PS4『Basement Crawl』は『ボンバーマン』『Spy vs. Spy』から着想を得た迷路ベースの2.5Dアクションに | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

PS4『Basement Crawl』は『ボンバーマン』『Spy vs. Spy』から着想を得た迷路ベースの2.5Dアクションに

今年6月に発表された、ポーランドのデベロッパーBloober Teamが開発するPlayStation 4向けタイトル『 Basement Crawl 』の幾つかのディテールが海外サイトIGNにて伝えられています。僅かながらも本作のゲームの方向性が明らかとなっています。

ニュース 最新ニュース

今年6月に発表された、ポーランドのデベロッパーBloober Teamが開発するPlayStation 4向けタイトル『Basement Crawl』の幾つかのディテールが海外サイトIGNにて伝えられています。僅かながらも本作のゲームの方向性が明らかとなっています。

  • 『ボンバーマン』及び『Spy vs. Spy』から着想を得ている。

  • 迷路ベースのアクションゲーム。

  • 目的は他のプレイヤーを倒す事。

  • 様々なマップを駆けまわり、他のプレイヤーを罠にかけて捕まえ、傷つけ、排除しなければならない。

  • 2.5D。

  • レベリングあるいはプログレッションシステムを持っているかもしれない。

  • 完全なるスキルベース。

  • ハードコアプレイヤーに焦点を当てている。

  • 最初は4つのキャラクタークラスから選択。

  • それぞれ独自のスキル、長所、弱点(各キャラクターに対して丁寧にバランスが取られている)を持っている。

  • 4人までのローカルプレイ、8人までのオンラインプレイに対応。

  • ローンチウィンドウゲーム。

現時点で実際のゲーム画面は見る事はできませんが、以前公開された“一輪車に乗ったピエロ”に続く更に不気味なキャラクターアートが2枚公開されています。
(ソース: IGN via Gaming Everything)

【関連記事】
ポーランドのデベロッパーBloober TeamがPS4のローンチタイトルとなる『Basement Crawl』を発表
iOSリメイク版『Spy vs Spy』がApp storeにて配信開始
《RIKUSYO》

ニュース アクセスランキング

  1. 正式発表から約5年…『Dead Island 2』は現在も開発中―THQ Nordicが言及

    正式発表から約5年…『Dead Island 2』は現在も開発中―THQ Nordicが言及

  2. 『荒野行動』のNetEase、『PUBG』との和解成立について正式コメント

    『荒野行動』のNetEase、『PUBG』との和解成立について正式コメント

  3. Steamが新たな試み「2019年4月の新作売上トップ20本」を掲載―大麻経営『Weedcraft Inc』など

    Steamが新たな試み「2019年4月の新作売上トップ20本」を掲載―大麻経営『Weedcraft Inc』など

  4. 『サムライスピリッツ』新キャラ「鞍馬夜叉丸」紹介映像―仮面を外すことで戦い方も変化

  5. 『サイバーパンク2077』E3でのプレイアブルデモの出展は無し―開発者によるプレイを披露へ

  6. 戦術ケモノADV『Mutant Year Zero: Road to Eden』拡張「Seed of Evil」が7月30日に発売!

  7. Steamサマーセールの実施日が判明か―非公式データベースサイトが報告

  8. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  9. 三国志ストラテジー『Total War: THREE KINGDOMS』発売後の計画が明らかに―DLCやMod対応について

  10. 銀河の歴史がまた1ページ『EVE Online』で起きた史上最大の宇宙艦隊戦を収録した映像やショットが登場

アクセスランキングをもっと見る

1
page top