最強の“ソロプレイMMORPG”が満を持して正真正銘のMMORPGに!? 『The Elder Scrolls Online』デモハンズオンインプレッション | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

最強の“ソロプレイMMORPG”が満を持して正真正銘のMMORPGに!? 『The Elder Scrolls Online』デモハンズオンインプレッション

ゼニマックス・オンライン・スタジオが開発中で、先日クロースドβテストが開始されたMMORPG『 The Elder Scrolls Online 』(TES Online)。グループ会社のベセスダ・ゲームスタジオが開発する『The Elder Scrolls』(TES)シリーズと同じ世界観を持つ、ガチンコ・ファ

PC Windows

ゼニマックス・オンライン・スタジオが開発中で、先日クロースドβテストが開始されたMMORPG『The Elder Scrolls Online』(TES Online)。グループ会社のベセスダ・ゲームスタジオが開発する『The Elder Scrolls』(TES)シリーズと同じ世界観を持つ、ガチンコ・ファンタジーRPGです。『ワールド・オブ・ウォークラフト』の一強皆弱状態が続く中、あの『オブリビオン』『スカイリム』などと同じ雰囲気でプレイできるMMORPGとあって、大きな注目を集めています。

はじめに、改めて両者の関係を整理しておきましょう。TES OnlineとTESは同じグループの別子会社が開発していることもあり、世界観設定などは共通ですが、基本的には独立した存在です。ゲームワールドも『TES』と同じタムリエル大陸ですが、時代は1000年前という「フリーハンド」な状態。大陸の中央には大きくデイドラの王子、モラグ・バルが支配する領域コールドハーバーが存在し、三方に「Aldmeri Dominion」「Daggerfall Covenant」「Ebonheart」という3勢力がしのぎをけずっています。プレイヤーはこのうちいずれかを選び、互いに覇権を競いながら、ゲームを進めていきます。


もともとTESはシリーズ最新作『スカイリム』は業界で「最強のソロプレイMMORPG」という高い評価を得ており、国内でも『オブリビオン』『スカイリム』を通して数多くのファンを獲得してきました。その本作が満を持して正真正銘のMMORPGになった・・・そこで多くのユーザーが期待するのは「TESらしらが、どの程度維持されているのか」ということではないでしょうか。会場では「MMORPGは実際に遊んでみなければ、その評価が分からない」と、2時間弱のプレイ時間を用意。結論から言うと操作感覚やバトルなど、TESの感覚が非常によく再現されており、途中でMMORPGを遊んでいるのか、ソロプレイRPGを遊んでいるのか、見分けがつかなくなるほどでした。

デモプレイはPCごとにキャラクターがセットアップされた状態ではじまり、筆者はDaggerfall Covenantに所属するブレトンの僧侶でスタートさせました。すでに6レベルキャラクターとなっており、ある程度魔法も使用できるようになっています。移動はおなじみのWASDキーで、マウスで視点移動、左クリックで攻撃、右クリックで防御。アイテムや魔法はホットキーで発動させるという、オーソドックスな操作系を有しています。画面の右上には簡易マップとクエストログが表示されており、必要に応じてホットキーエリアが表示されるという、非常にシンプルなUI設計。Mキーを押すとマップが表示され、Iキーでイベントリが開くなど、MMORPGのファンならすぐにプレイできるでしょう。


とりあえず、最寄りのDaggerfall城に到着すると、黄色く縁取られた犬が近寄ってきました。クリックするとクエストが発生し、後を追いかけていくと城の外縁部にある湿地帯で男性が死んでいるのを発見。クリックすると何かの陰謀に巻き込まれたらしく、手がかりのメモが残されていました。メモの指示に従って街中の人々に話を聞いていくと、次第に王の暗殺計画があきらかになり・・・といった内容です。NPCとの会話はダイアログで表示され、選択肢を選んでいくおなじみのスタイル。基本的に一番上を選べばストーリーが進む親切設計となっていました。クエストの内容も常にクエストログに表示され、マップ上で要人などの場所が表示。さらに近くにいくと会うべきNPC、開けるべき扉などが常に黄色く縁取られており、サクサク進められました。

