PS VitaでFPSはどこまでを楽しめるのか?『KILLZONE: MERCENARY』プレイレポ | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

PS VitaでFPSはどこまでを楽しめるのか?『KILLZONE: MERCENARY』プレイレポ

ニュース 最新ニュース

PS VitaでFPSはどこまでを楽しめるのか?『KILLZONE: MERCENARY』プレイレポ
  • PS VitaでFPSはどこまでを楽しめるのか?『KILLZONE: MERCENARY』プレイレポ
  • PS VitaでFPSはどこまでを楽しめるのか?『KILLZONE: MERCENARY』プレイレポ
  • PS VitaでFPSはどこまでを楽しめるのか?『KILLZONE: MERCENARY』プレイレポ
  • PS VitaでFPSはどこまでを楽しめるのか?『KILLZONE: MERCENARY』プレイレポ
  • PS VitaでFPSはどこまでを楽しめるのか?『KILLZONE: MERCENARY』プレイレポ
  • PS VitaでFPSはどこまでを楽しめるのか?『KILLZONE: MERCENARY』プレイレポ
  • PS VitaでFPSはどこまでを楽しめるのか?『KILLZONE: MERCENARY』プレイレポ
  • PS VitaでFPSはどこまでを楽しめるのか?『KILLZONE: MERCENARY』プレイレポ
本日ソニー・コンピュータエンタテインメントよりPS Vitaの新作FPS『KILLZONE: MERCENARY』が発売されました。クオリティーは、据え置き機でリリースされた過去の『KILLZONE』と比較しても劣ることはなく、ゲームシステムや操作性が携帯ゲーム機に最適化されています。

携帯ゲーム機のFPSが日本で認知されはじめたのはPSPからだと記憶していますが、当時アドホックパーティーで盛り上がったのはいい思い出です。ゲーム自体のクオリティーは決して高いとは言えませんでしたが、「友達とゲーム機を持ち寄って一緒に遊ぶ」ことが楽しく、PS Vitaの登場により、あの頃以上の楽しさを表現できる環境は既に整っていました。

そしてPS Vitaの発売から1年と9ヶ月が経ち、ようやく発売された『KILLZONE: MERCENARY』。FPSとして何かに特出している訳ではありませんが、「いつでもどこでもプレイ可能」という携帯ゲーム機の特権を最大限に活かしつつ“狙って撃つ”というFPS本来の面白さを、据え置き機と同じ感覚で楽しめるのは有難いことです。

キャンペーンモードでは、資金さえ支払われればISA側にもヘルガスト傭兵側にも就く傭兵アラン・ダナーによるまったく新しいストーリーが展開され、様々なことが凝縮されたミッション形式で進行。

マルチプレイヤーモードはネットワーク回線を経由する必要があるものの、筆者はPS Vita本体を仲間と持ち寄り、WiMAXやイー・モバイル、スマートフォンのテザリング回線を利用して、一箇所に集まってプレイすることが可能でした。固定のWiFiがなくとも苦労せずマルチプレイを楽しめるのは良いですね。

このように、どこでも気軽に据え置き機と同等のクオリティーでFPSが楽しめるのは、我々ゲーマーが見た夢のプレイスタイルの1つのはずです。『KILLZONE: MERCENARY』をプレイして分かったことは、携帯ゲーム機でも問題なくFPSを楽しむことが出来るということ。貴方も自分の目で確かめてみてはいかがでしょうか。
《Game*Spark》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 15 件

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 『ゴーストリコン ワイルドランズ』『レインボーシックス シージ』コラボ国内向け映像―塩田の向こうに佇むは…

    『ゴーストリコン ワイルドランズ』『レインボーシックス シージ』コラボ国内向け映像―塩田の向こうに佇むは…

  2. 任天堂がエミュレーター用ROM配布サイトを提訴―損害賠償やドメインの引き渡しなど請求

    任天堂がエミュレーター用ROM配布サイトを提訴―損害賠償やドメインの引き渡しなど請求

  3. Valveのアンチチートシステムが約9万件のアカウントを一斉BAN―過去最大規模に

    Valveのアンチチートシステムが約9万件のアカウントを一斉BAN―過去最大規模に

  4. 直チャージ!「Steam専用プリペイドカード」全国コンビニなどで販売開始―『PORTAL2』が必ずもらえるキャンペーンも

  5. 『シェンムー3』ストレッチゴール達成で新バトルシステム/アドオンが追加―総支援金額は700万ドルに到達

  6. 『No Man's Sky』マルチプレイでのマッチング仕様が一部明らかに―カスタマイズ機能で違う種族にも?

  7. 『モンハン:ワールド』中国でのPC版事前予約が100万突破!一狩りの興奮はアジアでも

  8. 古代世界が舞台のPS4サバイバルADV『WiLD』開発元が新スタッフを大量募集中

  9. 『フォートナイト』に「P90」ライクな新SMGが近日実装―プログレッシブコスチュームはシーズン終了後もレベル上げ可能に

  10. レオンのフィギュア付き!『バイオハザード RE:2』豪華コレクターズエディションが海外向けに発表

アクセスランキングをもっと見る

page top