新しいスマートノベルゲーム開発をテーマとした幅広い募集を開始 ─ SCEJAと角川ゲームスによる「Project Discovery 2nd Season」 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

新しいスマートノベルゲーム開発をテーマとした幅広い募集を開始 ─ SCEJAと角川ゲームスによる「Project Discovery 2nd Season」

角川ゲームスは、ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパンアジアとの共同プロジェクトとなる「Project Discovery」の第二回開催を実施すると発表しました。

携帯ゲーム PS Vita
プロトタイプ版のイラストを初公開
  • プロトタイプ版のイラストを初公開
角川ゲームスは、ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパンアジアとの共同プロジェクトとなる「Project Discovery」の第二回開催を実施すると発表しました。

「Project Discovery」は、UGC時代の創造パワーとエネルギーを活かして、PlayStation Vitaを舞台にした新しい物語を創造・発見していくためのプロジェクトです。新しいスマートノベルゲーム開発をテーマに、プロ・アマチュアの垣根を超えて、シナリオやキャラクターデザインといったゲームアセットを広く公募し、Project DiscoveryによってPS Vitaで新しい物語とその才能の発掘を目指します。

第一回の開催は、2012年8月27日に募集を開始し、今年3月20日に受賞作品が発表され、大きな評判を呼びました。その第一回に引き続き、「Project Discovery 2nd Season」と題した第二回開催が、2013年9月26日より開始されます。

■概要
Project Discoveryでは、以下の部門でそれぞれの新しい才能を広く募集します。商業発表していない作品、内容であれば、プロ・アマ問わず応募できます。

■応募資格
年齢・国籍・性別・プロ・アマ不問
(ただし、日本語のコンテンツであること)

■募集部門
・シナリオライター部門:オリジナルノベルゲームを想定したシナリオを募集します。

・グラフィックデザイナー部門:ノベルゲームを盛り上げる、躍動的なオリジナルキャラクターを募集します。

・サウンドデザイナー部門:ストーリーを効果的に演出する為の楽曲を募集します。

・ボイスアクター部門:個性豊かで愛されるキャラクターボイスを募集します。

■スケジュール
・2013年9月26日 募集開始
・2014年1月 募集締め切り
・2014年3月 受賞作品発表

詳しい応募方法など、「Project Discovery」に関する詳細は、公式サイトをご覧ください。(URL:http://www.p-discovery.com/)

なお、PS4/PS3/PS Vitaソフト『ナチュラル ドクトリン』やPS Vitaソフト『艦これ改 (仮)』を発表したKADOKAWA GAME STUDIOが、制作協力に当たります。最先端ゲームクリエイターのバックアップを受けられる今回のチャンスは、あなたの才能を試す最適の機会かもしれません。募集は既に開始しているので、チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

(C)2012-2013 Sony Computer Entertainment Inc. / Kadokawa Games Ltd.
《インサイド》
BFV最新ニュース[PR]

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 12 件

編集部おすすめの記事

携帯ゲーム アクセスランキング

  1. 『毛糸のカービィ プラス』発売決定―あの名作が新要素を加えて3DSに登場!

    『毛糸のカービィ プラス』発売決定―あの名作が新要素を加えて3DSに登場!

  2. クロスプレイ・セーブ&タッチ操作に対応―新アイテム・新マモノが先行追加されるPS Vita『テラリア』の発売日が2014年2月6日に決定

    クロスプレイ・セーブ&タッチ操作に対応―新アイテム・新マモノが先行追加されるPS Vita『テラリア』の発売日が2014年2月6日に決定

  3. 全く新しいバイオハザード?『Resident Evil PSP』はPSP向けに作られた完全新作

    全く新しいバイオハザード?『Resident Evil PSP』はPSP向けに作られた完全新作

  4. 3DS新作『ルイージマンション』の発売日が発表―通信協力プレイにも対応したリメイク作

  5. 「Newニンテンドー2DS LL」発売決定!“大画面”で“折り畳み可能”な2DSが7月13日に登場

アクセスランキングをもっと見る

page top