ゾンビMMO『The War Z』表記されていたキー要素の未搭載に関しSteamユーザーが怒り…炎上状態に | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

ゾンビMMO『The War Z』表記されていたキー要素の未搭載に関しSteamユーザーが怒り…炎上状態に

PC Windows

β段階への移行を終えSteamでの配信も開始されるなど、順調満帆に見えるゾンビMMO『The War Z』ですが、Steam商品ページにて紹介されていたキー要素の未搭載に関し購入ユーザー達が不満を爆発させ、現在Steamコミュニティを中心に「詐欺行為だ」と訴える声が挙がる炎上状態となっています。

批判の的となっているのは、掲載当初のSteam商品ページにプライベートサーバーやキャラクタースキルなど現在はまだ未実装のシステムをキー要素として紹介する記述があったというもの(現在は修正済み)。この件に関しユーザー達が「詐欺だ」とSteamフォーラムにて訴えており、記事執筆中の現在、検索すると1,372件の話題から400件以上が“Scam(詐欺)”に関する話題でヒット。また海外フォーラムRedditでは、この件を伝えるスレッドに2,000件をも超えるコメントが寄せられています。

Redditユーザーが作成した修正前のキー要素に関する検証イメージ。他にも掲載されたスクリーンショットのようなシーンがゲーム中に登場しないとの批判も

またこの件や新アップデート(※1)に関する批判がSteamフォーラムにて現在削除されている模様で、海外サイトDestructoidが掲載した批判ポストへのリンクは軒並み途絶え、Redditでもアップデートに関する不満を述べたところ“不平のみを流布しコミュニティに貢献しないユーザー”としてBANされたとの報告がなされています。

一方、開発を担うHammerpoint Interactive側は海外サイトKotakuによるEメールでの質問に返答する形で、93%のユーザーが本作を楽しんでおり『The War Z』を嫌いでプレイしないようなユーザーは7%に留まるとコメント。今回の騒動による批判が少数派による意見であるという見方を示しました。またSteam商品ページに掲載されていたキー要素に対する批判に対しても弁明しており、基本的には間違いでは無いというスタンスを通しています。

そもそも『The War Z』は賞金首システムやキャラクタースキルなど、本作の特徴として発表当時から伝えられてきたキー要素の殆どがいつ搭載されるかわからない状態が続いており、公式フォーラムなどを中心にユーザーからは不満が漏れ聞こえる状態が続いていました。今回の騒動はキー要素の誤記載に関わらず、ユーザー数の多いSteamにて配信が開始されたために発生したと言えそうです。

※1: 新アップデートにて同一キャラクターのリスポーン時間が1時間から4時間に延長された。50GC(リアルマネー)を支払うことでキャラを即座に復活できるが、そもそもキャラスキルが実装されておらず引継ぎの意味がほぼ無いので、新キャラクターを作れば代金を支払うことなく即座にプレイは可能
(ソース&イメージ: Kotaku , Destructoid)

【関連記事】
ゾンビサバイバルMMO『The War Z』のSteam配信が開始
ゾンビサバイバルMMO『The War Z』がベータ段階に移行、マップエリアも拡大
ソーシャル要素とFPS要素を融合させたゾンビサバイバルホラー『The War Z』α版プレイレポ
新たなパッケージの販売やSteamでの配信など『The War Z』最新情報が公開
β実施の迫る『The War Z』のコンテンツ開放とアップデート詳細が発表
《ishigenn》

PC アクセスランキング

  1. 名作シューティングゲーム『式神の城』6月中旬にSteamで発売決定

    名作シューティングゲーム『式神の城』6月中旬にSteamで発売決定

  2. バトルロイヤルゲーム『PUBG』Month 2アップデートのパッチノート公開!―近日配信予定

    バトルロイヤルゲーム『PUBG』Month 2アップデートのパッチノート公開!―近日配信予定

  3. 硬派RPG続編『Divinity: Original Sin 2』正式リリース日が9月中旬に決定

    硬派RPG続編『Divinity: Original Sin 2』正式リリース日が9月中旬に決定

  4. SF本格ダンジョンRPG『StarCrawlers』Steam正式配信開始!

  5. 『PUBG』新型バイク映像―空中制御追加で大回転スタントも!

  6. 『PUBG』新パッチ予告映像、エイム挙動のズレが修正へ

  7. 『PUBG』追加武器はロシア製狙撃銃「VSS」!治療モーションも

  8. 【特集】今からはじめる『PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS』初心者ガイド&プレイレポ

  9. 初期『GTA』思わせる見下ろしシューター『Geneshift』が早期アクセス開始!

  10. 1ドルで4,000超の実績を解除できる『Running Through Russia』Steamで配信

アクセスランキングをもっと見る

page top