イタリア産の本格フルコンタクト空手ゲーム『空手マスタ2』登場、鍛錬の道を行き最強の空手家を目指せ | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

イタリア産の本格フルコンタクト空手ゲーム『空手マスタ2』登場、鍛錬の道を行き最強の空手家を目指せ

本格的なフルコンタクト空手ゲームを目指した『空手マスタ2(Karate Master 2 Knock Down Blow)』が登場。Steam Greenlightに登録され、Steamでの配信を目指しています。

ニュース 最新ニュース

『空手マスタ2』のトレイラー

空手ゲームと言えばゲームデザイナーであるジョーダン・メックナー氏が開発した『カラテカ』が最も知られ、2012年にはまさかのリメイク版も発売されましたが、海外では新たに本格的なフルコンタクト空手ゲームを目指した『空手マスタ2Karate Master 2 Knock Down Blow)』が登場。Steam Greenlightに登録され、Steamでの配信を目指しています。

2009年に設立されたCrianSoftは、『Age of Barbarian』や『Armagedon』といった筋肉ムキムキマッチョマン達が登場する横スクロールアクション、さらには漢方医学用ソフトウェア「Acu Soft Pro」なども手がけてきたイタリアのスタジオ。今回Steam Greenlightに登場した『空手マスタ2』は、フリーゲームとしてCrian Softが公開している『空手マスタ』の続編となっています。

『空手マスタ』というタイトル名に始まり、まさかの日本語吹き替えによる道場訓の朗読から始まるオープニングシーンや、「八女!(やめ!)」や「たきしゅじょー(滝修行)」といった朗らかなミス表記。しかし一見するとよくある間違った日本文化ゲームかと思いきや、蓋を開いて対戦格闘ゲームとして見るとゲームシステムは非常に本格的です。

必殺技やジャンプボタンおよびコンボは存在せず、4種類のボタンと方向キー入力で発動する各種攻撃や防御は、上段、中段、下段に別れており非常に戦略的。スタミナに相当する「気ゲージ」の存在や部位破壊システム。さらにどんな状況からでも逆転が有り得る一撃必殺(いっけんひっさつ)システムが、常に試合を緊張感あるもに維持してくれます。選択したキャラクターを修行で育てつつ、道場破りや牛との決闘、リングでのファイティングショーやフルコンタクト空手のトーナメント大会に出場し、世界最強の空手家を目指すのがプレイヤーの最終目標です。


初代『空手マスタ』。空手家なら牛とも闘う


初代『空手マスタ』。八女!


初代『空手マスタ』。オープニングはフル日本語吹き替え

続編となる『空手マスタ2』は基本システムを受け継ぎつつよりビジュアル面での強化がほどこされており、2014年Q4にもリリース予定。イタリア産の空手道に興味を惹かれたユーザーは、無料公開されている初代『空手マスタ』をチェックしてみましょう。
《ishigenn》

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. Chucklefish新作『Witchbrook Oracle』のスクリーンショットが公開―「ハリー・ポッター」風『Stardew Valley』な魔法学校シム

    Chucklefish新作『Witchbrook Oracle』のスクリーンショットが公開―「ハリー・ポッター」風『Stardew Valley』な魔法学校シム

  2. 2020英国アカデミー賞ゲーム部門受賞作品発表! Best Gameは『Outer Wilds』

    2020英国アカデミー賞ゲーム部門受賞作品発表! Best Gameは『Outer Wilds』

  3. 米開発、自ら増殖する「生きたグラフィックボード」が海に流出―厳しい自然界に曝され、性能が大幅向上【UPDATE】

    米開発、自ら増殖する「生きたグラフィックボード」が海に流出―厳しい自然界に曝され、性能が大幅向上【UPDATE】

  4. オープンワールドサバイバル『Rust』Xbox One版に続きPS4版も発表!

  5. 『FF7 リメイク』開発陣インタビュー映像第2弾─“興味ないね”を格好悪く描いた!? エアリスには新たな設定も

  6. イタリアでデータ通信量が急増…新型コロナによる学級閉鎖で『フォートナイト』などのゲーム関連トラフィックが増える

  7. ベセスダ、6月イベント開催はなし「胸躍らせる多くの取り組みを今後数か月で発表」

  8. 3年前に開発中止となった狂気ホラー『Year Of The Ladybug』に新たな動き!3月25日の公式発表を開発者が予告

  9. 『ポケモン ソード・シールド』ガラルポニータ、ネギガナイト、ポットデス、ウッウのぬいぐるみ登場!4月11日よりポケモンセンターで販売

  10. 狂気ホラー『Year Of The Ladybug』のゲーム化再始動が発表! 日本企業が制作担当か

アクセスランキングをもっと見る

page top