2012*年末企画 あぁ、あの頃君は若かった!『海外クリエイターの昔と今』 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

2012*年末企画 あぁ、あの頃君は若かった!『海外クリエイターの昔と今』

本記事では長年ゲーム業界に携わっている海外クリエイターの昔と今をご紹介します。日本でも名前が知られていて比較的メディアへの露出が多い10人を厳選し、彼らの過去の写真を探してみました。ある程度年代順に並べてあるので歳を経るごとの変化がわかるかと思います(

ニュース 最新ニュース

本記事では長年ゲーム業界に携わっている海外クリエイターの昔と今をご紹介します。日本でも名前が知られていて比較的メディアへの露出が多い10人を厳選し、彼らの過去の写真を探してみました。ある程度年代順に並べてあるので歳を経るごとの変化がわかるかと思います(撮影年がわかっているものに関しては年号が入れてあります)。



アレクセイ・パジトノフ
Alexey Pajitnov

アレクセイ・パジトノフ氏は世界中で大ヒットした『テトリス』の作者として知られています。当時彼はソビエト政府の一員であったため特許がとれず、アメリカに渡ってザ・テトリス・カンパニーを立ち上げました。1996年にはMicrosoftに入社し『Hexic』など幾つかのパズルゲームを手がけています(2005年退社)。現在56歳。

代表作
  • 『テトリス』(1984)
  • 『ウェルトリス』(1989)
  • 『ハットリス』(1990)
  • 『Hexic』(2003)




ピーター・モリニュー
Peter molyneux

『ポピュラス』によって“ゴッドゲーム”のジャンルを定義付けた鬼才ピーター・モリニュー氏。彼の数々の功績はフランス政府から芸術文化勲章のシュヴァリエを授与されるほど。今は彼の代表作である『ポピュラス』の再構築とも言える新作『GODUS』の開発に精を出しています。現在53歳。

代表作
  • 『ポピュラス』(1989)
  • 『シンジケート』(1993)
  • 『テーマパーク』(1994)
  • 『ダンジョンキーパー』(1997)
  • 『Fable』シリーズ




シド・メイヤー
Sid Meier

シド・メイヤー氏は“シミュレーションゲームの父”という異名を持っており、『Civilization』シリーズや『Railroad Tycoon』など彼が大きく関わった作品には“Sid Meier's”と冠がつけられています。現在58歳。

代表作
  • 『Railroad Tycoon』シリーズ
  • 『Civilization』シリーズ




ウィル・ライト
Will Wright

『シムシティ』を始めとするシムシリーズでお馴染みウィル・ライト氏。彼の独創的な発想はゲームデザインだけでは無いようで、自作のロボットで戦う大会“Robot Wars”に出場した際は相手ロボットをテープでぐるぐる巻きにしてしまうという技を披露しています(ちなみにこの技は後に禁止された)。現在52歳。

代表作
  • 『バンゲリングベイ』(1984)
  • 『シムシティ』シリーズ
  • 『Spore』シリーズ
  • 『ザ・シムズ』シリーズ




ジョン・カーマック
John Carmack

FPSの生みの親とも言われる凄腕プログラマーのジョン・カーマック氏。ゲームエンジンのライセンスビジネスの先駆けでもあり(加えてModという概念も)、彼がいなければ今日のゲームの多くは存在しなかったかもしれません。現在42歳。

代表作
  • 『Wolfenstein 3D』(1992)
  • 『Doom』シリーズ
  • 『Quake』シリーズ
  • 『Return to Castle Wolfenstein』(2001)




クリフ・ブレジンスキー
Cliff Bleszinski

Cliffy Bの愛称で知られるクリフ・ブレジンスキー氏。代表作『Gears of War』ではアサルトライフルとチェーンソウを組み合わせるという奇抜な発想を見せています。なかなかの目立ちたがり屋で露出も多め。現在37歳。

代表作
  • 『Unreal』(1998)
  • 『Unreal Tournament』シリーズ
  • 『Gears of War』シリーズ




リチャード・ギャリオット
Richard Garriott

RPGの元祖『Ultima』シリーズの世界では“ロード・ブリティッシュ”として名を馳せたリチャード・ギャリオット氏。中世ファンタジーの『Ultima』にSF要素を取り入れるほどの宇宙好きで、2008年にはなんと宇宙旅行をも実現させています(なお父親も宇宙飛行士であり、アメリカでは2代続けて宇宙に行った初の親子となった)。現在51歳。

代表作
  • 『Ultima』シリーズ
  • 『Lineage』シリーズ
  • 『City of Heroes』(2004)
  • 『City of Villains』(2005)
  • 『Tabula Rasa』(2007)




