Wargamingエイプリルフール続報 ― 『World of Warplanes』に操縦可能なUFO、『Warships』では核砲弾が! | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Wargamingエイプリルフール続報 ― 『World of Warplanes』に操縦可能なUFO、『Warships』では核砲弾が!

ニュース 最新ニュース

Wargamingエイプリルフール続報 ― 『World of Warplanes』に操縦可能なUFO、『Warships』では核砲弾が!
  • Wargamingエイプリルフール続報 ― 『World of Warplanes』に操縦可能なUFO、『Warships』では核砲弾が!
  • Wargamingエイプリルフール続報 ― 『World of Warplanes』に操縦可能なUFO、『Warships』では核砲弾が!
  • Wargamingエイプリルフール続報 ― 『World of Warplanes』に操縦可能なUFO、『Warships』では核砲弾が!

Wargaming.netが贈る『World of』シリーズ。毎年恒例となっている『World of Tanks』のエイプリルフールはプレイ可能な「8bitモード」と『World of Tanks: The Crayfish』という二本立てでした。今回は『World of Warplanes』と『World of Warships』で行われたエイプリルフールネタをご紹介していきます。


『World of Warplanes』ではドイツが極秘に開発したという新型戦闘機「Sleipnir」が登場。所謂UFOと呼ばれる円盤型の戦闘機で、Tier5に登録されており、エイプリルフールと言えど実際に操縦して戦闘を行うことが可能。主武装にレーザー砲を搭載し、未知の技術による速度性能と火力で単葉戦闘機を圧倒できます。


また開発中の『World of Warships』ではアメリカのTier10戦艦に核砲弾を実装すると発表。核砲弾は24時間に1回だけ発射することが可能で、全てを焼きつくす圧倒的な破壊力は敵艦だけでなく、味方艦や自艦にさえもダメージを与えてしまうようです。その他細かなディテールを公開し、核砲弾に対抗するため「大和」のアイデアを募集中。詳しくはこちらでご確認ください。余談ですが、核砲弾は実際にアイオワ級戦艦に配備されていました。

4月1日のためだけに開発された「8bitモード」と「Sleipnir」という実際にプレイ可能なものが登場するなど、今年のWargaming.netは「本気のネタ」を提供しています。遊びと真面目を使い分ける開発陣、各作品におけるこれからのアップデートに期待できそうです。
《水京》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 8 件

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. ついに発表された『バトルフィールドV』―明かされた詳細情報をまとめて紹介

    ついに発表された『バトルフィールドV』―明かされた詳細情報をまとめて紹介

  2. 噂:カナダ版Walmartのサイト上にスイッチ向け新作『ポケモン』が出現

    噂:カナダ版Walmartのサイト上にスイッチ向け新作『ポケモン』が出現

  3. 群集心理描く奇妙なゲーム『KIDS』が発表!『Plug & Play』クリエイターの新作

    群集心理描く奇妙なゲーム『KIDS』が発表!『Plug & Play』クリエイターの新作

  4. シリーズ最新作『バトルフィールドV』トレイラーが遂に公開!ようこそ、戦場へ

  5. シリーズ最新作『バトルフィールドV』正式発表!WW2が舞台!

  6. 噂:2018年Steamサマーセールは6月21日から?大手データベース解析サイトがツイート

  7. 『バトルフィールドV』ではプレミアムパス廃止!

  8. シリーズ最新作『バトルフィールドV』にはシングルモードも搭載!複数の視点から戦場描く

  9. 大人向けADVシリーズ最新作『Leisure Suit Larry - Wet Dreams Don't Dry』発表!

  10. 噂:Valveが未発表の新作ゲームを開発中か―リニューアルされた公式サイトで言及

アクセスランキングをもっと見る

page top