ふしぎな回転パズル『TorqueL』大会レポ&開発者ミニインタビュー@PLAYISM3周年パーティー | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

ふしぎな回転パズル『TorqueL』大会レポ&開発者ミニインタビュー@PLAYISM3周年パーティー

インディーゲームのローカライズ/ディストリビュートを行うPLAYISMは、先日、5月11日に3周年記念のパーティーを行いました。中でもFullPowerSideAttack.comは、2Dアクションパズルゲームの『TorqueL(トルクル)』の景品付きデモプレイイベントを開催。

ゲーム文化 インディーゲーム
ふしぎな回転パズル『TorqueL』大会レポ&開発者ミニインタビュー@PLAYISM3周年パーティー
  • ふしぎな回転パズル『TorqueL』大会レポ&開発者ミニインタビュー@PLAYISM3周年パーティー
  • ふしぎな回転パズル『TorqueL』大会レポ&開発者ミニインタビュー@PLAYISM3周年パーティー
  • ふしぎな回転パズル『TorqueL』大会レポ&開発者ミニインタビュー@PLAYISM3周年パーティー
  • ふしぎな回転パズル『TorqueL』大会レポ&開発者ミニインタビュー@PLAYISM3周年パーティー
  • ふしぎな回転パズル『TorqueL』大会レポ&開発者ミニインタビュー@PLAYISM3周年パーティー
  • ふしぎな回転パズル『TorqueL』大会レポ&開発者ミニインタビュー@PLAYISM3周年パーティー
  • ふしぎな回転パズル『TorqueL』大会レポ&開発者ミニインタビュー@PLAYISM3周年パーティー
  • ふしぎな回転パズル『TorqueL』大会レポ&開発者ミニインタビュー@PLAYISM3周年パーティー

インディーゲームのローカライズ/ディストリビュートを行うPLAYISMは、先日、5月11日に3周年記念のパーティーを行いました。会場の大阪エズ北浜店には、たくさんのクリエイターやファンが訪れ、交流を深めました。

会場内にはいくつものモニターとデバイスが設置され、PLAYISMの配信タイトルやレトルゲームが自由に遊べます。中でもFullPowerSideAttack.comは、2Dアクションパズルゲームの『TorqueL(トルクル)』の景品付きデモプレイイベントを開催。全20ステージをクリアした方には、『TorqueL』のロゴ&キャラクターTシャツがプレゼントされるということで、クリエイターやゲーム実況配信者、一般の参加者まで多くの人が挑戦していました。


今回は、FullPowerSideAttack.com代表のなんも氏のインタビューと共に、プレイ大会の様子を動画と写真でお届けします。


――今日展示しているのは、まだ開発段階のものですか?

なんも:
ざっくり30%くらいです。これから新たにステージのギミックを考えたい。今は固定された壁や回転するブロックくらいしかないですが、ギミックを追加して、さらにレベルデザインをしようと思っています。

――何ステージくらいを予定していますか?

なんも:
ざっくり50くらいかな。でも全部、プレイするというよりも途中でゴールが複数あって分岐するようにしたい。『海腹川背』っていうゲームがあったじゃないですか。あれも分岐しますが、そんな感じにしたいですね。

――なるほど。そうするとストーリー的な要素も必要になってきませんか?

なんも:
ストーリーというほどではないですが、キャラクターが死んだときのモーションは作り込んでいます。明確な物語はないんですが、世界観や雰囲気みたいなものは出したいですね。

――これまでも展示を行ってきたと思いますが、プレイヤーからの要望はどうですか?

なんも:
ステージのエディタが欲しいという声は多いです。ただその意見は、人気があるゲームの売れ線な要素を入れろっていう風に聞こえるんですね。だから、自分の作りたいものと合っているかどうかはまた別です。

――なるほど。とりあえず「マルチプレイ出せ!」みたいな(笑)。

なんも:
僕が一人で作っているので、最終的には決めるのは自分です。あとはスマートフォン版が欲しいとかいう意見もありますね。でもそれはまったく別のものになりますよね。コントローラーを前提にしたゲームなので、もしスマートフォンで作るとしてもまったく別もの。初期の段階からiPhoneで出してくれたら遊べるのにという声は多かった。でも「そういうものじゃねーから!」って思いますよね(笑)。

――完成版はいつリリースされるんですか?

なんも:
今年中を予定しています。とりあえず最初のパッケージは、ファミコンソフトみたいな感じを考えています。その後、マップエディタをリリースするかもしれませんが、別ものになると思います。

――ちなみに今回の展示しているのは特別なバージョンですか?

なんも:
一応、今年のBitSummitで出展したバージョンにちょっと修正をいれただけです。ステージ数はかわってなく、全20ステージ。BitSummitで展示したときは、すべてのステージを遊んでくれる人はそんなにいなかった。だから今回は全部クリアしたら景品がもらえるようにしました。

――ありがとうございます。


なおパーティーと同時に『TorqueL』の公式サイトがオープンしました。2014年内に PS4/PSVita/PC 向けにリリースを予定しています。
《Shin Imai》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 「父ノ背中」所属プロゲーマーが配偶者のクレジットカードを不正利用した挙げ句失踪…「このままでは契約解除せざるを得ない」

    「父ノ背中」所属プロゲーマーが配偶者のクレジットカードを不正利用した挙げ句失踪…「このままでは契約解除せざるを得ない」

  2. 嗚呼…『FF14』の「エルピスの花」が… フラワーライトの「葉っぱが折れている」という問題多発でスクエニが交換対応実施

    嗚呼…『FF14』の「エルピスの花」が… フラワーライトの「葉っぱが折れている」という問題多発でスクエニが交換対応実施

  3. 今度は“歩くCPUママ”現る?一見なんの変哲もない妊婦さん、しかしてその実態は…驚愕のCPU密輸法

    今度は“歩くCPUママ”現る?一見なんの変哲もない妊婦さん、しかしてその実態は…驚愕のCPU密輸法

  4. 子供向け電動カートを魔改造!リアル“マスターチーフ”がミニ“ワートホグ”で爆走するコスプレ動画公開

  5. 黄色い怪物がおまけ要素も追加でパワーアップ!『PIEN-ぴえん- & PAON-ぱおん- plus』Steamにてリリース

  6. メガドライブ向け新作シューティングを古代祐三氏が開発中!完全オリジナル作品

  7. リアル系WW2FPS『Hell Let Loose』最新アップデート「Burning Snow」実施!

  8. 堀井雄二、初代『ドラクエ』制作時の手書き資料を公開

  9. 小島秀夫監督、オスカー受賞を“博物館で体験”……「嘘から出た実」に期待の声も

  10. 『SimCity 2000』で制作した街を『マイクラ』上にインポートするMOD製作者が語る、夢の足跡と立ち塞がる課題

アクセスランキングをもっと見る

page top