3D Realmsの迷作が復活へ、ニンジャが主役のエセ和風FPS『Shadow Warrior』の最新作が正式発表 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

3D Realmsの迷作が復活へ、ニンジャが主役のエセ和風FPS『Shadow Warrior』の最新作が正式発表

ニュース 最新ニュース


『Duke Nukem』シリーズの開発として知られる3D Realmsが1997年に開発リリースし、ニンジャが主役のエセ和風FPSとして一部ファンの間で話題となった『Shadow Warrior』ですが、なんとそのシリーズ最新作がオールドスクールFPS『Hard Reset』の開発で知られるFlying Wild Hogより正式発表されました。

1997年にリリースされた『Shadow Warrior』は、暗殺マスター”Shadow Warrior”の称号を持つニンジャLo Wangが、自身の雇い主である企業Zilla Enterpriseの社長でありダークサイドパワーを利用するMaster Zillaが企てた日本支配計画を阻止するというFPSタイトル。主人公の名前やゲームの舞台が明らかに中国風となっており、そのエセジャパンワールドが魅力の1つとなっています。

1997年発売『Shadow Warrior』

新作『Sadow Warrior』では、『Hotline Miami』のパブリッシングで知られるDevolver Digitalがパブリッシャーを担当する予定。Devolver Digitalは昨日、Blade Analyzer Proなる刀剣スキャンソフトをSteam Greenlightに登録し、作成者名を前作『Shadow Warrior』内に登場する企業Zilla Enterprisesにするなど、『Shadow Warrior』関連でなんらかの動きがあることを示唆していました。

Blade Analyzer Proの映像

発表と共にオープンされたオフィシャルサイトでは新作『Shadow Warrior』のロゴと共に、ニンジャに切り捨てられたらしいキャラクターの姿も確認することができます。今後も続報に期待しておきましょう。
(ソース: Facebook@Flying Wild Hog)

【関連記事】
新要素を追加したリテール版『Hard Reset: Extended Edition』が発表!
様々な武器やモンスターを紹介!『Hard Reset』最新トレイラー
DRMに関する情報も!サイバーパンクFPS『Hard Reset』のデモが配信開始
『Hard Reset』が27ドルで予約開始、動作環境も明らかに!
サイバーパンクな7分間!『Hard Reset』ゲームプレイ映像
《ishigenn》

ニュース アクセスランキング

  1. インディーヒット作『Downwell』を手掛けたもっぴん氏が任天堂に入社

    インディーヒット作『Downwell』を手掛けたもっぴん氏が任天堂に入社

  2. 噂: Steam“旧正月セール”が2年ぶりに復活か―非公式DBらが報告

    噂: Steam“旧正月セール”が2年ぶりに復活か―非公式DBらが報告

  3. Wargamingが『World of Tanks VR』電撃発表!VR市場に本格進出

    Wargamingが『World of Tanks VR』電撃発表!VR市場に本格進出

  4. 新生『ゴッド・オブ・ウォー』国内発売日が4月20日に決定―クレイトスの新たな旅が始まる

  5. 『PUBG』開発元がチャリティーイベントに合計200万ドルを寄付予定、日本円にして約2億円

  6. Bethesdaのトッド・ハワード氏がNew York Videogame Awards「Legend Award」受賞!

  7. ゲームクリエイター・中裕司氏がスクエニに入社―これまで通りゲーム開発に従事

  8. 400人バトルロイヤルも可能な新作シューターの初映像が2月にお披露目!

  9. 海外版『魂斗羅』など多数のゲームパッケージイラストを手がけたBob Wakelin氏が死去

  10. 『Crackdown 3』にも携わるクラウド技術会社をEpic Gamesが完全子会社化

アクセスランキングをもっと見る

page top