海外版くにおくん『River City Ransom』の続編制作プロジェクトがキックスタート | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

海外版くにおくん『River City Ransom』の続編制作プロジェクトがキックスタート

ニュース 最新ニュース

海外版くにおくん『River City Ransom』の続編制作プロジェクトがキックスタート
  • 海外版くにおくん『River City Ransom』の続編制作プロジェクトがキックスタート
  • 海外版くにおくん『River City Ransom』の続編制作プロジェクトがキックスタート
  • 海外版くにおくん『River City Ransom』の続編制作プロジェクトがキックスタート
  • 海外版くにおくん『River City Ransom』の続編制作プロジェクトがキックスタート

くにおくんシリーズのヒット作『ダウンタウン熱血物語』の北米版として1989年に発売された『River City Ransom』の続編制作プロジェクトが始動し、Kickstarterにて開発資金を募集しています。

『River City Ransom』は北米市場に向けてキャラクター名やグラフィックが多少変更されているものの、『ダウンタウン熱血物語』と同様に好評を博し、現在でも最高のNESゲームの1つとしてよく名前が挙げられています。


今回、カナダのインディーデベロッパーConatus Creativeが開発する続編『River City Ransom: Underground』は、シリーズの権利を持つミリオンから正式に許可を得た公認作品となるそうです。

本作では『River City Ransom』から25年後の物語が描かれており、AlexとRyanを始めとするオリジナル版のキャラクターに加えて多くの新キャラクターが登場。またRiver Cityはより大きくなり、新たな店やアイテムが多数加えられているとの事です。


『River City Ransom: Underground』の対象プラットフォームはWindowsで、2014年9月のリリースを予定。ローカル及びオンラインのCo-opも搭載されるようです。目標金額は180,000カナダドル。現在は約9,200カナダドルが集まっています。

なお、余談ですが国内でMiracle KidzがPC/Wiiウェア向けに開発していた新作『ダウンタウン熱血物語2』は昨年10月に開発の凍結がアナウンスされていました。
《RIKUSYO》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 10 件

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 暴力ゲーム規制法案を作成したリーランド・イー米上院議員、銃器密売容疑で逮捕

    暴力ゲーム規制法案を作成したリーランド・イー米上院議員、銃器密売容疑で逮捕

  2. “ルートボックス”をマイニング?海外でユニークなサービスが開始に

    “ルートボックス”をマイニング?海外でユニークなサービスが開始に

  3. 米州知事が「暴力的ゲーム」を激しく非難、銃乱射事件受け「ゴミ、ポルノと同じ」とコメント

    米州知事が「暴力的ゲーム」を激しく非難、銃乱射事件受け「ゴミ、ポルノと同じ」とコメント

  4. Steam旧正月セールがスタート! ウィッシュリストも使いやすく改良

  5. CDPRの共同設立者がルートボックス議論に反応「フルプライスのゲームは洗練されたコンテンツであるべき」

  6. 【漫画じゃんげま】133.「受け継がれし意志」の巻

  7. アタリ、デジタル通貨「Atari Token」発行へ―オンラインカジノでの取り扱いも

  8. 人気農業シム最新作『Farming Simulator 19』発表! 新たなエンジンで大幅強化

  9. ウメハラら有名プロゲーマー達がe-Sports緊急座談会!「ゲームと金」2018年2月18日開催

  10. 『モンハン』×「デカビタC」コラボTVCMで生田斗真や池松壮亮らがハンターに!?

アクセスランキングをもっと見る

page top