一方で街中を移動していると、赤く縁取られたNPCが登場し、いきなり攻撃をしかけてきました。どうやら本クエストに関係するアサシンたちのようです。このように戦闘と移動は『スカイリム』などと同じように、常にリアルタイムで進んでいきます。攻撃もオートバトルではなく、左クリックで攻撃するアクション性の高い作りで、これまた『スカイリム』感覚。中ボスクラスのアサシンには手こずりましたが、盾を装備して敵の特殊攻撃をガードすると、一定時間敵がふらつくことを発見。防御と攻撃と魔法を駆使しながら、なんとか撃退できました。ちなみに、この間に4-5回死んでいるのですが、死んだ場合は直近のセーブポイントで復活して再プレイ可能です。


クエストを進めていくと、どうやら城に続く秘密の地下道が存在し、そこから暗殺者が潜入しようとしている模様。城に入るとちょうど暗殺者が王を襲撃しようとしているところでした。守備兵らと一緒に暗殺者を撃退すると、クエストがクリアとなり、ご褒美として攻撃力の高い剣をいただきました。以後も同様にクエストを受けたり、自由に世界を歩き回ったりしながらゲームをプレイしていくことができます。複数のクエストを同時に受けて、好きなように進めることも可能。クエストだけをクリアしながらソロプレイ感覚でゲームを進めても、十分に楽しめるとのことです。

一方でMMORPGらしく、見わたせば街中やフィールド上にプレイヤーキャラクターの姿もちらほら。彼らと協力して同じモンスターを狩ることも可能です。魔法や近接戦闘などを実施すればするほど、該当スキルが成長していくシステムも踏襲されています。一方でTESでは街中のNPCを任意に切りつけたり、殺害後に身ぐるみをはぐこともできましたが、TES Onlineではできない模様でした。NPCへの攻撃はカウントされず、戦闘後も所持金やアイテムを奪う程度に留められています。またインタビューでも触れられていますが、プレイヤーキャラクターへの攻撃も専用のRvR(Realm VS Realm、勢力間抗争)エリアでしかできない仕組みとなっています。


というわけでTESファンなら、かなり近い感覚でプレイできるTES Online。残念ながらプレイヤー間でのチャットなど、ソーシャル要素をためす余裕はありませんでしたが、思った以上に「遊び込める」内容になっています。

【関連記事】
Black Marshに生息するドラゴンWamasuを紹介する『TES Online』最新トレイラー
アイテム収集と探索にスポットを当てた『The Elder Scrolls Online』最新トレイラー、釣りやロックピックの映像も
デイドラ王子モラグ・バルの支配する領域を描く『The Elder Scrolls Online』の最新トレイラーが公開
キャラメイクも収録した約20分間にわたる『The Elder Scrolls Online』の高画質ゲームプレイ映像【UPDATE】
壮大な世界を予感させる『The Elder Scrolls Online』最新スクリーンショット
BethesdaのMMO『The Elder Scrolls Online』の第1弾βテスト当選者に招待メールが配信開始
『The Elder Scrolls Online』の最新ディテールが一挙解禁、一人称視点モードの実装も判明
『The Elder Scrolls Online』第1弾βの当選者は今月末に発表へ、クライアントはなんと20GBに
《ひよこ*Spark》

特集

PC アクセスランキング

  1. Blizzard『オーバーウォッチ』のサードパーティ製のデータトラッキングツールに警告

    Blizzard『オーバーウォッチ』のサードパーティ製のデータトラッキングツールに警告

  2. アクロバットに吠えろ!『Max Payne』風FPS『Maximum Action』早期アクセスが開始

    アクロバットに吠えろ!『Max Payne』風FPS『Maximum Action』早期アクセスが開始

  3. 『オーバーウォッチ』トールビョーンのアビリティが一部変更に―その他ヒーローの調整も予定

    『オーバーウォッチ』トールビョーンのアビリティが一部変更に―その他ヒーローの調整も予定

  4. 現代戦FPS新作『World War 3』の早期アクセス開始日が決定!価格も明らかに

  5. DMM版『Identity V』プレイレポ!PCで遊ぶ『第五人格』はどう変化した?【TGS2018】

  6. 最恐ホラー『Amnesia: The Dark Descent』に「ハードモード」が近日登場!

  7. 『Dead by Daylight』2周年記念イベント&キャンペーン!ー久々のBP2倍期間もアナウンス

  8. スマホアプリがPCで遊べる『BlueStacks 4』正式版、配信開始―「より軽く、より速く」を実現!

  9. 『Dead by Daylight』待望の日本テーマDLC「断絶した血脈」配信開始―1週間無料体験と50%オフセールも同時開催

  10. 『PUBG』テストサーバーにリージョンロックを導入―ランクシステムも実装

アクセスランキングをもっと見る

page top