TGS 13:名作ゲームが実名で登場!ゲームセンターを舞台にしたドラマ「ノーコン・キッド」の舞台裏トークショー | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

TGS 13:名作ゲームが実名で登場!ゲームセンターを舞台にしたドラマ「ノーコン・キッド」の舞台裏トークショー

ニュース 最新ニュース

TGS 13:名作ゲームが実名で登場!ゲームセンターを舞台にしたドラマ「ノーコン・キッド」の舞台裏トークショー
  • TGS 13:名作ゲームが実名で登場!ゲームセンターを舞台にしたドラマ「ノーコン・キッド」の舞台裏トークショー
  • TGS 13:名作ゲームが実名で登場!ゲームセンターを舞台にしたドラマ「ノーコン・キッド」の舞台裏トークショー
  • TGS 13:名作ゲームが実名で登場!ゲームセンターを舞台にしたドラマ「ノーコン・キッド」の舞台裏トークショー
  • TGS 13:名作ゲームが実名で登場!ゲームセンターを舞台にしたドラマ「ノーコン・キッド」の舞台裏トークショー
  • TGS 13:名作ゲームが実名で登場!ゲームセンターを舞台にしたドラマ「ノーコン・キッド」の舞台裏トークショー
  • TGS 13:名作ゲームが実名で登場!ゲームセンターを舞台にしたドラマ「ノーコン・キッド」の舞台裏トークショー
  • TGS 13:名作ゲームが実名で登場!ゲームセンターを舞台にしたドラマ「ノーコン・キッド」の舞台裏トークショー
  • TGS 13:名作ゲームが実名で登場!ゲームセンターを舞台にしたドラマ「ノーコン・キッド」の舞台裏トークショー


東京ゲームショウ2013のビジネスデイ2日目のイベントステージでは、10月4日から放送開始のドラマ「ノーコンキッド~ぼくらのゲーム史~」の制作者によるトークイベントが行われました。登壇者はテレビ東京プロデューサーの五箇公貴氏、本作の原案・シリーズ構成をつとめる佐藤大氏、監督をつとめる鈴村展弘氏の3名。企画のきっかけや舞台裏の苦労話などが話されました。

まずプロデューサーの五箇氏が本作の紹介を行いました。主人公の渡辺礼治(田中圭)はゲームセンターを営む一家の息子。ゲームオタクの木戸明信(浜野謙太)やヒロインの高野文美(波留)との交流を通じて、1983年から2013年のゲームセンターの歴史を振り返るというテレビドラマとしては異色の作品です。



ゲーム会社の協力のもと、時代考証は入念に行っており、登場するゲームはすべて実物、実名。アーケードの基板までオリジナルのものを取り揃え、佐藤氏がいわく「ゲームに関しては本当に真剣に作った」そうです。原案をつとめる佐藤大氏は、『カウボーイビバップ』や『交響詩篇エウレカセブン』などの脚本で知られる脚本家ですが、田尻智氏が主宰した伝説的なゲームサークル「ゲームフリーク」出身。常にビデオゲームの世界を文化として捉えてきた佐藤氏は、本作では「ゲームセンター自体を主役にしたかった」と語っています。

佐藤氏が原案をテレビ東京に持ち込んだ後、扱うゲームタイトルについてのネタ出しが行われたそうです。また企画ブレーンとして「ゲームセンターCX」を手がける酒井健作氏が参加。企画者の年代はおおよそ一緒ですが、思い入れのあるゲームタイトルは人によって様々であるため、ネタ出しには非常に時間がかかったそうです。



毎回、異なるゲームタイトルを時代順に追っていく設定になっており、第一話は『ゼビウス』です。特に佐藤氏が思い入れがあるタイトルであり、裏ワザや音楽、世界観など、その後のビデオゲームがサブカルチャーと一体化するきっかけになったと振り返っています。監督の鈴村氏も『ゼビウス』には思い入れがあり、特に音楽が印象的だったそうです。あの音を聞くだけで、30年前の記憶がフラッシュバックするといいます。視聴者にもそういった過去の思い出を喚起する内容になればと、登壇者は語っています。



また当時のゲームセンター文化についてもドラマでは触れられるそうです。天井の蛍光灯がテーブル筐体に反射するのを防ぐために、ダンボールをかぶってプレイしたり、ゲームの攻略や都市伝説が流通していたゲーセンノート。その他にもドラマ内では直接言及はないものの、当時のカルチャーを知っている人をニヤリとさせるような小道具や仕掛けが多く登場するそうです。監督の鈴村氏は「ぜひともコマ送りで見ながら、いろんなツッコミを入れて欲しい」と語っています。ゲーム文化だけではなく、80年代の文化を再現した描写も多く、波留が演じるヒロインの高野文美はいわゆる「聖子ちゃんカット」です。また80年代のヒット曲や流行り言葉を使用したリアルな演出にも注目してほしいそうです。



役者陣に関してはすべてはまり役だったと、登壇者は振り返っています。3名の主演陣は若者ですが、撮影の空き時間に実際にゲームを行うほどのゲーム好きであったそうです。また豪華な脚本家、演出家、監督陣も様々な年代が参加しながらも、ゲームへの愛情を発揮しているそうです。それぞれ思い入れがあるタイトルや時代が異なることで、ドラマの展開は非常にダイナミック。最終的に2013年の現在に話がどうつながるのかは非常に興味深い見どころになると思われます。
《Shin Imai》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. DMM.comが合同会社に組織変更し、DMM.comラボと合併─意思決定の迅速化と事業推進の効率化を目指す

    DMM.comが合同会社に組織変更し、DMM.comラボと合併─意思決定の迅速化と事業推進の効率化を目指す

  2. テンセント、『フォートナイト』中国向け提供を正式発表ー約16億円を投じて違法コピー規制、e-Sports展開を目指す

    テンセント、『フォートナイト』中国向け提供を正式発表ー約16億円を投じて違法コピー規制、e-Sports展開を目指す

  3. 関連作品3本の追加収録が決定!『くにおくん ザ・ワールド』最新情報公開

    関連作品3本の追加収録が決定!『くにおくん ザ・ワールド』最新情報公開

  4. HTC VIVE上位モデル「VIVE Pro」国内で正式発売ー最高のVR体験

  5. 『PUBG』バランス調整/アタッチメント改善が予告、AR一強に終止符か

  6. 「平成の海援隊」が提案する“ゲームによる地域の活性化”─DeNA Games Tokyoと尾崎知事がその狙いを語る

  7. 噂:延期が続く『Crackdown 3』のリリース時期は近日発表? 伯レーティング機関に情報登録

  8. 米オハイオ州の大学が『フォートナイト バトルロイヤル』向けe-Sports奨学金を発表ー海外報道

  9. Naughty Dogや『TES』公式SNSも!『ゴッド・オブ・ウォー』大勢のゲームクリエイターからお祝いメッセージが届く

  10. 『ハースストーン』ディレクターBen Brode氏がBlizzardを退社、独立へ

アクセスランキングをもっと見る

page top