『The Last of Us』の最新アップデートで新規マルチプレイヤー“尋問”モードが追加、幾つかの修正も | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『The Last of Us』の最新アップデートで新規マルチプレイヤー“尋問”モードが追加、幾つかの修正も

ニュース 最新ニュース



現在“資源争奪戦”と“生き残り戦”、2種類のマルチプレイヤーモードが用意されているNaughty Dog最新作『The Last of Us』ですが、新たな無料アップデート1.03にて新規モード“尋問(Interrogation)“が追加されたことが公式PlayStation.Blogにて発表されました。

“尋問”は4vs4に別れ相手勢力の金庫から資源を略奪するというモード。同モードではプレイヤーは近くに居る敵を三角ボタンを押すことで尋問するかダウン状態にすることが可能で、5人の敵を尋問し終えると敵勢力の金庫の位置を特定することが可能となります。チームは敵勢力に自身の金庫を開けられないようにしつつ、先に敵勢力の金庫を開き資源を手に入れなければなりません。

また今回のアップデート1.03では、尋問モードの追加とシングルプレイヤーのメニューから閲覧できる一部ムービーの修正に加え、マルチプレイヤーモードにて以下のような変更が加えられています。

  • 蘇生できる範囲が僅かに上昇(約1メートル)。チームメイトが蘇生している際に範囲から抜け出てしまうことは滅多に起こらなくなった
  • プレイヤーは敵が処刑や尋問行為でフィニッシュするのを阻止し、敵に部品を与えないようにすることが可能となった。今まで通り倒されたプレイヤーは死亡するが、処刑と尋問を阻止することで敵チームが部品を獲得するのを防ぐことができる
  • マッチメイキングに関するアップデート: プレイヤーがより自身の経験レベル周辺のプレイヤーとマッチされ、チームメイトも更に平等に分けられるようになった
  • マップ大学、高校、湖畔地帯、ダウンタウンにおけるアイテムの隠し場所が調整
  • スタート時のカメラが調整、ほぼプレイヤーを確認できるようになった
  • アイテムの隠し場所への支給が調整、追加アイテムはより平等に与えられるようになった
  • 生き残り戦と尋問モードで勝利した際に、勝敗ラウンド数によって追加のボーナス部品を入手することができるようになった。ボーナス部品は4-0、4-1、4-2、4-3と、敗北したラウンド数によって段階的に変化する
《ishigenn》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 12 件

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 元『BioShock』開発者のホラー『Perception』配信日が5月に決定

    元『BioShock』開発者のホラー『Perception』配信日が5月に決定

  2. ソニー2016年度連結業績―PS4は2,000万台到達―ゲームは大幅増収増益

    ソニー2016年度連結業績―PS4は2,000万台到達―ゲームは大幅増収増益

  3. PS4版『レインボーシックス シージ』公認大会新シーズンが5月開始!

    PS4版『レインボーシックス シージ』公認大会新シーズンが5月開始!

  4. 「A 5th of BitSummit」ゲームフリーク開発者ら登壇!公式サイトもリニューアル

  5. 噂: 「ミニスーパーファミコン」がクリスマスに海外発売か

  6. 噂: 韓国審査機関に『ロックマン クラシックス コレクション 2』登録

  7. PS4版『コール オブ デューティ ワールドウォーII』国内発売日決定!字幕トレイラーも

  8. 『レインボーシックス シージ』Glazが強化!大型調整パッチノート

  9. 『バイオハザード7』クリス描くDLC「Not A Hero」が配信延期

  10. 銀河の歴史がまた1ページ『EVE Online』で起きた史上最大の宇宙艦隊戦を収録した映像やショットが登場

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top