Activisionは現在も『クラッシュバンディクー』のIPを所有、現在はシリーズ再起の道を模索中 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Activisionは現在も『クラッシュバンディクー』のIPを所有、現在はシリーズ再起の道を模索中

ライセンスが他社へと移譲されたのではと噂されていた『クラッシュバンディクー』。Activisionが海外メディアGame Informerの質問に応え、現在もIPは同社の手にあることを明らかにしました。

ニュース 最新ニュース
先日よりActivisionサイト上からコンテンツが削除された上にゲームの公式サイトそのものが消滅するなどし、ライセンスが他社へと移譲されたのではと噂されていた『クラッシュバンディクー』。Activisionが海外メディアGame Informerの質問に応え、現在もIPは同社の手にあることを明らかにしました。

Activisionの代表者は「Activisionは『クラッシュバンディクー』を所有しており、この愛するシリーズが再起する道を模索し続けているところです」と簡潔にコメント。一方で噂の出元となっていたWeb上のコンテンツ削除については一切触れませんでした。

SCEAのヴァイスプレジデントAdam Boyes氏がIPはActivisionが所有していると返答し、一体なぜWeb上からクラッシュバンディクーが消えたのか注目が集まっていた今回の一件ですが、ひとまずは「現在もActivisionが『クラッシュバンディクー』を所有している」という結論に落ち着いたようです。
《ishigenn》

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. スパイク・チュンソフトのダンジョンRPG近日発売―『風来のシレン』で見覚えのある女性キャラの姿も

    スパイク・チュンソフトのダンジョンRPG近日発売―『風来のシレン』で見覚えのある女性キャラの姿も

  2. 『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE』100名限定プレミアムイベント開催決定―非売品グッズプレゼントも

    『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE』100名限定プレミアムイベント開催決定―非売品グッズプレゼントも

  3. PS4国内発売5周年キャンペーン開催―55V型4Kテレビが抽選で5名に当たる

    PS4国内発売5周年キャンペーン開催―55V型4Kテレビが抽選で5名に当たる

  4. 米任天堂“レジー”・フィサメイ社長が引退へ…後任ダグ・バウザー氏は路線継承

  5. 企業向けスタンドアロンVR「Vive Focus Plus」を発表―新型6DoFコントローラー搭載

  6. 『Apex Legends』新武器「ハボックライフル」が登場!付けるアタッチメントで性質が変化するエネルギーライフル

  7. 宇宙RPGシリーズ最新作『Starpoint Gemini 3』発表!日本語対応で2019年リリース予定

  8. 『ポケモンGO』年に一度だけ所属チーム変更できるアイテムが2月27日より発売

  9. EA元副社長が新スタジオを設立―基本無料の新作Co-opアクションを開発中

  10. 空中浮遊都市建設ストラテジー『Airborne Kingdom』発表!―砂漠の上で幻想的な旅へ

アクセスランキングをもっと見る

page top