Dターン制SRPG『Symphony of War』日本語に対応ー戦闘システムも調整

    2Dターン制SRPG『Symphony of War』日本語に対応ー戦闘システムも調整

  2. 三人称視点SFアクションADVシューター『Scars Above』「探索」「戦闘」「研究」の要素を確認できるトレイラー公開ー周囲の環境から情報を入手し自ら武器を作り出せ

    三人称視点SFアクションADVシューター『Scars Above』「探索」「戦闘」「研究」の要素を確認できるトレイラー公開ー周囲の環境から情報を入手し自ら武器を作り出せ

  3. 最大40人対戦のSFパワードスーツFPS『LEAP』3月1日正式版リリース―クロスプレイにも対応

    最大40人対戦のSFパワードスーツFPS『LEAP』3月1日正式版リリース―クロスプレイにも対応

  4. 『バイオハザード RE:4』近接アクションや銃の強化の様子などが確認できる12分の新ゲームプレイ映像が公開!

  5. 人前に出てこないゴブリンだけが良いゴブリンだ―オープンテスト中『Dark and Darker』ゴブリン弱体化パッチ配信!

  6. 『フォートナイト』で『ウィッチャー』のゲラルトが獲得できるバトルパスクエスト遂に解禁

  7. 日本語吹き替え対応か?ハリポタRPG『ホグワーツ・レガシー』Steam版の対応言語表に記載が

  8. 『Dwarf Fortress』有料版発売から2カ月で売上60万本突破―有名ドワーフ生活シム

  9. 『Dark and Darker』第4回プレイテストまで後6時間!今回はソロプレイヤー向けの新ダンジョンが実装

  10. 『ブレイブルー』がメトロイドヴァニアになってSteamに登場!2DローグライトACT『Blazblue Entropy Effect』ストアページ公開

アクセスランキングをもっと見る

page top