Ken Levine氏が映画版『BioShock』を中止した理由について語る、ウォッチメンの影響も | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Ken Levine氏が映画版『BioShock』を中止した理由について語る、ウォッチメンの影響も

『BioShock』シリーズのプロデューサーとして知られるKen Levine氏がBAFTA(英国アカデミー賞)に登場し、過去に何度か中止と再始動が伝えられた映画版『BioShock』を自ら“殺した”理由を語りました。

ニュース 最新ニュース
2007年に初代ゲームが発売されその翌年にUniversal Picturesが映画化権をスピード取得したことが発表された映画版『BioShock』。当初は『パイレーツ・オブ・カリビアン』のGore Verbinski監督、次いで『28日後…』のJuan Carlos Fresnadillo監督らが製作に乗り出していましたが、2人とも相次いで降板し、映画版『BioShock』は保留状態となっているのが現状です。

そんな中、『BioShock』シリーズのプロデューサーとして知られるKen Levine氏がBAFTA(英国アカデミー賞)に登場し、映画版『BioShock』を自ら中止した理由を語りました。

Levine氏によれば、映画版『BioShock』は当初“非常にダークな超大作映画”として実際にVerbinski監督のもと製作が進められていたそうで、多くの血が流れるRレーティング(米国では17歳以上)の作品となる予定だったそうです。しかし2008年に映画『ウォッチメン』が公開され、状況が変わったとLevine氏は説明します。

「個人的に『ウォッチメン』(※)は本当に好きだったんだが、何故か上手くいかなくて、スタジオは2億ドルのR指定映画を作ることに逃げ腰になってしまった。そしてスタジオは8千万ドルで映画を作ってはどうだろうかと言ってきたんだ。Goreは8千万ドルで映画を作りたがらなかった」

※「誰が見張りを見張るのか?」で知られるアメコミ『ウォッチメン』を題材にした映画。政治的歴史とサスペンスが絡むR指定映画の傑作。2009年に公開され興行収入1億ドルを突破したものの、その制作費も1億ドル級と非常に高額だった。

その後、Verbinski監督が降板し別のディレクターが映画版『BioShock』を監督しにやって来たものの相応しくない。Take-Twoより「もし終わらせたい(kill it)なら終わらしてくれ」とも伝えられ、Levine氏は映画の中止を決定したとのこと。ただし昨年5月には同氏の口より映画版『BioShock』が現在も水面下で進行中であることが伝えられており、資金と人材さえ揃えば今後も再始動する可能性は残っているところとなっています。
(ソース: IGN , Eurogamer)

【関連記事】
ゲーム最新作をベースにした映画版『Tomb Raider』のリブートが決定
映画版『Deus Ex』は「ゲーム映画」ではなく「サイバーパンク映画」になる−C. Robert Cargill
J・J・エイブラムス監督とValveがコラボ、『Half-Life』関連映画や新作ゲームを共作へ
映画版『Assassin's Creed』の脚本家が英国人劇作家のMichael Lesslie氏に決定
ハリウッド映画版『ワンダと巨像』の脚本は『ハンナ』のSeth Lochhead氏が担当
《ishigenn》

ニュース アクセスランキング

  1. 名作ハクスラ『Diablo II』リメイク版の開発進行中?―Bloomberg報じる

    名作ハクスラ『Diablo II』リメイク版の開発進行中?―Bloomberg報じる

  2. あの手この手で商品を国境外に運び出せ!密輸業者シム『Smuggler Simulator』2023年登場予定

    あの手この手で商品を国境外に運び出せ!密輸業者シム『Smuggler Simulator』2023年登場予定

  3. コーエーテクモ、2020年第3四半期に過去最高の売上高・利益の達成を報告―『ゼルダ無双』のヒットやモバイルタイトルの好調が要因

    コーエーテクモ、2020年第3四半期に過去最高の売上高・利益の達成を報告―『ゼルダ無双』のヒットやモバイルタイトルの好調が要因

  4. 週末セール情報ひとまとめ『DEATH STRANDING』『バイオハザードRE:3』『Kenshi』『ニーア オートマタ』他

  5. 『サイバーパンク2077』は過去最大のデジタルローンチとなったことが明らかに―返金対応は実質的に影響せず

  6. Epic Gamesストアにて23世紀の宇宙が舞台のSFターン制4Xストラテジー『Galactic Civilizations III』期間限定無料配信開始

  7. 5つ目の情報公開は2021年に―プラチナゲームズがティザーサイト「Platinum 4」を更新

  8. 発売20周年を記念した「クロノ・クロスライブ」ファイナル公演収録のBlu-ray4月14日に発売決定―予約受付開始

  9. 2021年Steam旧正月セールは現地時間2月11日から15日?―非公式データベースサイトが予告

  10. ゲーム販売地域制限のEU独禁法違反問題に関してカプコンとバンダイナムコが欧州委員会との和解を発表

アクセスランキングをもっと見る

page top