ジョーダン・メックナー
Jordan Mechner

先日には代表作の1つである『カラテカ』のリメイク版をリリースしたジョーダン・メックナー氏。彼の作品は非常に滑らかなアニメーションが特徴的でしたが、これは実際の人間の動きをカメラで撮影し、それをトレースするという手法が用いられています。『プリンス・オブ・ペルシャ』制作の際は、彼の弟であるデビッド・メックナー氏がモデルとなりました。ジョーダン・メックナー氏は現在48歳。

代表作
  • 『カラテカ』(1984)
  • 『プリンス・オブ・ペルシャ』シリーズ




ジョン・ロメロ
John Romero

id Software在籍時には前述のジョン・カーマック氏と共にFPSの名作を手がけたジョン・ロメロ氏。かなり自己主張が強い方のようで、id Softwareを飛び出した後は伝説のクs…『大刀』を手がけ色々な意味で大きな話題を呼びました。現在45歳。

代表作
  • 『Doom』シリーズ
  • 『Wolfenstein 3D』(1994)
  • 『Quake』(1996)
  • 『大刀』(2000)




ゲイブ・ニューウェル
Gabe Newell

厳密にはゲームクリエイターではありませんが、この企画では外せないゲイブ・ニューウェル氏。非常に高い先見の明を持っており、SteamによってPCゲームのデジタル販売という一大市場を開拓しました。そんな事より『Half-Life 2: Episode Three』/『Half-Life 3』を早くお願いします。現在50歳。

代表作
  • Steam




いかがでしたでしょうか。あまり変わらない人もいれば大きく変わっている人も…。容姿の変化で彼らの経験が感じられたのではないでしょうか。最後までお付き合いいただきありがとうございました!

こちらもチェック! 2012*年末企画記事一覧
『2013年期待の新作』TOP50
『大作に隠れた良作ゲーム』TOP10
時代と共に変わる『人気ゲームキャラクター達の進化図』
『メタスコアで見る今年の残念ゲー』TOP20
『Game*Sparkスタッフが今年最も遊んだゲーム』TOP5
『凄く遊べる原作物キャラクターゲーム』TOP5
『海外で最も評価された国産ゲーム』TOP20
『ランキングネタ・TOP10系記事』TOP10
『ゲーム創作コンテスト』結果発表!
忍耐!『Valveタイムひとまとめ』
『あなたがきっと知らないゲームトリビア』50選
海外で密かにブームを見せる都市伝説ゲーム『スレンダーマン』特集
『厳選!海外セクシーゲームコスプレ写真集』30ショット+オマケ
『十年以上の時を経て今年再始動した名作』5選
『最もたくさん読まれた記事』TOP10

【関連記事】
Valve創設者Gabe Newell氏がAIASの“Hall of Fame”に殿堂入り
「計画はある」FPSの生みの親John Romero氏がジャンル復帰についてコメント
John Carmack氏が『RAGE』のModツール近日公開を示唆
約20年の時を経て発見された初代『Prince of Persia』のソースコードが公開
『Spore』の生みの親ウィル・ライト氏の愛する5つのゲームとは?
Cliffy Bが新スタジオ設立を視野に。『BlueStreak』なる新アイデアも
ピーター・モリニュー氏がMicrosoft退社の理由を説明
《RIKUSYO》

ニュース アクセスランキング

  1. Co-opゾンビシューター『World War Z』発売初週に100万本セールス達成!

    Co-opゾンビシューター『World War Z』発売初週に100万本セールス達成!

  2. スクウェア・エニックス、「E3 2019」のプレスカンファレンス日程を発表

    スクウェア・エニックス、「E3 2019」のプレスカンファレンス日程を発表

  3. 『SEKIRO』アップデートver1.03が4月23日配信―攻略の多様性向上&不具合など修正

    『SEKIRO』アップデートver1.03が4月23日配信―攻略の多様性向上&不具合など修正

  4. ユービーアイソフト、ノートルダム大聖堂再建への寄付とPC版『アサクリ ユニティ』1週間限定無料配布を告知

  5. 『P5R』こと『ペルソナ5 ザ・ロイヤル』PS4向けに正式発表―謎の女性キャラが登場するティーザー映像も

  6. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  7. 中国ゲーム審査のプロセスが変更に―死体や血溜まりへの表現規制も明示化

  8. 『スマブラSP』新参戦「ジョーカー」は"アルセーヌ"を召喚―テトラカーンなどで華麗に反撃、最後の切りふだも判明

  9. インドで禁止令が出ている『PUBG MOBILE』をプレイしたため、少なくとも16人が逮捕

  10. 疫病と戦うサバイバルスリラー『Pathologic 2』正式発表!―主人公に残された時間は12日間…

アクセスランキングをもっと見る

1
page top