最高の環境下で学生たちのゲーミングキャンプが開催!「Red Bull Gaming U」の熱い2日間をレポート | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

最高の環境下で学生たちのゲーミングキャンプが開催!「Red Bull Gaming U」の熱い2日間をレポート

台風が日本列島に接近中と騒がれている中、我々は国立大学法人電気通信大学に集まった。これから開催されるのは、「Red Bull Gaming U」。これはレッドブル・ジャパンが昨年より開催している、日本一を決めるゲームトーナメント「Red Bull 5G」のスピンオフ企画だ。

家庭用ゲーム Xbox360
ガイダンスをする松井悠氏
  • ガイダンスをする松井悠氏
  • 自己紹介代わりにアイスブレイクも行われた
  • 1日目の最後にはBBQも
  • 「Team Alpha」harsh on、taisadesuyo、RSDessin、わらびりてぃ
  • 「Team Bravo」てろてろ、koudai5511、C masie 9、abebe1128
  • 「Team Charlie」filipjoo、oyamax、Skorpion_Vz61、ザリガニ
  • 講師を務めたVEXATION
  • コールアウト表を見ながら、ステージ内の呼称名を確認
台風が日本列島に接近中と騒がれている中、我々は国立大学法人電気通信大学に集まった。これから開催されるのは、「Red Bull Gaming U」。これはレッドブル・ジャパンが昨年より開催している、日本一を決めるゲームトーナメント「Red Bull 5G」のスピンオフ企画であり、8月31日から9月1日までの2日間行われた。

「Red Bull 5G」は年に一度行われるゲームトーナメントで、日本のゲーミング界に翼をさずけることを目的とした、5ゲーム5ジャンルにおける、ゲームプレーヤー日本一を決める東西対抗ゲームトーナメントだ。10月のオンライン予選、11月の東京・大阪オフライン予選を勝ち上がった各ジャンルのトッププレーヤーが、12月に行われる「Red Bull 5G Finals」に集結し、東軍と西軍に分かれた団体戦形式で激突する。

そして、このスピンオフ企画「Red Bull Gaming U」は、「Red Bull 5G 2013」のFPSジャンルの種目でもある『Halo 4』を、同作の個人戦・チーム戦日本一のプレイヤー「VEXATION」選手とともに学び、戦う1泊2日のキャンプイベントである。多数の応募の中から選ばれた、12名の参加者が3チームに分かれて、ゲーミングセミナー、ミニトーナメントを通じて熱い2日間を過す。さらに優勝チームは、日本一を決めるゲームトーナメント「Red Bull 5G」オフィシャルサポーターとして、Red Bull 5G東予選・西予選への見学ツアーがプレゼントされるほか、12月15日に行われる「Red Bull 5G Finals」でのエキジビションマッチにも参加する。参加するのに必要なのは、「日本一のゲーマーになりたい!」という熱いハート。筆者も応募してみたところ、参加者として選ばれたため、この熱き2日間をレポートする。

■ガイダンス~チーム発表(1日目)
見ず知らずの、『HALO』プレイ暦も10年選手から未経験者まで幅広く集められた12名。まずは会場となる電気通信大学に移動した。その後、教室にてガイダンスを受けることとなった。「そもそもeスポーツとは?」「Red Bull 5Gって何?」といった話だ。担当したのは、「Red Bull 5G」のプロジェクトアドバイザーである松井悠氏。その後、チーム分けが発表された。チームは「上級者」「経験者」「未経験者」が均等になるように組まれ、筆者はTeam Bravoである。

■昼食(1日目)
ホテルだけではなく、食事も全てレッドブル・ジャパンが用意してくれるこのイベント。もちろんRed Bullは飲み放題だ。会場のいたるところにRed Bullが大量に入った冷蔵庫が設置されており、我々選手は自由に飲むことが出来た。ゆえに昼食の組み合わせは、幕の内弁当+Red Bullである。余談であるが、朝食も夕飯も2日目の朝昼飯もRed Bullである。

■ゲーミングセミナー(1日目)
案内された試合会場には、オクタゴン(八角形のリング)の中に鎮座するトライアングル状の4人対戦席が3面あるステージがあった。これは、「Red Bull Gaming U」のためだけに作られたセットで、海外のプロリーグで正式採用されている「Astro Gaming A40ヘッドセット」、数々のプロゲーマーを擁するRazer製のXbox 360専用コントローラー「Razer Sabertooth」、そしてヨーロッパの強豪チームFNATICの監修によって制作されたEIZOのゲーミングモニター「FORIS 2333」が設置されていた。そんな最高の環境でオーストラリアのプロチーム「Drakarys」に所属するVEXATION選手によるゲーミングセミナーが行われた。『HALO』未経験者もいるため、まずは歩き方から始める。その後、ジャンプや撃ち方、殴り方など一通りの操作方法をレクチャーしてもらった。

■練習~チームレクチャー(1日目)
一通り操作方法をマスターした後は、チーム内での練習だ。基本操作は問題ないため、まずはステージ構造の把握と名称の統一を行った。

    <名称例>
    自陣1F:ブルー1、自陣2F:ブルー2、自陣裏:ブルーバック

その上で立ち回りを確認し、しゃがみジャンプ(ジャンプ後にしゃがみボタンを押し、通常では登れない場所に上るテクニック)の練習を行った。ある程度動ける様になったとろで、Team AlphaとTeam Charlieのそれぞれ1回ずつ練習試合を行った。なお結果は全勝である。

    <ルール>
    ゲームモード:キャプチャーザフラッグ
    マップ:Ravine v4 Simplex(カスタム)
    勝利に必要なスコア:5
    タイムリミッド:15分
    ラウンド数1
    V3 CTF 5-Capturesオプション
    ・フラッグ奪還時間:3秒
    ・フラッグリセット:15秒
    ・ポイント獲得制限:はい
    ・オーバータイム:3分

