ふしぎな回転パズル『TorqueL』大会レポ&開発者ミニインタビュー@PLAYISM3周年パーティー | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

ふしぎな回転パズル『TorqueL』大会レポ&開発者ミニインタビュー@PLAYISM3周年パーティー

インディーゲームのローカライズ/ディストリビュートを行うPLAYISMは、先日、5月11日に3周年記念のパーティーを行いました。中でもFullPowerSideAttack.comは、2Dアクションパズルゲームの『TorqueL(トルクル)』の景品付きデモプレイイベントを開催。

ゲーム文化 インディーゲーム
ふしぎな回転パズル『TorqueL』大会レポ&開発者ミニインタビュー@PLAYISM3周年パーティー
  • ふしぎな回転パズル『TorqueL』大会レポ&開発者ミニインタビュー@PLAYISM3周年パーティー
  • ふしぎな回転パズル『TorqueL』大会レポ&開発者ミニインタビュー@PLAYISM3周年パーティー
  • ふしぎな回転パズル『TorqueL』大会レポ&開発者ミニインタビュー@PLAYISM3周年パーティー
  • ふしぎな回転パズル『TorqueL』大会レポ&開発者ミニインタビュー@PLAYISM3周年パーティー
  • ふしぎな回転パズル『TorqueL』大会レポ&開発者ミニインタビュー@PLAYISM3周年パーティー
  • ふしぎな回転パズル『TorqueL』大会レポ&開発者ミニインタビュー@PLAYISM3周年パーティー
  • ふしぎな回転パズル『TorqueL』大会レポ&開発者ミニインタビュー@PLAYISM3周年パーティー
  • ふしぎな回転パズル『TorqueL』大会レポ&開発者ミニインタビュー@PLAYISM3周年パーティー

インディーゲームのローカライズ/ディストリビュートを行うPLAYISMは、先日、5月11日に3周年記念のパーティーを行いました。会場の大阪エズ北浜店には、たくさんのクリエイターやファンが訪れ、交流を深めました。

会場内にはいくつものモニターとデバイスが設置され、PLAYISMの配信タイトルやレトルゲームが自由に遊べます。中でもFullPowerSideAttack.comは、2Dアクションパズルゲームの『TorqueL(トルクル)』の景品付きデモプレイイベントを開催。全20ステージをクリアした方には、『TorqueL』のロゴ&キャラクターTシャツがプレゼントされるということで、クリエイターやゲーム実況配信者、一般の参加者まで多くの人が挑戦していました。


今回は、FullPowerSideAttack.com代表のなんも氏のインタビューと共に、プレイ大会の様子を動画と写真でお届けします。


――今日展示しているのは、まだ開発段階のものですか?

なんも:
ざっくり30%くらいです。これから新たにステージのギミックを考えたい。今は固定された壁や回転するブロックくらいしかないですが、ギミックを追加して、さらにレベルデザインをしようと思っています。

――何ステージくらいを予定していますか?

なんも:
ざっくり50くらいかな。でも全部、プレイするというよりも途中でゴールが複数あって分岐するようにしたい。『海腹川背』っていうゲームがあったじゃないですか。あれも分岐しますが、そんな感じにしたいですね。

――なるほど。そうするとストーリー的な要素も必要になってきませんか?

なんも:
ストーリーというほどではないですが、キャラクターが死んだときのモーションは作り込んでいます。明確な物語はないんですが、世界観や雰囲気みたいなものは出したいですね。

――これまでも展示を行ってきたと思いますが、プレイヤーからの要望はどうですか?

なんも:
ステージのエディタが欲しいという声は多いです。ただその意見は、人気があるゲームの売れ線な要素を入れろっていう風に聞こえるんですね。だから、自分の作りたいものと合っているかどうかはまた別です。

――なるほど。とりあえず「マルチプレイ出せ!」みたいな(笑)。

なんも:
僕が一人で作っているので、最終的には決めるのは自分です。あとはスマートフォン版が欲しいとかいう意見もありますね。でもそれはまったく別のものになりますよね。コントローラーを前提にしたゲームなので、もしスマートフォンで作るとしてもまったく別もの。初期の段階からiPhoneで出してくれたら遊べるのにという声は多かった。でも「そういうものじゃねーから!」って思いますよね(笑)。

――完成版はいつリリースされるんですか?

なんも:
今年中を予定しています。とりあえず最初のパッケージは、ファミコンソフトみたいな感じを考えています。その後、マップエディタをリリースするかもしれませんが、別ものになると思います。

――ちなみに今回の展示しているのは特別なバージョンですか?

なんも:
一応、今年のBitSummitで出展したバージョンにちょっと修正をいれただけです。ステージ数はかわってなく、全20ステージ。BitSummitで展示したときは、すべてのステージを遊んでくれる人はそんなにいなかった。だから今回は全部クリアしたら景品がもらえるようにしました。

――ありがとうございます。


なおパーティーと同時に『TorqueL』の公式サイトがオープンしました。2014年内に PS4/PSVita/PC 向けにリリースを予定しています。
《Shin Imai》

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. たしかになくはない…『Apex Legends』オクタンと『タイタンフォール2』ガントレットスピードランナーがある仮説で繋がる

    たしかになくはない…『Apex Legends』オクタンと『タイタンフォール2』ガントレットスピードランナーがある仮説で繋がる

  2. 小島監督とノーマン・リーダスがトライベッカ映画祭トークイベントに出演決定―『デススト』を語る

    小島監督とノーマン・リーダスがトライベッカ映画祭トークイベントに出演決定―『デススト』を語る

  3. 赤十字がリアルなFPSゲームを制作―目的は

    赤十字がリアルなFPSゲームを制作―目的は"戦争にもルールがあることを知らせるため"

  4. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

  5. 『Apex Legends』チーターはハードウェアごとBANされる―チーターが自ら報告

  6. 『タイタンフォール2』ガントレットのタイムアタック世界記録が更新―グレネードを使う仰天テクニック

  7. Twitch主催『Apex Legends』初の公式大会でNinja率いるチームが優勝

  8. 『Apex Legends』海外コスプレイヤーが「ライフライン」コスを披露!再現度すげえ…

  9. 『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE』発売直前イベントレポート─爽快アクション「忍殺」を多くの来場者が体験!

  10. 海外コミック版『ライフ イズ ストレンジ』のトレイラーが公開!【ゲーム版ネタバレ注意】

アクセスランキングをもっと見る

1
page top