『Call of Duty: Ghosts』の“次世代エンジン”は新規エンジンでは無く過去のエンジンを改良したものに | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Call of Duty: Ghosts』の“次世代エンジン”は新規エンジンでは無く過去のエンジンを改良したものに

昨日のXbox Revealイベントでは大取りをつとめ最新のトレイラーも披露された『Call of Duty: Ghosts』。同作の特徴の1つとして新たな次世代エンジンが搭載されることがActivisionなどより伝えられてきましたが、Infinity WardのアニメーションリードZech Volker氏が、こ

PC Windows

昨日のXbox Revealイベントでは大取りをつとめ最新のトレイラーも披露された『Call of Duty: Ghosts』。同作の特徴の1つとして新たな次世代エンジンが搭載されることがActivisionなどより伝えられてきましたが、Infinity WardのアニメーションリードZech Volker氏が、この次世代エンジンが新規エンジンでは無く過去のエンジンをアップグレードしたものであることを明らかにしました。

Volker氏は海外メディアOPM UKに対し、我々が新たなエンジンとして話しているのは、過去のエンジンからアップグレードさせた重要なシステムについてだと説明。ゲームを2年間のサイクルにてリリースしていく中、一から新規エンジンを作るには200人のエンジニア部隊が必要であり、Infinity Wardが新規エンジンをつくり上げることは不可能だったと説明しています。

ただし一方で今回の“次世代エンジン”では、CoDシリーズの特徴である60FPSを維持しつつ平面テクスチャを立体的にするディスプレイスメントマッピングや、ポリゴン数を増加させることによりエッジをより滑らかに描写する新機能“SubD”などを実現していることが伝えられています。

なおInfinity Wardはid Softwareのid Tech 3 Engineから改造したInfinity Ward Engineを代々『Call of Duty』シリーズの作品にて採用しており、『CoD: Monder Warfare 3』では調整されたIW4.0エンジンが利用されてきました。インタビュー中にてVolker氏は、使用するエンジンはQuake Engine(恐らく『Quake III Arena』でも使用されたid Tech 3を指しているとおもわれる)をベースにしていると答え、自身が居ない時代から我々は幾つもの新規エンジンを完成させオーバーホールしてきたと語っています。
(ソース: OPM UK)
《ishigenn》

PC アクセスランキング

  1. 期待の現代戦FPS『World War 3』Steam早期アクセス開始!―バトルロイヤルモードも

    期待の現代戦FPS『World War 3』Steam早期アクセス開始!―バトルロイヤルモードも

  2. 大規模な戦争が楽しめるサンドボックスRTS『Veil of Crows』Steamにて正式配信開始!

    大規模な戦争が楽しめるサンドボックスRTS『Veil of Crows』Steamにて正式配信開始!

  3. 『Retro City Rampage』続編『Shakedown: Hawaii』新トレイラー!発売時期は2019年Q1に

    『Retro City Rampage』続編『Shakedown: Hawaii』新トレイラー!発売時期は2019年Q1に

  4. 戦術ロボシューター『Blazing Core』早期アクセス開始! チームワーク重視の迫力バトル

  5. 『Warframe』新オープンワールドエリア「フォーチュナー」11月にPC実装!

  6. 『タワー オブ アイオン』×「メイドインアビス」コラボが発表―10月10日のメンテナンス後から開始

  7. カートゥーン風横スク『Cuphead』遂にMac版配信開始!ローンチアニメ映像も公開

  8. 料理をしなくても良い本格料理シム『Cooking Simulator』配信日決定!

  9. F2Pチーム対戦FPS『Dirty Bomb』開発終了―サーバーは継続し「All Merc Pack」ユーザーへは返金も

  10. 『The Red Strings Club』開発元が新作短編ゲーム『11:45 A Vivid Life』を制作中

アクセスランキングをもっと見る

page top