■パーティータイム(1日目)
パーティータイムは、バーベキューだ。明日の試合に備えて肉を補給するわけだが、台風のせいか強風で様々な物が飛ぶ。とはいえ、肉は飛ぶ前に食してしまうため問題はなく、自分のチームメイトやライバルチームの皆とも仲良く食事をすることができた。

■練習(2日目)
1日目は1時間しかなかった練習時間も2日目は3時間も用意された。再び他チームと練習戦をするも、まさかの全敗。それもかなり圧倒されてしまった。このままではまずいと作戦を変更することにした。今までの「攻撃こそ最強の防御」とも言うべき攻撃型を2人が両サイドでラインを引くバランス型の陣形に変更したのだ。ところが、そのラインが崩壊し、さらに圧倒されてしまった。時間も残り少ない中、始めの作戦に戻し最終調整を行うも、Team Alphaとの試合を4-5で負け、不安を残したまま本選を迎えるのだった。

■Red Bull Gaming U 試合開始
司会に松井悠氏、実況にBRZRK氏、解説にVEXATION氏を迎え入れ、「Red Bull 5G Finals エキジビションマッチ」への参加権を掛けた戦いがスタートする。練習試合の不安と反省が交差する中、陣形を組み気合を入れる。その結果が以下の通りだ。

    第1回戦:Team Alpha(1) vs Team Bravo(5)
    第2回戦:Team Bravo(5)vs Team Charlie(1)
    第3回戦:Team Alpha(5) vs Team Charlie(1)
    ※( )はスコア
    1位:Team Bravo
    2位:Team Alpha
    3位:Team Charlie

キルデスでは勝敗が決まらないキャプチャーザフラッグ。ゆえに1人では勝つことはできず、チームワークが大切になってくる。結果はどうあれ、チームワークで言えば、どのチームも互角だったのは間違いない。

我々の勝因としては、やはり「コールアウト(声だし)」だろう。実感であるが、声の出方が練習試合の比ではなく、一気に敵陣に攻め入ることにより、敵に攻撃する隙を与えなかった。例え敵が抜けて来たとしても、随時コールアウトして柔軟に対応し勝利を収めたのだ。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

こうして「Red Bull Gaming U」の幕は下りた。実際に参加して分かったことだが、やはりゲームというものは楽しい。これが昨日今日始めて会い、実力も異なるメンバーで構成されたチームなのだから尚更だ。未だかつてない試みだった「Red Bull Gaming U」。これは間違いなく成功に終わり、我々は掛け替えのない仲間に出会い、ともに熱い時間を過した。これも全て、レッドブル・ジャパンの支援があってのことだ。ただのゲーマーが選手となれる場所。それをレッドブル・ジャパンは提供してくれる。

そして次なる舞台は「Red Bull 5G」である。既に応募している選手も居ると思うが、締め切りは9月27日までだ。当日は我々Team Bravoも参加するので、「Red Bull 5G」で会える時を楽しみにしている。


    ■VEXATION プロフィール
    オーストラリアのプロチーム「Drakarys」に所属する、日本最強のHalo 4プレイヤー。今年6月に開催された、マイクロソフト主催の『Halo 4 Japan Championship』では、個人戦部門、チーム戦部門の2連覇を成し遂げた。

    ■松井悠プロフィール
    10代で数々の格闘ゲーム大会で優勝を収めた後、2002年より株式会社グルーブシンク代表取締役に就任。自身のキャリアであるゲームプレイ経験を活かし、数々のゲームプロモーションイベント、ゲームトーナメントイベントを手がける。

    ■BRZRK プロフィール
    FPS一筋15年のFPS伝道者。世界大会の参戦も数多い。

    ■開催概要
    主催:Red Bull Japan
    協力:国立大学法人電気通信大学エンターテイメントと認知科学研究ステーション
    機器提供:日本マイクロソフト/ EIZO /MSY / Astro gaming
《INSIDE》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 『バイオハザード RE:2』クレア編の試遊デモハンズオン―進化したビジュアルと恐怖、そして気高く強いクレアを体験せよ!【TGS 2018】

    『バイオハザード RE:2』クレア編の試遊デモハンズオン―進化したビジュアルと恐怖、そして気高く強いクレアを体験せよ!【TGS 2018】

  2. 自由エルジア復活!?『エースコンバット7』VRモード体験レポ―スタッフインタビューも

    自由エルジア復活!?『エースコンバット7』VRモード体験レポ―スタッフインタビューも

  3. ダンテ参戦!『デビル メイ クライ 5』大量の新情報が公開―レディ、トリッシュも登場【TGS2018】

    ダンテ参戦!『デビル メイ クライ 5』大量の新情報が公開―レディ、トリッシュも登場【TGS2018】

  4. 国内外の期待作が集結! PlayStationタイトルのTGS映像が一挙公開【TGS2018】

  5. この緊迫感、初めての感覚だ…『Days Gone』プレイレポ―感染者の大群に追われる恐怖【TGS2018】

  6. 『Dreams Universe』コンテンツ作成から実際のプレイまでを紹介するライブ動画が公開!【TGS 2018】

  7. デビルブレイカーのこだわりや予約特典が明かされた『デビル メイ クライ 5』スペシャルステージ!【TGS2018】

  8. 『フォートナイト』謎のキューブが溶解!?ルートレイクを侵食し、湖は紫に変質…

  9. PS VR向けシューター『ライアン・マークス リベンジミッション』プレイレポ!単なるFPSに留まらない魅力がひしひし【TGS 2018】

  10. Cliff Bleszinski氏の新作ゲーム発表は来週に持ち越し

アクセスランキングをもっと見る

page top